[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ヒラリー」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

トランプ次期大統領は、自分に対するメディアの報道を批判。またフィアットクライスラーやフォードが国内に工場を作ることを賞賛。GMや他の業界の企業も追随することを期待するとした。最も多くの雇用を作る大統領になると宣言。20日は特別な一日になると話した。
トランプ次期大統領は質問に対して回答。ミーティングは非公開で内容については話せない、情報が公開されたことは恥ずべきことだが、それは嘘のニュースで、敵対する勢力が行ったものだと話した。2200万件の個人情報がサイバー攻撃で奪われたとされるが、それは中国によるものかもしれない。才能のある人を集めてサイバー攻撃への守りを固めると話した。
トランプ次期大統領は、プーチン大統領との関係について、ニュースはデマだと説明。ヒラリー氏の批判をした。
トランプ次期大統領は、ロシアのサイバー攻撃に対してオバマ大統領が制裁を加えたことについて、プーチン大統領がトランプ氏を助けようとしたことなどないと釈明。ロシアはISとの戦いで努力をしている、ロシアとの関係がどうなるかは分からないとした。
「ロシアから恐喝される可能性があるのでは?」という質問に、トランプ次期大統領は、ロシアに限らずどこへ行くにもそこら中にカメラがあることに気を付けなければならないと話した。
「ロシアのハッキング行為は正当化できるか?」という質問に、トランプ次期大統領はロシアとは一切取り引きを行っていないし、これからも行わない、ロシアに対する負債は一切ないと話した。さらにドバイから20億ドルを提供するという話があったが断ったと話した。
「税の申告書を出してロシアと取り引きがないことを示すのか?」という質問に、トランプ次期大統領は、みんなが投票して自分は大統領になった、自分の息子が会社の経営を行い、自分は経営権を息子に譲ると話した。
トランプ次期大統領は会社の経営権を2人の息子に譲ると話した。トランプ氏の弁護士は、これはアメリカ国民に安心してもらうためで、ビジネスとは関係を持たないようにして、大統領の職務を個人的な恩恵のために行わないようにするためと語った。これは大統領職についている間続くと語った。またトランプ氏の流動的な資産は信託に預けられると説明した。また外国との取引はせず、国内の取引はアドバイザーの指導に従うことになると語った。これによってトランプ氏はトランプ・オーガナイゼーションから完全に引き離されると語った。また会社を売却しない理由は会社売却によって利益相反を払拭できないためだと説明した。こうしたことからアメリカの国民が大統領がアメリカを偉大にすることだけに関心を持つということをわかってもらえるのではないかと説明した。
「将来的に閣僚などへ利益相反の指摘があるかもしれないのでは?」と質問された。トランプ次期大統領は、多くの人から意見を聞いており、皆満足していると説明した。またトランプ次期大統領は貿易など悪い取引ばかりなので、成功を納めた優れた人々を政権に招きたいと説明した。
「オバマケアをどのように入れ替えてなくすのか?またそれに変わるものは?」と質問された。トランプ次期大統領はオバマケアは最悪のもので、正しくない方向に導かれていると語った。そのためオバマケアを入れ替えて別のものにして、医療保険関連の法案をすぐに通すつもりだと語った。長官たちが任命されて仕事が始まったらすぐに計画を提出すると説明した。
法人税の減税についての質問に対し、トランプ次期大統領は、さまざまな企業と会って多くの雇用を救った、企業が海外に移転してメキシコから輸入するなら大きな関税を課すと話した。
トランプ次期大統領は国境の壁について、メキシコと交渉してすぐに壁作りを始める、メキシコにも必ずその費用を支払わせると話した。最高裁判事の候補について、今20人のリストがあって、みんな素晴らしい人たちだ、信念を持って決めると話した。ナチスに関する発言について、情報機関が誤った嘘のニュースを公開するのは恥ずべきことだと話した。
トランプ次期大統領は質問を求める記者を制し、別の記者を指名した。「オバマ大統領のロシアへの制裁はやり過ぎか?」という質問に対し、トランプ次期大統領は否定した。
「疑惑が事実なら立場を考え直すのか?」という質問に、トランプ次期大統領は「そんなことはない」と回答。
トランプ次期大統領はメディアに対し、きちんとした倫理観を持っている人に来て欲しいと要求。自分は言い返すことができるが、反論する機会のない人はメディアに人生を台無しにされることもあるので、誠実に報道して欲しいと話した。
「アメリカの情報機関を信じられるか?」という質問に、トランプ次期大統領は、90日以内にサイバー攻撃に関する報告をしてもらって見直す、アメリカはサイバー攻撃に対する守りが弱いので、守りを固めると話した。
「ロシアのハッキングに関して情報機関を批判したのはなぜか?」という質問に対して、トランプ次期大統領は、機密文書が報道機関に漏れたこと自体が情けないと話した。
「あなたやあなたの関係者が大統領選の間、ロシアと接触を図ったことはないと断言できるか?」「ロシアがハッキングをしていたとしたらプーチン大統領に何を言いたいか?」という質問に、トランプ次期大統領は「もうそんなことはすべきでないと言う」と回答。問題はロシアだけでなく、中国もサイバー攻撃を行っている、自分が大統領になればロシアも中国もメキシコも日本も、もっとアメリカに敬意を払うようになる、などと話した。
トランプ次期大統領は2人の息子に会社の経営権を譲ることを改めて説明。8年後にいい仕事をしたねと言えるようにして欲しい、そうでなければクビだと言うことになるだろうと話した。
「あなたの関係者がロシアと接触を図ったかという質問に答えていない。断言できないのか?」という質問に、トランプ次期大統領は答えず会場を後にした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月25日放送 18:56 - 20:54 テレビ朝日池上彰のニュースそうだったのか!!池上彰が基礎から徹底解説!!ニュースでわからないこと
スタジオではトランプ大統領について解説された。トランプ大統領は1991年にセントラルパークの商標登録を獲得している。トランプ大統領はニューヨーク市が6年経っても改修工事を終えられなかったスケートリンクを4ヵ月で改修工事を終了させたという。
スタジオではトランプ大統領について解説された。トランプ大統領は「私に否定的な世論調査はすべてウソニュースだ」とコメントしているという。またトランプ・タワーは68階だとしていたが実際には58階であった。

2017年2月24日放送 4:20 - 4:30 NHK総合視点・論点サイバーセキュリティを確保するには
慶應義塾大学大学院教授・土屋大洋氏が解説する。昨年末、退任間際のオバマ大統領はロシアに政治的な制裁を発動した。ロシア政府がサイバー攻撃によって、昨年の米大統領選挙に介入したと判断したからだ。サイバー攻撃のほとんどは「サイバー犯罪」と呼ばれるもの。サイバー攻撃には3つの問題がある。第1は「被害者が被害を公表したがらない」こと。第2は「被害が明らかになっても容疑者が容易にわからない」こと。第3は「攻撃者が特定できても金銭で雇われた者が多く、雇い主の特定に至らない」こと。これらを専門家はアトリビューション問題と呼ぶ。その結果、世界のサイバーセキュリティの主役になったのが、スパイ機関だった。アメリカではNSAであり、イギリスではGCHQだ。これらは通信を監視し、サイバー攻撃を未然に防ごうとしている。だが、両機関の活動は2013年6月、NSA請負業者社員のエドワード・スノーデンによって暴露され、プライバシー侵害だという議論が巻き起こった。
こうした問題をさらに深刻にしたのが、昨年の米大統領選挙だった。米民主党全国委員会サーバーから流出した電子メールなどがインターネット上で暴露され、委員長は辞任。こうしたことが民主党のヒラリー・クリントン候補に打撃となり、共和党のドナルド・トランプ候補の勝利に繋がったとの見方もある。さらには、出所不明の偽ニュースも大統領選挙において流された。その多くがクリントン候補に不利なもので、サイバー攻撃の新たな手法と考えられている。つまり、他国の政治に介入し、国民を惑わせるためのサイバー攻撃だ。かつては「プロパガンダ」と呼ばれたが、インターネットでも行われるようになり、SNSやスマホの普及によって偽ニュースが急速に拡散するようになった。
アメリカ大統領選挙後、オバマ大統領は対ロシア制裁に踏み切った。ロシアの外交官35名を追放し、アメリカ国内でロシア政府が使っていた施設2ヶ所を閉鎖。一連のサイバー攻撃を指揮したのはロシア連邦軍参謀本部情報総局とされるが、プーチン大統領は馬鹿げた指摘だとしている。土屋氏はヒラリー・クリントン候補が当選したとしても選挙結果に疑念を抱かせ、アメリカの民主政治を動揺させようとロシアは企図したとの見方を示した。アメリカでは偽ニュースが混乱を引き起こすと考えられる程度について、「かなり」と回答したのが全体の64パーセントにのぼる。日本に目を向けるとラグビーワールドカップ、東京五輪・パラリンピックの開催が予定され、サイバー攻撃によるシステムやインフラ障害が懸念されている。政府はサイバーセキュリティ基本法を成立させるなど対策を進めていて、他国の政府とも連携している。土屋氏は「サイバー攻撃が増大し、多様化、洗練化していくなか、セキュリティとプライバシーのバランスは検討すべき重要な課題。行き過ぎた権利侵害をせぬよう、アトリビューション問題を解決し、サイバー攻撃を抑止することが今後の課題となる」と指摘した。

2017年2月23日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論トランプ政権を支える“もうひとつのアメリカ”
アメリカのトランプ政権が誕生して1ヶ月が過ぎた。大統領は就任早々、中東・アフリカ諸国からの入国を一時禁止する大統領令を発令するなど、強引な政策と歯に衣着せぬ発言を連発している。国内外からの批判の声もあがっているが、一方で支持を得ている事も事実。今夜は“もうひとつのアメリカ”をキーワードに、なぜトランプ政権がアメリカ国民から一定の支持を受けているのかを考える。
2016年の大統領選挙で、トランプ氏は30の州で勝利。一方、総得票数では200万票以上もトランプ氏を上回ったクリントン氏は、20の州と首都ワシントンで勝利した。クリントン氏は富裕層やインテリ層が多く住む都市部に支持が偏っていたのに対し、トランプ氏の支持は農村部を中心に面的な広がりがあった。そこに住むトランプ支持者は、年々増える移民に対し警戒心と嫌悪感を抱いている。移民に仕事を奪われるという心配は、実際に直面している問題というよりは、将来、自分の身に降り掛かってくるかもしれないという恐怖心なのかもしれない。
チャンスを求め世界中から移民がやってくるアメリカは、オープンでありながら内向きな面も併せ持つ。そんなアメリカで急速に普及しているのがインターネットで、既存のニュースメディアで情報を得ている人は減り、メディアへの信頼度も低下を続けている。外の世界を知らず移民が増え白人中心の社会が変わっていくことに、不安感をいだき、既存メディアの報道を信用しない人達、トランプ政権を支えるもう一つのアメリカからはそんなアメリカ人の姿が見えてくる。
アメリカは今後どこに向かうのか。多民族国家のアメリカは何度も分断と融和を繰り返してきた。トランプ現象は変貌を続けるアメリカ社会の通過点の一つなのかもしれないと出石直が解説した。

2017年2月22日放送 23:59 - 0:54 日本テレビナカイの窓(覆面の窓 第3弾)
堀江貴文はプライベートジェットを25億円で購入したと語った。ただ中古のやつだったと語った。新品の場合には2年待ちなので最初はみんな中古を購入すると語った。

2017年2月20日放送 23:15 - 0:15 テレビ朝日橋下×羽鳥の番組トランプ大統領は大丈夫?SP
トランプ大統領の移民政策について、スタジオトーク。町山智浩が、共和党は移民を制限する政策をとろうとしていると述べた。トランプ大統領は大統領選挙で勝利したが、非白人層の得票数は、クリントン候補に差をつけられて負けていた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.