[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ローマ法王」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:15 - 6:30 TBS
JNNニュース JNN NEWS

トランプ大統領は、20日にサウジアラビアを訪問した後、22日にはイスラエルでネタニヤフ首相、翌日にはパレスチナ自治政府のアッバス議長と個別に会談し、中東和平交渉の再開に向けた道筋を探ることにしている。24日にはバチカンでローマ法王と会談する予定で、イスラム教、ユダヤ教、キリスト教の3つの宗教の中心地を訪れることになる。トランプ大統領がFBI=連邦捜査局のコミー前長官を電撃的に解任した翌日の10日、ロシアのラブロフ外相らに「ロシアを巡る圧迫感が取り除かれた」と語っていたとニューヨーク・タイムズなどが報じた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月27日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
トランプ大統領の初外遊をまとめた。ロシアゲートの騒動が続く中での外遊となったが20日にはサウジアラビアのリヤドを訪れワリード王子やサルマン国王などと対面していた。サウジは約12兆円もの武器を購入するということでトランプ大統領もご機嫌で何百億ドルの投資がやってくるなどと話していて、翌日には湾岸協力会議にも参加していた。そして演説では過激派対策のためにアメリカが敵を破滅させるのを待つことはできないなどとイスラム諸国が主体になることなどを主張していた。
そして2カ国目になるイスラエルではテルアビブ空港で専用機から降りたところで出迎えられレッドカーペットでメラニア夫人と歩くことになりトランプ大統領は手を繋いで歩こうとしたのだが夫人から手をはたかれ拒否される場面もあった。そしてトランプ大統領は聖地であるエルサレムの嘆きの壁に向かったのだがユダヤ教だけでなく聖地を巡り問題にもなっているということでこれまでの大統領は訪れたことがなかったという。こうして嘆きの壁を訪れさらに敬虔なユダヤ教徒がつける帽子のキッパもかぶりアピールしていた。こうしてネタニヤフ首相と会談しイスラエル寄りの姿勢を示したのだがパレスチナなどと問題になっているということで影響が懸念される。実際、23日にはアッバス議長が会見でイスラエルがパレスチナを国として認めていないなどと主張していた。
その後カトリックの総本山のバチカンを訪れたトランプ大統領だがフランシスコ法王と対面した大統領は「大変光栄です」などとかしこまっていた。以前法王はトランプ氏がキリスト教徒ではないなどと批判していて、トランプ氏も宗教指導者として恥ずべきことなどと反発していたこともあり2人の仲が懸念されていた。だが30分会談したといい、地球温暖化問題に批判的な大統領に環境問題に関する書物を贈るなどのメッセージを伝えたという。
こうしてそれぞれの宗教地域を訪問したトランプ大統領だったが本国のアメリカではロシアゲート問題で動きがあった。24日の下院公聴会でブレナン前CIA長官が証言していて、選挙期間中にトランプ陣営とロシア当局者が接触などをしていた機密情報に接していたことを証言した。こうして政権の不安があるトランプ大統領は外遊を成功させる必要があり、昨日から始まったイタリア・タオルミーナでのG7サミットでも結果を出す必要があるとしていた。

2017年5月26日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
ジャレッド・クシュナー大統領上級顧問、トランプ大統領が心から信頼する長女・イバンカさんの夫。ハーバード大学卒業で長身、不動産開発会社を経営していた。フランシスコ法王との初めての対面ではイバンカさんに続いて紹介された。けいけんなユダヤ教徒として知られエルサレムの「嘆きの壁」ではトランプ大統領につきっきりになる場面もあった。大統領の娘婿にして側近中の側近。この人物をロシアとの関係を巡りFBIが調べていると報じられている。クシュナー氏は去年12月ロシアの駐米大使などと接触していたことからFBIは重要な情報を持っていると見ている。「ロシア・ゲート」はアメリカ大統領選挙中にサイバー攻撃で選挙に干渉したとされるロシアとトランプ陣営を巡る疑惑。両者は連携していなかったか、FBIが捜査を行っていることを明らかにしている。クシュナー氏の弁護士は「クシュナー氏はこれまでもロシア側との接触について情報提供を申し出ていて要請があれば応じる」とコメントしている。
疑惑が深まったのはトランプ大統領初の外国訪問の最中。その表情にも注目が集まった。最初に訪れたサウジアラビアでは最大級のおもてなしを受けて上機嫌だったが、イスラエルではメラニア夫人と手をつなごうとすると公衆の面前で拒否されてしまっていた。次の訪問国イタリアでも手をつなぐことはなかった。そして初めて出席したNATOの首脳会議ではモンテネグロの首相を押しのけて最前列に出てきた。これについて各メディアが取り上げていた。報道陣が最も関心を寄せているのはロシアのことについて。しかし何も答えなかった。トランプ大統領初めての外国訪問はこの週末にすべての行程を終え、疑惑報道が加熱しているアメリカに帰国する。
「ロシア・ゲート」疑惑の次の山場は来月上旬コミーFBI前長官が議会公聴会で証言する意向を示している。内容次第では大統領弾劾の可能性の事態。ただ最後の訪問地で1ついいことがあった。メラニア夫人とようやく手をつなぐことができたとのこと。トランプ大統領がいま気になるのはモラー特別検察官、より独立性が高い捜査権限があり、真相解明のカギを握る人物。FBIの前の長官・コミー氏が書き残したトランプ大統領との会話のメモ。トランプ大統領がロシアゲートの捜査を打ち切るように言ったかどうかそのやり取りも含まえているのではないかとされている。

2017年5月25日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
トランプ大統領が様々な国を巡っている。昨日はローマ法王と初会談した。ローマ法王は最高司祭であり政治的影響力もある。これまでローマ法王を悪く言っていたトランプ大統領、会談冒頭でトランプ大統領はお会い出来て光栄ですと話すが、ローマ法王は無言だった。無言のワケには移民政策を巡るあつれきがあった。吉川美代子はスーツの前を留めるべきだったと指摘、これで品格の差が出てしまっていると話した。
会談の内容は明らかになっていないが、ローマ法王はヘルスケアについて詳しく言ったとされている。まさに校長先生から説教を受けているようなものだと話した。ローマ法王は平和の象徴とされるオリーブの木をイメージしたメダルと、環境保護の必要性を説いた自身の著作をトランプ大統領にプレゼントしていた。トランプ大統領からは黒人公民権運動を率いたキング牧師の著作の初版本をプレゼントした。また、ローマ法王は喋っているところを記録にとられたくない思いがあったのではないかと解説した。トランプ大統領は平和がいいですね、私にできることがあれば言ってくださいなどと話していた。吉川美代子は行間を読まなくていいと話し、深澤真紀は素直に感動したのだと思うと語った。トランプ大統領はツイッターでローマ法王に会うのは人生最高の名誉だとコメントしていた。JOYはあつれきがあったコメントとは別人だと語った。

2017年5月25日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビNEWS
ローマ法王との会談では移民政策や地球環境問題でトランプ大統領の発言に苦言を呈してきた法王の表情は終始、堅く、トランプ大統領がキング牧師の著書を贈り物として渡すと、法王は自ら環境保護の重要性を説いた文書を贈るなど距離感も目立った。トランプ大統領はNATO首脳会議でもテロ対策を取り上げ、仏大統領とも初会談する予定だが、地球環境問題で相違が残る中、対テロでどこまで各国と連携できるかが焦点だ。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.