[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ゴッホ」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:57 フジテレビ
その原因、Xにあり! 死を招くサインを見逃すな!有名人を襲った病気SP

これまで4回のがん手術を経験してきた鳥越俊太郎。そのがんよりも前に、耳鳴り・難聴など、謎の病に苦しめられていたという。耳鳴り・難聴が悪化し続ける中で、激しいめまいにも襲われた。鳥越俊太郎は病院へ。医師からはメニエール病だと告げられた。メニエール病とは、耳鳴り・難聴・めまいなどの症状が伴う耳の病気で、ゴッホもメニエール病に苦しめられた。虎の門病院の熊川孝三先生は、「メニエール病は内耳の異常で起こる病気」と話した。メニエール病の原因は、未だ完全に解明されておらず、完治は難しい。
メニエール病は、ストレスが大きな1つの原因。ストレスの影響を受けやすい細かな人がなりやすいという。鳥越俊太郎は内耳のリンパ液を取り除く手術を受け、耳鳴り・難聴の症状は続いているもののめまいの頻度を抑えることができた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月18日放送 19:53 - 20:54 テレビ東京世界!ニッポン行きたい人応援団世界!ニッポン行きたい人応援団
浮世絵を愛してやまないブノワさんを日本に招待。報告を受けたブノワさんは涙を流して家族と喜んだ。それから3週間後、成田国際空港に到着。翌日、初めて生で隅田川を見たブノワさんは茨城・常総市の浮世絵の工房・渡辺木版へ。彫師の渡辺和夫さんと摺師の吉田秀男さんはコンビを組んで50年以上、主に江戸時代の浮世絵を手がける。ブノワさんは工房の浮世絵を見学した。
近年は北斎とドラえもんのコラボ版画など新しいモチーフの作品も製作しているという。ブノワさんは歌川広重が好きだと話し、渡辺さんは広重作「大はしあたけの夕立」を特別に制作した。大はしあたけの夕立は広重の最高傑作のひとつ、ゴッホも模写した。この日は重要な部分をブノワさんのためだけに見せる。伝統的な浮世絵はまず地墨で輪郭を摺る。そして木版画の鍵は水。版木を水で濡らし水で溶いた絵の具と糊を加える。紙は越前の手漉き和紙。湿らせた和紙に摺ると繊維まで絵の具が浸透する。
全部で25摺り。使う色は17色。和紙や版木は季節などによりわずかに伸び縮み。摺師は見当を削ったりして合うように調整する。そしてここから摺師最大の見せ場。それは当てなしぼかしとよばれる高等技法。いよいよ大はしあたけの夕立の主役の雨。そこには雨の激しさを表現する広重ならではの工夫が。まず渡辺さんが雨の彫りを見せた。激しい夕立を表現する秘密は、版木全体の黒い絵の具。さらに雨の角度が違う2枚の版木を重ねる。ここでブノワさんが摺りに挑戦。

2017年5月15日放送 19:00 - 19:54 テレビ朝日世界ルーツ探検隊龍馬&フェルメールのミステリーを写真のルーツを辿って解明SP
葛飾北斎やフェルメールと「写真」の関係について本郷和人教授が解説。北斎といえば「冨嶽三十六景」で知られる浮世絵師でゴッホをはじめ世界中の画家に影響を与えた。昨年はオランダで新たな水彩画も発見された。フェルメールといえば「真珠の耳飾りの少女」が有名で、改めて見ても写真のようにリアルな絵。どのように描いていたのか。
一方、フランスを取材中の宮崎香蓮は現存する最古の写真があるブルゴーニュ地方へ向かった。保管されている場所の近くに実際に写真が撮影された場所もある。撮影したのは発明家のニエプスで、当時の画家が使っていた「カメラ・オブスキュラ」という道具を改良し自分でカメラを作ったという。この道具は目の前の風景が箱に写し出され、それをなぞれば精密な絵を描ける道具。
宮崎は当時カメラ・オブスキュラが流行したというイタリアへ向かい、コッレール博物館で実物を見学した。景色をスクリーンに投影し、なぞればリアルな絵を描けるため、当時「絵画は死んだ」と言われるほどのものだった。
宮崎は次にフェルメールの故郷、オランダへ。マウリッツハイス美術館で専門家に話を聞くと、フェルメールはカメラ・オブスキュラが使っていたと考えられるという。「真珠の耳飾りの少女」も肩の部分がカメラのようなピンぼけになっていたり、謎は解明されていないがどこにいても描かれた女性と目が合うように見える。
デルフト フェルメール・センターでもフェルメールの作品を見比べると、「牛乳を注ぐ女」「音楽のレッスン」などの作品で左に窓がある(構図が同じ)ものだった。カメラ・オブスキュラを決まった位置に置き、描くものを変えたと考えられ、実際にフェルメールが使ったカメラ・オブスキュラも再現されていた。
一方、葛飾北斎の「富嶽百景 さい穴の不二」には節穴を通って部屋の障子に写る逆さまの富士山を見て人々が驚いているさまが描かれていて、北斎がピンホール現象を知っていたことを裏付ける。江戸時代のオランダ語の辞書にはカメラ・オブスキュラも載っており、「詩歌写真鏡 木賊刈」という作品すらある。北斎もカメラ・オブスキュラを使ったかもしれない。

2017年5月7日放送 1:00 - 1:30 テレビ朝日chouchou(浮世絵)
歌川広重は、東海道五十三次が大ヒットし、安政の大地震の1年後に名所江戸百景を描いた。歌川広重の浮世絵を、ゴッホは模写している。

2017年5月4日放送 3:40 - 4:10 NHK総合所さん!大変ですよ日本人が大好きな 桜をめぐる”大事件”
所ジョージの家には桜が咲いていると明かした。海外では桜に似ているアーモンドの花の人気があり、シチリア島ではアーモンドの開花に合わせて2月に花まつりが催される。フィンセント・ファン・ゴッホもアーモンドの花の絵を残している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.