[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「フランス大統領選挙」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 フジテレビ
みんなのニュース (ニュース)

パリの町を再び襲ったテロの恐怖。日本時間午前4時ごろ、フランス・パリ中心部のシャンゼリゼ通りで事件は起きた。警察車両の横に車を止めた男が下りてくるなり、自動小銃で襲撃。警察官3人が撃たれ、1人が死亡2人が重軽傷を負った他、オランダ人の女性の観光客1人が軽傷。世界的な観光スポット・シャンゼリゼ通りで起きた銃撃事件、犯行に及んだ男は警察により射殺。事件後わずか数時間で出た「イスラム国」の犯行声明。実行犯の男はこれまでに当局のテロ捜査で名前があがっていた人物だったということだ。パリでは2年前にもコンサート会場などを狙ったテロで129人が犠牲となったこの事件でも「イスラム国」が犯行声明を出していた。フランス大統領選挙を2日後に控えていたフランス。今回現場となったシャンゼリゼ通りは日本人も多く訪れる人気の観光地。旅行会社のH.I.S.によると今年のパリへの旅行者は前の年の約1.5倍と人気になっていたという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月27日放送 23:15 - 0:22 NHK総合ニュースチェック11(CHECK 国際)
フランス大統領選。来年閉鎖される予定の家電メーカーの工場で国民戦線のルペン候補と無所属のマクロン候補が支持を呼びかける場面があった。

2017年4月27日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル新着 いま何が?
フランスの大統領選挙で、有力候補とされるマクロン候補が生まれ故郷であるアミアンの家電工場で従業員からやじを受けた。閉鎖が決まっているこの工場にはライバルのルペン候補が直前に予告なしに訪問しマクロン氏が野蛮なグローバル化を推進していると批判していた。世論調査で劣勢とされるルペン候補のなりふり構わない姿勢が浮き彫りになっている。

2017年4月26日放送 22:00 - 22:25 NHK総合クローズアップ現代+選挙とフェイクニュース〜揺れるヨーロッパ〜
2人の候補による決選投票にもつれ込んだフランス大統領選挙。1回目の投票で1位になったのは移民に寛容な姿勢を示すマクロン前経済相。いっぽう2位になったのは自国第一主義をかかげ移民受け入れに否定的なルペン候補だった。選挙中に飛び交ったフェイクニュースでは、移民に対して不安を煽るものが次々と現れていた。こうした情報が投票に影響を及ぼすのを防ごうとジャーナリストが組織を超えて連携する取り組みを始め、クロスチェックというプロジェクトを30以上の団体が共同で立ち上げた。

2017年4月26日放送 11:13 - 11:35 テレビ東京Mプラス 11(マーケット情報)
直居敦は後場の投資戦略について、アメリカ株式相場が力強さを取り戻しつつある、背景にはフランス大統領選挙などがある、東証一部の空売り比率をみると急低下しているのがわかる、買い場を探していた投資家が待ちきれず出て来たという見方もあるなどとした。注目は日本電産の動き、今期2桁増益できょうは若干売られている、またアメリカのキャタピラーがすごい決算を発表し株価が8%近く上昇している、これによりコマツなどが買われているなどと述べた。

2017年4月26日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(エンディング)
きょうの経済視点。池田雄之輔は”政治⇔経済”とし、政治によって経済に影響があるが経済から政治に影響があることも考える必要がある、金融危機後の景気の悪さが民衆の不満につながってきている、フランス大統領選などをみても流れが変わってきているなどとした。藤戸則弘は”再びリスクオン”とし、今年の最大のリスクは欧州の政治だと思っていた、フランスもクリアしそうで金融株が急騰しているなどと述べた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.