[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「国民戦線」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日
スーパーJチャンネル (ニュース)

観光客で賑わう場所で起きた発砲事件。響き渡る銃声で現場は一時騒然となった。20日夜9時前、フランス・パリの中心地シャンゼリゼ通りで起きた。警察車両の横に向け突然男が発砲したという。この銃撃戦で警察官1人が死亡、3人が負傷。男は現場で射殺された。この銃撃に関連し、イスラム国は「戦士の1人だ」と犯行声明を出した。フランス当局はこの男を以前からマークしていて、フランス政府はテロ事件として捜査をしている。現地メディアによると容疑者はパリ近郊に住む39歳のフランス国籍の男だと報じられている。フランス国内では23日に大統領選の第一回投票を控えていて繁華街の警備は普段以上に厳しかった。また候補者たちは21日に予定していた選挙活動の中止や変更を発表している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月11日放送 4:20 - 4:30 NHK総合視点・論点フランス大統領選挙で問われたもの
フランス大統領選挙でマクロン次期大統領が決まった。マクロン次期大統領は39歳というフランスで最年少の大統領だと伝えた。トランプ大統領のようなポピュリストが政権につく事態は避けられたと伝えた。今回の選挙の主役は極右の国民戦線のルペン氏で、保守派が動揺して、その結果としてマクロン次期大統領の票が伸びたと伝えた。フランス国民からすると消極的な投票で、棄権率が高い選挙だったと指摘した。第一回の投票では4人が混戦という状態だった。大政党への不満の形として極右が伸びたと伝えた。こうした中で既成政党から離れたルペン氏とマクロン次期大統領が残った。
既成政党へのアンチテーゼはフランスの政党政治への疑問を投げかけていることになる。そこでマクロン次期大統領がどのような政治を行うのか注目だと伝えた。ただマクロン次期大統領の支持基盤は盤石ではないので不安要素がある。ルペン氏は34%近くの票を得ており、極右政党の伸びがあることに違いはないと伝えた。しかしフランスではポピュリズムが抑えられて、理性の勝利だと渡邊啓貴は語っている。今回の投票の意義はポピュリズムの拡大に限界があることが判明したということだと伝えた。

2017年5月8日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!JNN NEWS
フランス大統領選の決選投票で、中道・無所属のマクロン氏が勝利。超党派の支持を集めた。パリ市内からの中継では、開票開始直後に当選が報じられ、支持者の集会には1万5000人以上が集まっていたと紹介した。投票結果は投票率74.7%、マクロン氏の得票率が65.8%、極右・国民戦線のルペン氏が34.2%と2倍近い大差となった。ルペン氏は落選の報道直後に自らの陣営で会見し、相手候補の勝利をたたえたいと述べて事実上の敗北宣言となった。フランスでは6月に国民議会選挙があり、国民戦線が躍進するとの予測もある。

2017年5月8日放送 9:50 - 11:25 フジテレビノンストップ!ノンストップ!タブロイド
きのうフランス大統領選挙が行われフランス史上最年少のエマニュエル・マクロン候補。女性初の大統領を目指すマリーヌ・ルペン候補の2人が決選投票で争った。大統領になったのはエマニュエル・マクロン氏。今日の午前4時には勝利宣言を行った。彼を支えたのは25歳年上のブリジットさん。出会いは当時生徒と教師で、ブリジットさんは既婚者だったという。

2017年5月8日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビめざましNEWS ON
フランス大統領選の決選投票で開票作業が始まり、中道・無所属のマクロン氏が当選確実となった。国民戦線のルペン氏は及ばなかった。現在39歳、フランスで最年少の大統領となる。国民戦線は来月の国民議会選挙で議席を2から最大60まで伸ばすとしており、マクロン氏は厳しい政権運営を迫られるとの見方もある。

2017年5月8日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアニュースアクア430
フランス大統領選では国民戦線のルペン氏が決選投票で破れ、フランス初の女性大統領は誕生しなかった。パリ12区の陣営前から中継、会見は一部メディアを除きシャットアウトされていると伝えた。会見の映像を紹介、「選挙に負けたが党の成長につながった」「戦いはこれから」などと強調している。広報担当者からの声明にも同様の主張がみられた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.