[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「パートナーシップ証明書」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ
新・週刊フジテレビ批評 THE 批評対談

LGBTは「Lesbion」「Gay」「Bisexual」「Transgender」の頭文字をとった略だ。日本のLGBTの人口比率は7.6%にあたる。永田氏は、GAPで働いていた時に、自由な社風の中で同僚にゲイであることを徐々にカミングアウトしたと話した。永田氏はカミングアウトしたあとに、カミングアウトしないことがストレスになっていたことに気づいたという。GWに行われた東京レインボープライドには今年は11万人が参加したと述べた。
LGBTはレインボーカラーをシンボルとしている。これはグラデーションが性の多様性を象徴しているという。渋谷区では渋谷区の花を6色にデザインしたマークを職員がつけている。LGBTは横文字が多いと言われると永田氏はその理由を、自分たちで自分たちの名前を定義して発信する中でそのようになったと思うと述べた。永田氏は、ダイバーシティの中に男女平等とLGBTがあり地続きの問題だとの思いを強くしながら情報発信に取り組んでいると述べた。パートナーシップ証明書があれば、部屋を借りたりパートナーが入院した際の許諾書にサインするなどができるよう区から要請することを念頭に置いているという。
同性愛者と聞くとベッドの上のことだと捉えられがちだが、社会性そのものであるということを理解していただけたらと話した。渋谷区では電話相談や、企業などがLGBTについて考えてもらえるセミナーなどを行っているという。当事者がカミングアウトするのが難しい状況の中ではストレート・アライの方々にレインボーの旗をつけていただければと話した。アライとはLGBTの支援者・支持者の異性愛者を指す。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月15日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト特集 5時トク
戸塚区に住む日吉さんとパートナーの景子さん(仮名)は、去年3月に婚活パーティーで知り合い、事実婚を始めたという。景子さんは、週の5日間を日吉さんの家で過ごしており、「義母には事実婚を知らないで逝ってほしい」と語る。日吉さんも、「娘も遠慮して言わないが、あまりいい感じはしていない」という。街の人たちは「今更やめといてよ」などと抵抗感を示した。また、事実婚には意外な落とし穴があり、手術や入院の際の同意者にはなれないという。相続に関するトラブルも増えており、住んでいた家から追い出されるケースもあるという。同居義務や生活費の負担などを契約書の形で明記しておく「パートナーシップ契約」を結んでおくのが、現行の法制度では最良の対策。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.