[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「朴大統領」 に関するテレビ情報

2017年2月17日放送 6:40 - 7:05 テレビ東京
モーニングチャージ! HEADLINE PLUS

韓国のソウル中央地裁はサムスントップの逮捕状を取った。これにより先ほど逮捕された。kァン国特別検はサムスンが被告側に贈った資金のうち被告の娘に対する支援に笑点を当て捜査している。贈賄額は日本円で43億円にのぼると見られている。収賄の疑いでパク大統領の立憲につなかが焦点。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 11:13 - 11:35 テレビ東京Mプラス 11(ニュース)
韓国の朴前大統領が巨額の賄賂を受け取ったとされる事件の初公判がけさ始まった。ソウルから中継。朴被告は逮捕以来、53日ぶりに公の場に姿を見せた。要求額まで含めると約59億円に上る収賄の罪など18件の起訴内容を、法廷で否認し、検察と全面的に争う姿勢を見せている。注目されたのは、逮捕後初めて顔を合わせた朴被告と共犯の罪に問われている親友である被告の表情だったが、2人は被告席に座っても前を向いたまま、お互い目を合わせなかった。

2017年5月22日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!ひるトク!
昨日から外遊を開始している米・トランプ大統領。現在支持率は最低まで落ち込んでいる。この流れを春名氏は「支持率が過去最低を記録したのは”ロシア疑惑”に対してのアメリカメディアの追求が大きく影響している」と分析。番組では、歴代大統領の辞め方を紹介。自分で辞めたのはニクソン元大統領のみだというが、弾劾裁判で辞めさせられた大統領はいないという。まだロシア疑惑での証拠が出てきていないため今後の展開に注目が集まる。

2017年5月14日放送 7:30 - 8:25 フジテレビ新報道2001(ニュース)
李氏はムン・ジェイン政権に対し恨流クーデター政権と名付け、「国民感情を盾に政権をとった」「4年間余りの内3回大掛かりな攻撃を行い政権をとった」ことが理由だという。ムン・ジェイン氏について解説。大統領の両親は北朝鮮からの避難民、またムン・ジェイン氏は朴正煕元大統領に対抗するデモを主導し逮捕されたこともある。盧武鉉政権時には大統領秘書室長を務めるも、2007年に国連で北朝鮮人権決議案が採択されていたが韓国が賛成か棄権すべきか北朝鮮へFAXで意見を求めていた疑惑がある。下村氏は「ムン・ジェイン政権は北朝鮮と融和的だが北朝鮮が暴発することは韓国のメンツを潰すことになる」「日本、アメリカや中国との関係にシフトしこれ以上北朝鮮が暴発しないような形に」と述べた。またムン・ジェイン氏は元特殊部隊出身であることを誇らしげに思っているという。香田氏は「注意する必要がある、国家に対する忠誠心を特殊部隊で言いたいのでは」と述べた。また「西側で言う特殊部隊ではない」と述べた。

2017年5月14日放送 5:00 - 5:20 テレビ朝日はい!テレビ朝日です第579回放送番組審議会
第579回放送番組審議会は、「週刊ニュースリーダー」について話し合われた。審議委員からは、ニュースをランキング形式で掘り下げるスタイルや、街頭インタビューを紹介することになどについて、意見が出された。
「週刊ニュースリーダー」の寺田ゼネラルプロデューサーが、番組のメインターゲットを40代以上の男性をイメージしているとコメントした。寿崎プロデューサーが、ニュースの取材方法についてコメントした。

2017年5月13日放送 8:15 - 9:30 NHK総合週刊 ニュース深読み深読み
韓国といえば冬のソナタだという。ブームは13年前だ。今、韓国は大変な状態だ。昨年11月には、ソウル市内では、デモが行われた。光化門広場にはたくさん、人形がある。韓国における財閥の存在感は絶大だ。財閥につとめているのは全体の6%だ。社会には格差がある。通称自殺橋といわれる麻浦大橋がある。格差を是正するのが政治家なのに、原因を作り出している。収賄で逮捕される政治家が多い。朴槿恵前大統領はクリーンなイメージだった。しかし、スキャンダルが出た。裏切られたという国民が思った。ムン・ジェインさんは、財閥改革の先頭に立つとアピールした。軍事境界線で停戦状態。戦争は終わっていない。徴兵制も残っている。THAADについての問題は韓国でよく出てくる。アメリカが韓国に設置すると言ってきた。しかし中国は反対してきた。THAADの範囲には中国も入っているからだ。安全保障の大切なアメリカ、貿易で大切な中国。ムン・ジェインさんは、そこを考えていかなければいけない。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.