[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ヒラリー・クリントン」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

トランプ次期大統領は、自分に対するメディアの報道を批判。またフィアットクライスラーやフォードが国内に工場を作ることを賞賛。GMや他の業界の企業も追随することを期待するとした。最も多くの雇用を作る大統領になると宣言。20日は特別な一日になると話した。
トランプ次期大統領は質問に対して回答。ミーティングは非公開で内容については話せない、情報が公開されたことは恥ずべきことだが、それは嘘のニュースで、敵対する勢力が行ったものだと話した。2200万件の個人情報がサイバー攻撃で奪われたとされるが、それは中国によるものかもしれない。才能のある人を集めてサイバー攻撃への守りを固めると話した。
トランプ次期大統領は、プーチン大統領との関係について、ニュースはデマだと説明。ヒラリー氏の批判をした。
トランプ次期大統領は、ロシアのサイバー攻撃に対してオバマ大統領が制裁を加えたことについて、プーチン大統領がトランプ氏を助けようとしたことなどないと釈明。ロシアはISとの戦いで努力をしている、ロシアとの関係がどうなるかは分からないとした。
「ロシアから恐喝される可能性があるのでは?」という質問に、トランプ次期大統領は、ロシアに限らずどこへ行くにもそこら中にカメラがあることに気を付けなければならないと話した。
「ロシアのハッキング行為は正当化できるか?」という質問に、トランプ次期大統領はロシアとは一切取り引きを行っていないし、これからも行わない、ロシアに対する負債は一切ないと話した。さらにドバイから20億ドルを提供するという話があったが断ったと話した。
「税の申告書を出してロシアと取り引きがないことを示すのか?」という質問に、トランプ次期大統領は、みんなが投票して自分は大統領になった、自分の息子が会社の経営を行い、自分は経営権を息子に譲ると話した。
トランプ次期大統領は会社の経営権を2人の息子に譲ると話した。トランプ氏の弁護士は、これはアメリカ国民に安心してもらうためで、ビジネスとは関係を持たないようにして、大統領の職務を個人的な恩恵のために行わないようにするためと語った。これは大統領職についている間続くと語った。またトランプ氏の流動的な資産は信託に預けられると説明した。また外国との取引はせず、国内の取引はアドバイザーの指導に従うことになると語った。これによってトランプ氏はトランプ・オーガナイゼーションから完全に引き離されると語った。また会社を売却しない理由は会社売却によって利益相反を払拭できないためだと説明した。こうしたことからアメリカの国民が大統領がアメリカを偉大にすることだけに関心を持つということをわかってもらえるのではないかと説明した。
「将来的に閣僚などへ利益相反の指摘があるかもしれないのでは?」と質問された。トランプ次期大統領は、多くの人から意見を聞いており、皆満足していると説明した。またトランプ次期大統領は貿易など悪い取引ばかりなので、成功を納めた優れた人々を政権に招きたいと説明した。
「オバマケアをどのように入れ替えてなくすのか?またそれに変わるものは?」と質問された。トランプ次期大統領はオバマケアは最悪のもので、正しくない方向に導かれていると語った。そのためオバマケアを入れ替えて別のものにして、医療保険関連の法案をすぐに通すつもりだと語った。長官たちが任命されて仕事が始まったらすぐに計画を提出すると説明した。
法人税の減税についての質問に対し、トランプ次期大統領は、さまざまな企業と会って多くの雇用を救った、企業が海外に移転してメキシコから輸入するなら大きな関税を課すと話した。
トランプ次期大統領は国境の壁について、メキシコと交渉してすぐに壁作りを始める、メキシコにも必ずその費用を支払わせると話した。最高裁判事の候補について、今20人のリストがあって、みんな素晴らしい人たちだ、信念を持って決めると話した。ナチスに関する発言について、情報機関が誤った嘘のニュースを公開するのは恥ずべきことだと話した。
トランプ次期大統領は質問を求める記者を制し、別の記者を指名した。「オバマ大統領のロシアへの制裁はやり過ぎか?」という質問に対し、トランプ次期大統領は否定した。
「疑惑が事実なら立場を考え直すのか?」という質問に、トランプ次期大統領は「そんなことはない」と回答。
トランプ次期大統領はメディアに対し、きちんとした倫理観を持っている人に来て欲しいと要求。自分は言い返すことができるが、反論する機会のない人はメディアに人生を台無しにされることもあるので、誠実に報道して欲しいと話した。
「アメリカの情報機関を信じられるか?」という質問に、トランプ次期大統領は、90日以内にサイバー攻撃に関する報告をしてもらって見直す、アメリカはサイバー攻撃に対する守りが弱いので、守りを固めると話した。
「ロシアのハッキングに関して情報機関を批判したのはなぜか?」という質問に対して、トランプ次期大統領は、機密文書が報道機関に漏れたこと自体が情けないと話した。
「あなたやあなたの関係者が大統領選の間、ロシアと接触を図ったことはないと断言できるか?」「ロシアがハッキングをしていたとしたらプーチン大統領に何を言いたいか?」という質問に、トランプ次期大統領は「もうそんなことはすべきでないと言う」と回答。問題はロシアだけでなく、中国もサイバー攻撃を行っている、自分が大統領になればロシアも中国もメキシコも日本も、もっとアメリカに敬意を払うようになる、などと話した。
トランプ次期大統領は2人の息子に会社の経営権を譲ることを改めて説明。8年後にいい仕事をしたねと言えるようにして欲しい、そうでなければクビだと言うことになるだろうと話した。
「あなたの関係者がロシアと接触を図ったかという質問に答えていない。断言できないのか?」という質問に、トランプ次期大統領は答えず会場を後にした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月14日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.every.キーワード
今回の外交では安倍首相とトランプ大統領の親密さについて強調されたがこの2人の夫人もまた外交を通じて親交を深めたことを報道した。首相と大統領がゴルフ外交に勤しむ中2人は大統領の別荘の日本庭園でコイにエサやりをするなど1時間ほど散策をした。夫人2人のファッションに触れたりトランプ夫人の持つ扇子が日本庭園側からのプレゼントであるなどの解説を交えた。夫人2人で安倍夫人からはミキモトのピアス、トランプ夫人からはバラの造花が贈与されたことも報道された。また安倍昭恵夫人はバロン君に木のおもちゃを送ったことを報道された。メラニア夫人は息子の子育てを優先するためニューヨークに住んでおり当面ホワイトハウスには入らないとしファーストレディの役割は娘のイヴァンカ氏が担うものではないかと予想されている。
アメリカで行われた就任当時のファーストレディに対しての好感度調査の話題になりクリントン夫人は59%であったのに対してメラニア夫人は37%であったとした。クリントン夫人、オバマ夫人に比べて好感度が低い事に対し理由を挙げた。1つには去年7月のトランプ夫人の演説がオバマ夫人の演説の盗用疑惑があったこと。もう1つが米メディアでトランプ夫人は前向きではないファーストレディであると評価していることにあるとしている。ファーストレディの役割は社会運動や慈善活動への関心があるかも挙げられるとし、夫人はまだ不透明であるとされていることが挙げられた。今回の会談でも聴覚障害者の大学を訪問した際にメラニア夫人は姿がなかった。過去の夫人の個性を対比に出しつつ、メラニア夫人が子どもの支援に取り組みたいと表明したこと、ファッションなどで存在感を出していくことを提案した。北海道大学准教授は大統領一家とはアメリカ文化を体現する存在であるとし、メラニア夫人は政治家の妻である経験がないので期待に応える努力が求められるとした。

2017年2月12日放送 6:00 - 6:45 TBS時事放談(ゲスト:石破茂、前原誠司)
石破氏は尖閣が日米安保条約第5条の対象であることは当然のことであると述べた。今後、実際に尖閣諸島に人民解放軍が来た場合のシミュレーションを政府内でもやっているだろうと述べた。前原氏はオバマ政権下でクリントン国務長官から尖閣は5条の適応範囲であると言われた経験を元に額面通りに受け取るべきではないなどと述べた。前原氏はさらに今後日本が自ら主権を守る努力をしなければならないなどと述べた。在日駐留費に関して石破氏は今後アメリカから言われることはないだろうと述べた。ただNATO加盟国に対して駐留費をさらに要求することは有り得るかもしれないなどと述べた。また石破氏は中国空母「遼寧」はそれほど脅威にはならないが、人工島は脅威になると述べた。前原氏はマティス国防長官が日本の駐留費はお手本であると賞賛したことについて、ドイツや韓国は戦々恐々としているかもしれないなどと述べた。ただ前原氏は中国との電話会談が気になったなどと述べた。

2017年2月9日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(ニュース)
トランプ氏から連邦最高裁判事に指名されたゴーサッチ氏は、トランプ氏がイスラム圏7ヶ国からの入国を禁止する大統領令の一時差止を決めた連邦地裁判事を攻撃したことに対し、「司法界の失望を呼び士気をくじく」と批判。これに対しトランプ氏はツイッターで、発言を公開した上院議員をうそつきと批判した上で、ゴーサッチ氏の発言を誤解しているのではと疑問を呈した。またトランプ氏は8日、習近平国家主席に書簡を送り、米中双方の利益となる建設的な関係構築に期待しているという内容で、中国外務省は高く評価し歓迎する意向を示した。

2017年2月8日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(ニュース)
連日報じられる反トランプの動き。しかし、世論調査では大統領令支持の声が半数という結果に。なぜトランプ支持派の声が聞こえてこないのか。カリフォルニア州の弁護士でトランプ大統領を支持しているケント・ギルバート氏は、「トランプの支持者は投票で声を出していた。トランプは彼らの要望どおりに動いているから黙っている。まさにサイレントマジョリティー」と述べた。トランプ大統領による入国停止の措置をめぐり現在行われている控訴裁判所による意見聴取。

2017年2月7日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング今週のニュースな7問
スタジオトーク。入国禁止令差し止め処分の退けた対応に、トランプ大統領は大激怒。「1人の判事が我が国を危機に追いやるとは信じられない。何か起きたら彼と裁判制度のせいだ」などと発言しており、法廷闘争に持ち込まれれば、2~3年の長期的な論争になるとの見方もあるという。小籔は「法の執行官に噛み付いたと見られているけど、お互いに噛み付いてる形で、逆の見方もできる。僕はトランプにとっては”やや親”で、皆が言うほど悪い印象はないです」。これに坂上は「わかった。あと10分おとなしくしててね」。”親トランプ”のギルバートは「既成概念を壊してるだけで、そこからいいことが生まれると信じている。もしもヒラリー・クリントンが大統領になっていたら変化してない、良くなってないです。”賢い”かどうかは別問題として、法律上問題のない大統領令だと思う。ビザの取り消しなんてザラじゃないですか。私だって数時間の取り消しとかありますよ、日本での話です。仕事に戻れない、家族のもとへと戻れないなんてのも海外旅行のリスクの内です。本来、判事は中立でなければならない。このような対応は問題がある。あくまで対応に問題があるだけで、彼自身は法律家として高い評価を得ていて、それに値すると見られていますが」。”反トランプ”のランディは「バカバカしいことで、よくないと思います。家族とか仕事にもどれないのは問題だと思う。僕の知り合いもこの大統領令にパニクっています」など。中田は「別に良い悪いは別にしてね。ビザの持っている人をいきなり締め出す、というのはどうなんだろうね、って思っちゃうけど。トランプ自身もどこかでわかってて、『何かあったら、彼と裁判制度のせいだ』って言ってたけど、反発も、違憲という判決が出そうだ、という事も全部わかってて、制度そのものを変えたいためにこういうやり方を取っている。ソウじゃなければ『制度のせいだ』という制度そのものを批判するというやり方はするはずがないと思う」など。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.