[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「フジテレビ」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ
新・週刊フジテレビ批評 THE 批評対談

LGBTは「Lesbion」「Gay」「Bisexual」「Transgender」の頭文字をとった略だ。日本のLGBTの人口比率は7.6%にあたる。永田氏は、GAPで働いていた時に、自由な社風の中で同僚にゲイであることを徐々にカミングアウトしたと話した。永田氏はカミングアウトしたあとに、カミングアウトしないことがストレスになっていたことに気づいたという。GWに行われた東京レインボープライドには今年は11万人が参加したと述べた。
LGBTはレインボーカラーをシンボルとしている。これはグラデーションが性の多様性を象徴しているという。渋谷区では渋谷区の花を6色にデザインしたマークを職員がつけている。LGBTは横文字が多いと言われると永田氏はその理由を、自分たちで自分たちの名前を定義して発信する中でそのようになったと思うと述べた。永田氏は、ダイバーシティの中に男女平等とLGBTがあり地続きの問題だとの思いを強くしながら情報発信に取り組んでいると述べた。パートナーシップ証明書があれば、部屋を借りたりパートナーが入院した際の許諾書にサインするなどができるよう区から要請することを念頭に置いているという。
同性愛者と聞くとベッドの上のことだと捉えられがちだが、社会性そのものであるということを理解していただけたらと話した。渋谷区では電話相談や、企業などがLGBTについて考えてもらえるセミナーなどを行っているという。当事者がカミングアウトするのが難しい状況の中ではストレート・アライの方々にレインボーの旗をつけていただければと話した。アライとはLGBTの支援者・支持者の異性愛者を指す。

住所: 東京都港区台場2-4-8

URL: http://www.fujitv.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月23日放送 1:25 - 1:30 フジテレビ夜のアナウンサー研修(オープニング)
この番組の趣旨の説明。フジテレビの新人アナ4人が、ちょっと緊張する有名人と、2人きりの空間を通して、アナウンサーに大事な対応力を学ぶ。

2017年6月22日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング(かすみ&ひろゆきのプロは見逃さない芸能ニュース)
勝新太郎さんは1931年東京都深川生まれ。1954年映画「花の白虎隊」でデビュー。1960年「不知火検校」で注目を浴び、「座頭市」「悪名」シリーズで人気を不動に。日本で一番ギャラの高い俳優と言われていた。「悪名」撮影時のギャラは1本500万円。現在の価値にすると1億円近い。1974年「座頭市物語」の第2話で勝新太郎さんと共演したのが当時7歳の坂上忍。坂上さんは「僕鮮明に覚えてる。昔の京都の大映で、勝さんの立ち回りを目の前で見た。勝さんは座って見てて自分でなおして本番。この人すごい人なんだってその時初めて分かった」と話した。山本譲二さんは「平和島の競艇場で2回ほど。1回目は挨拶だけで、2回目は呼ばれて金貸してくれ、冗談だよと言われた」と話した。
勝新太郎さんといえば、芸能史に残る破天荒記者会見。1990年1月、勝新太郎さんはハワイ・ホノルル国際空港で下着の中に薬物を所持していたとして現行犯逮捕された。しかし、機内で人から渡されたものを思わず、パンツの中に入れたと主張。前代未聞の会見が開かれた。薬丸裕英さんは「この会見は覚えてる。こういう大人の人いるんだと思った」「本来まかり通らない」などと話した。山根弘行さんは「裁判が92年3月にあったが、入る前に看守に向かって、今日の入りはどうかねと言ったところ、看守も超満員ですと言ったという話もある」と述べた。
1996年11月、勝新太郎さんは会見で下咽頭がんを患っていることを公表。「タバコは吸いたくなくなった」と話していた勝さんだが、会見が進むと、タバコを吸い始めた。また、お酒も禁止するように言われているが、ビールの味がかわり、もうオレンジジュースだからと話した。勝さんががんでこの世を去るのはこの会見から7ヵ月後のことだった。坂上忍さんは「やっぱり僕らも時代のせいにしちゃいけない。真面目ぶっててもだめだから、僕とか後藤くんも喫煙者だからタバコ吸いながらするくらいじゃないと」と言うと、後藤さんは「坂上さんが先に火をつけたら僕もつけますよ」と答えた。また、井上広法さんは「見ていて清々しいくらい気持ちが良いですね。特に現代の我々からしたら閉塞感がある。実に清々しく、勝新太郎さんが勝新太郎をなりきってる。また破天荒というのは無茶苦茶という意味ではなくて前人未到のことをやることを言う。だから藤井四段は破天荒なんです」とコメント。
勝新太郎さんは多くの有名人に慕われていた。石原裕次郎さんとは「きょうらい」と呼び合う仲だった。2人はお酒の席で大喧嘩を始めてしまい、頃合いをみて、裕次郎さんは「いい芝居だったな、きょうらい」と言い、勝さんも「ああ、いい芝居だったな」と答えた。その後普通に仲直りしたそう。これは周囲の人への気配りだった。小堺一機さんは勝新太郎主催の映画セミナー「勝アカデミー」の1期生。小堺さんは去年フジテレビの番組でエピソードを話した。ある日食事に連れて行ってもらい、最高級の肉を一口食べた途端に吐き出して、いつからこんな肉を出すようになったんだこの野郎と一喝。店員さんは「調べさせて頂きます」と店の奥へ。勝さんはその時小堺さんに「今のが驚いた顔だよ。覚えとけ!」と伝え、店員には戻ってくると勉強させてもらった、ありがとうとお礼を渡したという。坂上忍さんは「中村勘三郎さんもこういう考えでしたよね」とコメント。あべかすみさんは「意外な方ではB’zの稲葉さんとの交流もあったそう。六本木でたまたまお店が一緒になって、稲葉さんに目が良い。俳優にならないかと声をかけた。勝さんはB’zの稲葉さんって分からなかった。その後、勝さんはご自身でチケットを買ってライブに通った。若山さんのお兄さんの形見のテンガロンハットをあげたそう」と述べた。

2017年6月22日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
30年ぶり快挙となる28連勝を達成した最年少プロ棋士・藤井聡太四段(14)についてトークを展開した。杉本昌隆が「重要な対局だったが全くいつもと変わらず将棋を指していた。普段の練習将棋と同じくらいのびのびと指していた」など話し、八代英輝が「前回はあと一手で負けるところまで追い込まれたわけですよね。逆に言うと相手の方はそこまで追いつけ負けてしまった悔しさはすごいあると思う」など話した。
杉本昌隆が「どの棋士の方も得意にされている形があるので、そういう先輩方の良いところを吸収しようという気持ちなんでしょうね」など話し、野村忠宏が「すごいなという選手は一杯いたが憧れているからこういう選手になろうというのは自分の中になかった」など話した。
杉本昌隆が「最近、技術的なことは逆に彼に教わっています。一緒にいるとすごく勉強になります」など話し、恵俊彰が「杉本さんも謙虚だからこういう所がきっと藤井さんも居心地が良いかもしれないですよね」など話した。

2017年6月22日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビ(天気予報)
フジテレビ1Fより関東のきょうの天気予報を伝えた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.