[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ピカソ」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 2:23 - 2:30 TBS
イベントGO! (イベントGO!)

ピカソに多大なる影響を与えた画家、ルカス・クラーナハの大回顧展、1月15日(日)まで国立西洋美術館で開催している「クラーナハ展」の告知。注目の作品は、「ホロフェルネスの首を持つユディト」。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月19日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本世界のメディアザッピング
アメリカでモダン・アートのオークションが開催された。ブランクーシの作品に約65億円がつくなどこの日だけで落札額は約325億円だった。

2017年5月9日放送 20:54 - 21:54 テレビ東京開運!なんでも鑑定団開運!なんでも鑑定団
田中浩さんのお宝は小杉放菴の油絵で、半世紀前に大手建設会社の人が議員に陳情に訪れた際に渡そうとするも受け取って貰えず、会社の事務所でまかないをしていた母が貰ったもの。今田耕司は「清廉潔白な議員か、その議員は現金にしか興味がなかったか」と推察した。
小杉放菴は1881年に栃木・日光に産まれ、15歳のときに洋画家の五百城文哉に師事。その後、小山正太郎主宰の不同舎に入塾し、この時すでに小杉は酒を痛飲していた。後に未醒と号するようになり、30歳の時に発表した「水郷」は第五回文展で最高賞を受賞。1913年に渡欧し、ヨーロッパ各地の壁画や美術館に足を運んだ。当時、ピカソやマティス、カンディンスキーらがアバンギャルドな表現に挑んでいたなか、小杉は池大雅の「十便帖」の複製画を目にし、衝撃を受けた。
帰国後に小杉を支えたのは横山大観で、1913年に日本美術院を再興させた。小杉は洋画部門のリーダーとして迎えられ、東京大学大講堂の大壁画を手掛けた。シャヴァンヌのソルボンヌ大学大講堂壁画を念頭におきつつ、日本画を彷彿とさせる色彩で描いている。後に小杉は麻紙と出会ったことで水墨画の世界へ没入し、放菴と改号。独自の水墨画を確立し、「白雲幽石図」、「金太郎」などを生み出した。妙高高原に別荘を建てた後は花鳥画を描いた。享年82。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.