[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「バズフィード」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月15日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!ひるトク!
辞任したフリン氏に対するトランプ大統領の信頼を示すエピソードがある。午前3時にトランプ大統領はフリン氏に電話をかけ、「強いドルと弱いドル、米国経済にはどっちがいいんだっけ」と尋ねた。これに対しフリン氏は「分かりません。私の専門領域ではないので。エコノミストに尋ねられてはいかがでしょう」と答えたというものである。またフリン氏はロシアに大変強い人脈を持っていて、2015年12月のモスクワでの晩餐会ではプーチン大統領の隣席に座っていた。辞任についてもロシア関連だった。去年12月29日に当時のオバマ大統領が、大統領選挙時ロシアがトランプ大統領を勝たせるためサイバー攻撃を仕掛けたとしてロシア外交官35人を国外退去させるなど対ロ制裁措置を発表した。これに対してロシアのラブロフ外相は翌日米外交官35人の退去処分などをプーチン大統領に提案した。しかしプーチン大統領はトランプ大統領が就任するまで報復措置の検討は延期すると発表し、トランプ大統領はツイッターで「この延期はすばらしい動きだ。プーチン大統領はとても頭がいいと前から知っている」とコメントした。これについて筑波大学の中村教授は「プーチン大統領はやられたらやり返す人。報復しないのは不思議」と感じたという。ホワイトハウスの関係者たちは「ロシア政府は措置の見直しを約束されているのでは?」との疑念を抱き、FBIが捜査を開始した。
先月13日、CNNなどのメディアが報道したところによると、フリン氏は制裁措置を発表した12月29日にセルゲイ・キスリャク駐米大使と複数回電話で会話していたことが明らかになった。これにより、フリン氏はロシア側と制裁について話をしたのではという疑惑が浮上した。報道後フリン氏は制裁については話していないと否定。ペンス氏もCBSニュースのインタビューで「アメリカの決定に関わることは何も話していない」と述べていた。ところが今月9日、ワシントン・ポストが新報道。フリン氏がキスリャク駐米大使と制裁措置について話し合ったと複数の当局者が発言したのだ。当局者とは現役または退役した9人のFBIなどの情報機関の関係者で、ロシア外交官などのやり取りを日常的に監視していた。証言によると、フリン氏はロシアに対してオバマ大統領が科す制裁措置に過剰反応しないように言い、トランプ大統領就任後見直されると明言した。通話の録音記録があることも報じられると、フリン氏は報道官を通じて「制裁措置を協議した記憶はないが、その話題が全く上がらなかったとも断言できない」とコメント。発言が二転三転し、トランプ大統領からの信頼も失い、きのう辞任した。今月10日のエアフォースワン内でのインタビューでトランプ大統領は「フリン氏の疑惑については知らないし見ていない」と述べたが、その後報道官が明らかにしたところによると、先月司法省が電話の内容についてホワイトハウスへ報告して、トランプ大統領も説明を受けていた。
スタジオの中林さんは、「トランプ大統領は対ロ協調路線を掲げていたから、フリンさんがいなくなったことで修正が必要であると同時に、世論が沸騰してしまうといつ自分に火の粉が飛んでくるか分からないので、早いうちに火消しに走らなければならなかった。これからロシアに対する政策の選択が狭まっていく可能性がある」と述べた。
今回のフリン氏とロシア大使の通話は、トランプ政権がフリン氏の電話での発言を知るロシアに弱みを握られた恐れがある。そのため司法省はトランプ政権にフリン氏がロシアから脅迫を受ける危険があると警告していた。大統領選挙の際ロシアが民主党のクリントン氏をサイバー攻撃しトランプ大統領に有利に働くようにしたという疑惑もあり、またバズフィードは「ロシアの情報機関がトランプ大統領の女性とのホテル映像を握っている」と報道している。ピーターさんは「共和党はロシアに対して強硬姿勢をとるのが一般的だが、トランプ大統領の親ロシアの態度は奇妙に見える」と述べ、中林さんは「もしロシアに弱みを握られているとすればフリン氏だけの辞任ではおさまらないかも」と述べた。

2017年2月12日放送 1:30 - 2:40 日本テレビSENSORS(SENSORS)
3月23日に開催される「SENSORS IGNITION 2017」の最新情報を紹介。トークショーでは佐々木紀彦らの登壇が決定している。そのほか、様々な人物によるセッションも行われる。さらに、最新プロダクトを体験できる無料ブースも充実している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.