[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「バンジージャンプ」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:59 - 1:29 日本テレビ
日テレプッシュ (その時チャンスは舞い降りた!直前SP)

その時チャンスは舞い降りた!過去の名場面をプレイバック!1つ目のチャンスは大人気アクティビティ「バンジージャンプ」。テレビでは罰ゲーム的な扱いでよく見かけるが最高のスリルと爽快感が病みつきになるという。「世界一高いバンジージャンプを跳べるチャンス!」を用意。ギネス記録を調べたところ、商業用バンジージャンプ施設として世界一なのはマカオタワー。1回のバンジージャンプにかかる値段は約6万円だが、旅費や施設代は番組が負担する。
今夜7時放送「その時チャンスは舞い降りた!」の番組宣伝テロップ。
日本でもあるが、世界一のバンジージャンプいうことでマカオまで行く。SHELLYは「行く人はいると思う。1回飛んだら永遠と世界一のバンジージャンプ飛んだと自慢できる」とコメント。
今回チャンスが舞い降りたのは上野・品川・秋葉原の3ヶ所。出発の便は午後9時5分発の便。2時間前に成田空港につくことを考えると午後6時までにチャンス獲得者に出会わないといけない。今回のチャンスは2枠。1組目は死ぬまでにやりたいことがバンジージャンプだという。しかしアルバイトの面接があるためチャンスをスルー。2組目は買い物途中の20代の女性。興味はあるという。ライブに行くためチャンスをスルー。18組目は韓国から観光に来ていた男性。働いたら負けと書いてあるTシャツを来ているオタクだというこの男性、月曜日から会社にいくということでチャンスをスルー。パスポートを持っていない人が多かった。63組目は先輩後輩の男性2人組。後輩は給料を持ち逃げされてしまったため前向きになりたいとチャンスを獲得。中村国聖さん35歳の答えはCMのあと。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月15日放送 14:05 - 14:54 NHK総合スタジオパークからこんにちは(ゲスト 比嘉愛未)
比嘉愛未さんがエピソードを紹介。1つ目は「長寿」。曾祖父母が105歳と101歳で健在で、畑で紅芋などを育てているという。実家が農業をしていて、高校も農業高校に通ったと答えた。家では自給自足の生活に生きる強さを感じながら育ったと答えた。
2つ目は「たそがれ」。特技がたそがれることだといい、どんな時でも自分の世界に没入できると答えた。その他、行き詰った時には空を見ながら両手を伸ばしてリラックスしている、海などを見に行くことも多いなどと話した。
3つ目は「ジャンプ」。高いところからジャンプするのが好きで、ジェットコースターやバンジージャンプなどによくプライベートで行くという。子どもの頃は木登りが好きであだ名はサルだった、スカイダイビングで4000メートルから落ちる体験は友人がサプライズで招待してくれたと答えた。

2017年2月12日放送 17:00 - 17:25 日本テレビチカラウタチカラウタ
手越祐也がチカラウタのエピソードを紹介。イッテQ!のメンバーにはフィーリングで使ったら面白くなるという理由から選ばれ、当時は自分のキャラ付けに悩んでいたこともありオファーを受けた。手越はジャニーズらしくないからこそモチベーションが湧いてくると話し、ジャニーズの中でも少数のことをしたいと思えるようになったという。
手越は「イッテQ」にNOは言わないことにしているが、スイスで220mのバンジーロケに挑戦した際は高所恐怖症だったためキツかったという。その時の映像が紹介され、「あっどうも はじめまして旅」でバンジーを断った小山は映像を見て手越はおかしいと話した。他にもベアフッティングに挑戦したロケの映像が紹介され、手越は笑顔でこなしていた。手越は困難な環境でも何事も楽しむことを心がけているという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.