[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ゴッホ」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:57 フジテレビ
その原因、Xにあり! 死を招くサインを見逃すな!有名人を襲った病気SP

これまで4回のがん手術を経験してきた鳥越俊太郎。そのがんよりも前に、耳鳴り・難聴など、謎の病に苦しめられていたという。耳鳴り・難聴が悪化し続ける中で、激しいめまいにも襲われた。鳥越俊太郎は病院へ。医師からはメニエール病だと告げられた。メニエール病とは、耳鳴り・難聴・めまいなどの症状が伴う耳の病気で、ゴッホもメニエール病に苦しめられた。虎の門病院の熊川孝三先生は、「メニエール病は内耳の異常で起こる病気」と話した。メニエール病の原因は、未だ完全に解明されておらず、完治は難しい。
メニエール病は、ストレスが大きな1つの原因。ストレスの影響を受けやすい細かな人がなりやすいという。鳥越俊太郎は内耳のリンパ液を取り除く手術を受け、耳鳴り・難聴の症状は続いているもののめまいの頻度を抑えることができた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月14日放送 14:00 - 14:04 テレビ朝日東京サイト東京サイト
上野公園の東京都美術館では、マサチューセッツ州にあるボストン美術館の至宝80点を集めた「ボストン美術館の至宝展 ~東西の名品、珠玉のコレクション」を開催中。英一蝶の「涅槃図」、フィンセント・ファン・ゴッホの「郵便配達人ジョゼフ・ルーラン」などが展示されている。

2017年8月5日放送 3:55 - 4:25 テレビ朝日イベ検(イベ検)
ボストン美術館の至宝展の宣伝。10月9日まで東京都美術館で開催中。イベント情報は「テレビ朝日 イベント」で検索。

2017年8月4日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットカトシゲのTOKYO今昔写真館
北斎をはじめとする浮世絵画家たちは海外の画家に影響を与えてきた。そこで、「江戸時代に日本で描かれた浮世絵はどうやって海外に伝わった?」という問題を出題。

2017年8月2日放送 11:05 - 11:54 NHK総合ひるまえほっと(各地の話題)
セザンヌの絵を元に作られている立体で楽しむ 名画の世界。青木さんを訪ねる。20年前から名画を立体的に再現する作品を作っている。キャンパスい閉じ込められた平面の絵画をもう一度、立体に起こし直したらおもしろいと思って始めたと。すべてベニヤ板から作られている。木枠も同時に展示している。青木さんの代表作。与謝蕪村の夜色楼台図を立体化した作品。ゴッホのアルルの寝室は思い入れのある作品になった。アルルの寝室はゴッホ自身の寝室を描いたもの。立体的に作ってみないと気付かなかったこともあるという。青木さんが力を入れているのが、全国各地の幼稚園で立体作品を使った催しを行っている。ジャングルをモチーフにしたジャングルボックス。参加者にジャングルにいそうな動物を作ってジャングルボックスに入ってもらう。それぞれの家族によるオリジナルのジャングルボックスになる。青木さんの作った作品は群馬県立近代美術館で見れる。今月27日まで展示されている。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.