[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ピョンヤン(北朝鮮)」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

北朝鮮の創設記念日が25日に迫る中、世界でさらなる懸念と緊張が高まっている。長崎県の佐世保基地では今朝、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」が出港。朝鮮半島周辺地域に向け航行の米空母と合流し共同訓練を検討している。共同訓練の狙いについて元海将は「日米の関係がしっかりしていることを政治的に見せる一つの軍事的手段。」と述べた。北朝鮮は去年軍の創設記念日の2日前にSLBMを1発発射しており、今月16日に撮影された核実験場で、アメリカの研究グループは「バレーボールの試合が行われているようだ。」として核実験場が待機状態に入った可能性を指摘する一方、ピョンヤンからの命令が下ればいつでも6回目の核実験を行える状況に変わりないとしている。政府は今日、都道府県の危機管理担当者に臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際住民が取るべき行動について説明した。内容は、屋外ではできるだけ頑丈な建物や地下街に避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなど。また総務省消防庁の担当者は「弾道ミサイルが飛来するおそれの場合Jアラートを通じ直ちに情報伝達すると説明、その上で弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力し早期に行うよう要請した。
国連の安全保障理事会は16日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を避難する声明を全会一致で発表。当初アメリカが作った草案で「朝鮮半島の非核化と平和的解決目指す」とする部分で「対話を通じて」とする文言が削除され、ロシアが意義を唱えた。その後の調整でアメリカがロシアの主張を受け入れ、「対話を通じて」という文言が加えられた。ヘイリー国連大使は「誰もミサイル発射や核実験を望んていないと明確にした。制裁や他の手段の検討もあり得る。」と述べた。一方トランプ大統領は「習主席を尊敬している、この問題に懸命に取り組むと確信する。」として制裁徹底などで北朝鮮に圧力を強めるよう中国に一層対応を促した 。岸田外務大臣は今日の衆院外務委委員会で韓国側の警戒態勢について「現時点で韓国軍の警戒等のレベルが上げられたということは承知しておらず、 平素の体制が維持されていると説明を受けている。」と述べた。北朝鮮の核ミサイル問題については来週25日に東京で日米韓3か国の政府高官による協議が行われることになった。6か国協議で首席代表を務める3人が、北朝鮮情勢に関する認識共有し連携を確認していく方針。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月20日放送 12:00 - 12:20 NHK総合ニュース(全国のニュース)
アメリカ政府当局者は19日、北朝鮮のピョンヤン郊外で今月はじめにICBM発射実験前とよく似た動きをここ数日で確認したことを明らかにし、2週間以内に新たな発射実験に踏み切る可能性もあるとしている。別の当局者は北朝鮮では日々ミサイル発射の兆候とも受け取れるさまざまな動きが確認されているとして、実際に発射するかを現時点で判断するのは難しいとしている。北朝鮮のICBMについてはアメリカ軍のセルバ統合参謀本部副議長が議会の公聴会で、アメリカに到達させる能力はすでに獲得の一方、ミサイルの精度・正確性は実証されていないとしている。

2017年7月17日放送 19:00 - 19:30 NHK総合NHKニュース7(ニュース)
記者会見を開いた韓国の国防省は、21日にパンムンジョムで南北軍事当局者の階段を行うことを提案した。さらに韓国の赤十字も朝鮮戦争などで離散した家族の再開に向け、来月1日に南北実務者の会談を提案した。韓国統一省は北朝鮮が朝鮮半島の平和と南北関係の発展を望むなら提案に応じるべきだと話した。ムン・ジェイン政権は、2007年にキム・ジョンイル総書記と南北首脳会談を行うなど北朝鮮に融和的なノ・ムヒョン政権を継承している。自らも選挙中から対話の必要性を訴えてきた。一方の北朝鮮は対話に応じず、ミサイルの発射を繰り返してきた。今回の韓国側からの提案に北朝鮮は公式な反応をみせておらず、国営の朝鮮中央テレビもこの問題に触れていない。北朝鮮としては韓国の同盟国・アメリカの出方もにらみながら慎重に対応を検討するかとみられる。

2017年7月6日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
朝鮮中央テレビはICBM「火星14号」の発射映像を公開した。ミサイル運搬車の傍らには金正恩朝鮮労働党委員長がいるのがわかる。金氏は「独立記念日(4日)のアメリカへの贈り物だ」などと話している。この夜ミサイル発射成功を祝い、ピョンヤンでは舞踏会が催された。これに対しアメリカは米韓両軍による地対地ミサイル合同発射訓練を実施、韓国国防省も韓国軍戦闘機がピョンヤンを攻撃するCGを作成しYouTubeにアップした。今回の「火星14号」は「火星12号」の改良版とされているが、飛翔距離などは伸びている。一方、安倍晋三首相はG20サミット出席のために羽田空港を出発、「国際社会が緊密に連携して対応していく」と述べた。

2017年7月5日放送 16:35 - 18:00 NHK総合ニュース シブ5時(ニュース)
アメリカの独立記念日、アメリカで最大の花火大会が行われた。さきほど北朝鮮は朝鮮中央テレビを通じて弾道ミサイルの発射映像を公開。発射の際の映像は何度も繰り返し放送された。その後、ミサイルに搭載したカメラで撮影したと見られる映像が映し出され、1段目と2段目分離と朝鮮語で画面に表示された。満面の笑みの金正恩委員長、アメリカの独立記念日に合わせて発射したことに言及し、”アメリカはわれわれからの贈り物を不快に思うだろうが今後も大小の贈り物を頻繁に贈ろう”と述べたという。また昨夜は首都・平壌の様々な場所に学生らが集まり踊る様子も放送された。ICBMの発射実験に成功したという北朝鮮。防衛省によるとミサイルは東に約900キロ飛行し、日本のEEZに落下したと見られている。比較的高い軌道を取るロフテッド軌道で発射され、高度は2500キロを大きく超えたと推定されている。アメリカは強く反発している。トランプ大統領はツイッターに”北朝鮮がまたミサイルを発射した。この男はほかにやることが無いのか”とツイート。ティラーソン国務長官は声明で”北朝鮮のICBMの発射を強く非難する”としてICBMが発射されたという認識を示した。安倍首相はあさってドイツで開催されるG20にあわせ、日米韓の首脳会談など北朝鮮への対応など意見交わす予定。また韓国ではミサイル発射への対抗措置として米韓のミサイル舞台が合同の軍事演習を行った。ムン・ジェイン大統領がミサイルへの確固たる対応姿勢を北に見せる必要があるとして指示し、アメリカのトランプ大統領も承認したという。日米韓は国連安保理での緊急会合を開くよう要請、日本時間あす早朝に開催される予定。

2017年7月4日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
北朝鮮がけさクソン付近から弾道ミサイル1発を発射、約40分間(約900キロ)飛行し日本海の排他的経済水域内に落下したとみられる。午後、国営メディアが「特別重大報道」としてキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が視察する写真などと共に”大陸間弾道ミサイルの発射実験に成功”と成果を強調した。ピョンヤン市民はこれを称賛した。安倍首相は北朝鮮の驚異が増したと指摘、トランプ大統領は北朝鮮を非難し「中国が対応するだろう」と述べた。その中国も北朝鮮を非難した。防衛省はロフテッド軌道で発射し、高度は2500キロを大きく超えると推定した。専門家はこれまでのミサイルと比べ「飛距離などからICBMの開発がいっそう進んだ」と指摘している。一方アメリカは中距離弾道ミサイルという見方を示すも、国防省はICBMぼ能力があるかどうか詳しい分析を継続するとみられる。稲田防衛相は「ICBMかどうかは分析中」と説明した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.