[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ピョンヤン(北朝鮮)」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

北朝鮮の創設記念日が25日に迫る中、世界でさらなる懸念と緊張が高まっている。長崎県の佐世保基地では今朝、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」が出港。朝鮮半島周辺地域に向け航行の米空母と合流し共同訓練を検討している。共同訓練の狙いについて元海将は「日米の関係がしっかりしていることを政治的に見せる一つの軍事的手段。」と述べた。北朝鮮は去年軍の創設記念日の2日前にSLBMを1発発射しており、今月16日に撮影された核実験場で、アメリカの研究グループは「バレーボールの試合が行われているようだ。」として核実験場が待機状態に入った可能性を指摘する一方、ピョンヤンからの命令が下ればいつでも6回目の核実験を行える状況に変わりないとしている。政府は今日、都道府県の危機管理担当者に臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際住民が取るべき行動について説明した。内容は、屋外ではできるだけ頑丈な建物や地下街に避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなど。また総務省消防庁の担当者は「弾道ミサイルが飛来するおそれの場合Jアラートを通じ直ちに情報伝達すると説明、その上で弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力し早期に行うよう要請した。
国連の安全保障理事会は16日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を避難する声明を全会一致で発表。当初アメリカが作った草案で「朝鮮半島の非核化と平和的解決目指す」とする部分で「対話を通じて」とする文言が削除され、ロシアが意義を唱えた。その後の調整でアメリカがロシアの主張を受け入れ、「対話を通じて」という文言が加えられた。ヘイリー国連大使は「誰もミサイル発射や核実験を望んていないと明確にした。制裁や他の手段の検討もあり得る。」と述べた。一方トランプ大統領は「習主席を尊敬している、この問題に懸命に取り組むと確信する。」として制裁徹底などで北朝鮮に圧力を強めるよう中国に一層対応を促した 。岸田外務大臣は今日の衆院外務委委員会で韓国側の警戒態勢について「現時点で韓国軍の警戒等のレベルが上げられたということは承知しておらず、 平素の体制が維持されていると説明を受けている。」と述べた。北朝鮮の核ミサイル問題については来週25日に東京で日米韓3か国の政府高官による協議が行われることになった。6か国協議で首席代表を務める3人が、北朝鮮情勢に関する認識共有し連携を確認していく方針。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月27日放送 19:00 - 19:30 NHK総合NHKニュース7(ニュース)
アメリカ国防総省はICBMの迎撃実験を来週実施する。実験は3年ぶり。1999年以来17回実施され、成功9回、失敗8回。北朝鮮がICBM開発を進める中、ミサイル防衛システムの精度向上も狙う。ICBMを想定した迎撃実験は初めて。年内に迎撃ミサイル8基を新たに配備し、計44基にする。

2017年5月16日放送 23:15 - 23:55 NHK総合ニュースチェック11(CHECK 政治・国際)
韓国のムン・ジェイン大統領とアメリカのトランプ大統領が来月末にワシントンで首脳会談を行なうことになった。両首脳が北朝鮮問題に関しどのような姿勢を打ち出すか注目される。

2017年5月15日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
北朝鮮の国営テレビでは「中距離弾道ミサイル火星12型の発射に成功した」と告げ、何度も繰り返し発射の様子を放送した。通常よりも角度を上げて打たれているのが、わかるロフテッド軌道が番組の画面には映っていた。専門家は「開発が少しずつステップアップしている印象」とし、先月のピョンヤンでの軍事パレードでお披露目したミサイルと今回のミサイルは同じものと思って間違いないという。韓国軍の合同参謀本部は今日の会見で引き続き慎重に分析を進める姿勢を強調。一方で北朝鮮がミサイルを大気圏に再突入する技術を確保したのではないかという質問に対しては、現時点では否定的な見方を示した。
菅官房長官は「緊張感を持って臨んでいる」とし、岸田外相は「アメリカとともに関係国と連携、圧力を強化していく」と話した。アメリカのヘイリー国連大使はアメリカの番組で新型ミサイル発射を厳しく批判した。国連安全保障理事会では日本時間あさって、緊急会合の開催する方向で調整。日本・アメリカ・韓国の3か国は北朝鮮の発射を厳しく非難する声明の採択を目指すとしている。一方で北朝鮮の最大の後ろ盾の中国、ロシアは圧力よりも対話を重視している。北朝鮮のミサイル開発を阻止する国際社会の結束が問われている。

2017年5月15日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(トップニュース)
北朝鮮・亀城付近で捉えた画像について、韓国メディアは「移動式ミサイルの発射台が起立した状態」と発射きのう、午後5時半ごろにミサイルを発射した。菅官房長官が「約800km飛行した後に日本排他的経済水域の外側に落下したとみられる」と発表した直後、安倍首相は取材に応じ「断じて容認できない」などコメントした。朝鮮中央通信はきょう、「新型中長距離ミサイルの発射が成功した」と、金正恩委員長が指導のもと行われたという。高度2000kmでは例の国際宇宙ステーションよりも上を飛びこえる距離で、今回は「ロフテッド軌道」といい高い角度で打ち上げられたこととされ総撃されにくい特徴があり、アメリカ本土への攻撃を可能としている。米韓軍事演習を牽制かするかなどの如く同時に発生しつつも、 関連付けるミサイル発射だった。そして今年最も重要とされる「一帯一路サミット」が開幕され、世界130カ国の政府関係者らが出席。また文在寅大統領が就任してわずか4日後に、緩和ムードを壊してしまい、トランプ大統領は厳しい制裁強化を全ての国に呼びかけた。対話の緒も探す北朝鮮外務省は、「条件が整えば対話する」と話した。今年1月金正恩委員長は「大陸間弾道ミサイルの試験発射準備は最終段階に入った」など言葉を語っているという。

2017年5月15日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
今回のミサイル発射は、トランプ政権発足後7回目となり、北朝鮮が挑発行動を止めないことに苛立ちを強めているとみられている。米国内の専門家からは北朝鮮が今回の発射で高い技術を見せつけたとして、アメリカが警戒する大陸間弾道ミサイルの開発で重大な進展となった可能性があるという指摘もあるという。ホワイトハウスの報道官は声明を出し、ロシアが喜んでいるとは思えないと強調している。トランプ大統領の今後の対応については、対話路線に舵を切る可能性は低いとみられる。トランプ政権としては、引き続き外交や経済的な圧力を強めて国際的な包囲網を築き、北朝鮮が行動を変えるかどうか見極めていく方針だという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.