[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「オバマ大統領」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月27日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
ホワイトハウスの記者会が主催する夕食会に、トランプ大統領が欠席を表明した。この夕食会は大統領が出席し、ジョークをまじえたスピーチするのが恒例だが、オバマ大統領時代の夕食会でオバマ大統領は、トランプ氏をいじり倒しており、それが欠席の原因ではと言われている。

2017年2月27日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
政権に対し批判的メディアを攻撃するトランプ大統領。24日に予定されていたホワイトハウス報道官記者会見はCNNテレビなど一部メディアの参加を認めないなどの事態となり、メディアは批判している。更にトランプ大統領は1921年から毎年開催されているホワイトハウス記者会主催の夕食会を欠席すると表明した。この夕食会は現職大統領がユーモアを交えたあいさつをすることで知られている。異例の対応について専門家はメディアとの対決姿勢を支持者にアピールする狙いだと分析した。

2017年2月27日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
橋本大二郎さんはこの騒動についてトランプ氏には一定の支持があるということも見ていかないといけないとコメント。24日にスパイサー氏が政権に批判的なメディアを会見から締め出した。通常の記者会見では事前に登録をすれば誰でも参加することができるが、今回は限られた人数でカメラなしの会見になった。出席したのは保守系のFOXテレビなどで締め出されたのはCNNやニューヨーク・タイムズ紙などとなっている。この騒動の前にトランプ大統領は保守派の集会で我々は偽ニュースと戦っているとコメントしていて、一方のニューヨーク・タイムズは長い歴史の中でこのようなことがホワイトハウスで起きたことはないと声明を出している。海野さんは選挙期間中からマスコミを使って対立構図を明らかにし、支持基盤を固める戦略を取っていると説明。そのうえで反トランプはプーチン大統領のサイバー攻撃が民主主義を冒したと見ているのでトランプ大統領としてはCNNとニューヨーク・タイムズは外す対象だったと見解を述べた。川村さんは今回の対立について世界的に見れば少しおかしいのではないかという批判が出て来る可能性が強いと話す。萩谷さんは合衆国憲法修正第一条の意義を説明し、民主主義を理解していない独裁者が取りうる手段だと批判。

2017年2月27日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング島本真衣のニュースまとめ24h YAHOO!ニュース
現職の大統領がユーモアを混じえてスピーチを披露するホワイトハウス記者会が主催する夕食会は1920年代から続く伝統行事である。しかし、トランプ大統領は25日にツイッターで欠席の意向を示した。この前日にトランプ大統領はメディアを激しく攻撃していた。更にCNNなど政権に批判的なメディアを定例記者会見から締め出す異例の対応を取っていた。記者会はトランプ大統領が欠席しても夕食会を開催する方針であるという。

2017年2月26日放送 19:00 - 20:54 フジテレビフルタチさんニュースでは取り上げないアメリカの本質SP
最後にトランプ大統領のイスラム圏7か国出身者の入国を制限する大統領令が「あり」か「なし」かをスタジオ討論。北斗晶らほとんどが「なし」と答え、子どもに人種差別はよくないと教えるがこの大統領令は人種差別にしか見えないなどと主張したが、「あり」の木村太郎は、この7か国を決めたのはオバマ大統領、それを下敷きにしただけなのに人種差別といわれるのは彼は心外ではと反論した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.