[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「マイク・ペンス」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月17日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング今週のニュースな7問
元CNNキャスター・小西克哉氏はトランプ政権について、「新政権は4年以内に終わる!世界が大混乱!?」と予想を立てた。イギリスのブックメーカーによれば、4年持たない確率は2.7倍で、半年以内に弾劾裁判にかかる可能性は5倍、メラニア夫人と離婚するという確率は17倍だったという。政権崩壊の理由について、小西氏は「利益相反だとおもう。本来なら公職に付く場合はブラインドトラストといって第三者にビジネスを委任する。しかし彼は息子に譲ってしまっている。ビジネスの話をしないとは言っているが、どこかで飯を食うのは当たり前。時限爆弾がいつ出てくるかわからない」と述べ、その上で1974年に辞職に追い込まれたニクソン元大統領のことに触れて、「そのときの彼の72年の選挙は今でも覚えている。アメリカはほとんど共和党に投票、唯一マサチューセッツ州だけが野党に投票していた。そこまで勝っておいて弾劾裁判ギリギリあまで行くんですよ。トランプなんてもっとリスクが高い」とコメント。またトランプ氏が辞職した場合繰り上がりで大統領になる可能性の高い副大統領のペンスさんについて「共和党全体からすごく人気のある人物。ペンスがなった方が安心できるよねって人はたくさんいる」と語った。
トランプ氏を支持する人の中には「ビジネスマンだからこその利点がある」と主張する人も少なくない。アメリカ出身タレントのダニエル・カール氏は大統領選について「自分はトランプ氏にさほど好感を持っておらず、反クリントンでもあった。というより、今回の選挙はろくな人が1人も出ていなかった。もっと良いアメリカ人はいないのかと思っていた」とコメント。
トランプ政権の顔ぶれを伝えた。国務長官にはプーチン大統領と親しいことで知られるエクソンモービルCOOのレックス・テイラーソン氏、中小企業局長はプロレス団体WWEの元CEOリンダ・マクマホン氏、財務長官には元ゴールドマン・サックス幹部で選挙戦の金庫番スティーブン・ムニューチン氏がなどが内定している。小西氏が注目しているのは上級顧問兼首席戦略官のスティーブン・バノン氏と米通商代表のロバート・ライトハイザー氏の2人だ。スティーブン・バノン氏は右派のニュースサイト「ブライトバード・ニュース」を運営していた人物で、選挙戦では嘘ニュースなども流して暗躍。また白人至上主義でもあり、小西氏は「日本でいえばヘイトグループのトップが首相官邸に入るようなもの。アメリカ社会では黒人白人以外にもさまざまな分断があるが、人種的な偏見、差別を助長させるような出来事で、日本には直接関係がないようだが、アメリカのギスギスしたような感じは日本にさまざまな影響を与えてくるとおもう」とコメント。またロバート・ライトハイザー氏については「関税とか国境税をとるというアイディアを出している。保護主義を唱える人といえば、ほかにもピーター・ナヴァロとかいろいろ居るけれども、ライトハイザー氏の場合は特に相手国に対して輸出自主規制をさせる。日本は80年台、自動車産業がすべて輸出自主規制をさせられた。ライトハイザー氏はそれをあっ の国でやっている。これが本気になってやったら世界経済のプラスにならない」と話した。ちなみにライトハイザー氏は対中強硬派だが、これについては日本にとってはプラスになる可能性が高いとのこと。勝間和代氏は「中国の問題は為替。ドルと連動しているのでどこまで中国が強くなっても、相変わらず中国の為替が安いのでアメリカに輸出し放題。これについてトランプさんは『為替操作国』の名目でものすごく文句を言っている。世の中の色々な設備や富が全部中国に流れて行っちゃって、彼らはドルも死ぬほど持ってる。それが不公平だといっている。もしこれが対中国で競合できればアメリカも日本も景気が良くなる可能性がある」と述べ、輸入規制について「輸入規制があったために余計な競争をせずにすんで助かっていた側面もある。アメリカのメーカーが逆に輸出帰省に甘えてしまって全然育たなかった。それで何十年かは日本のメーカーがウハウハだった」と解説した。小西氏によれば、デトロイトが衰退したのもこの規制に甘えていたせいだという。

2017年1月15日放送 9:00 - 10:00 NHK総合日曜討論日曜討論
トランプ次期大統領はツイッターでの過激な発言を繰り返しており、5日にはトヨタ・カローラのメキシコ工場新建設を名指しで批判した。その後、豊田章男社長がペンス次期副大統領と会談し、アメリカへの今後5年間での1.1兆円の投資などを行うと発表している。
トランプ次期大統領のツイッターでの発言について聞く。熊谷亮丸は、大統領が民間企業に介入するのは筋の悪い政策である、日本政府は日本企業をバックアップするとともに事実関係を伝えること、原理原則を貫くことが必要などと答えた。安達誠司は、自動車と医薬品を重点的なターゲットとしている、成功すれば利益を生むことになると指摘した。藤崎一郎は、トランプ次期大統領は著書で高い球を投げる交渉の有用性をたびたび強調していると指摘した。中山俊宏は、個別の企業への制裁をツイッターなどを通じて呼びかけるような行動を起こす可能性もあると答えた。

2017年1月12日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(WBSニュース)
また、アメリカ政策を保護貿易主義に変えようとしていて、フォードやフィアット・クライスラーは、メキシコでの工場建設計画の撤回や変更をした。トランプ氏は、国外に拠点を移しても許されると思っている企業には高い関税をかけると述べた。さらに、中国・日本・メキシコとの貿易でアメリカは損してばかりとした。中国外務省は、中国とアメリカの経済・貿易関係は40年間発展してきた、もし一方だけに利益があるとすればこれほど成果は得られなかったと述べた。日本政府は、活発な貿易・投資は日米経済関係の活力の源泉、日本企業は米国の良き企業市民として米国民に認知されているとした。

2017年1月12日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
トランプ氏の会見はどんなものだったのか?始まったのは日本時間午前1時すぎ。選挙後64日経ってからだった。13分遅れで登場したトランプ氏は司会者やペンス次期副大統領の話が計6分あったため19分後に本人の話が始まった。「以前は毎日のように記者会見を行ったが、不正確なニュースがほんの少しあったのでやめてしまっていた」と日が経った経緯を説明し、続けて「たくさんの自動車メーカーが国内に戻ってくる。私は神が創りたもうた過去最高の雇用創出者になる」と言い放った。その後、質疑があり、その中で息子たちに事業を引き継がせることを説明した。その後は記者からの質問でロシアとの関係、ハッキング問題に質問が集中した。会見はトータル1時間3分、うち登壇は約42分だった。出演者は「2つ思ったことがある。1つは力尽ずくで政治を行っていくんだろうと感じた。2つ目は将来に対しての明るいビジョンを示していない。実利的な政治を目指している。元々、米メディアのほとんどが反トランプ。1vs多数の場にいたくないので、なるべく伸ばして就任前には1度は開かなくてはいけないので、今日まで来てしまったと思う」、「自分の本拠地でトランプさんの色で政治家に辟易している国民をよく意識して、十分練られた会見を行ったと思う。心配なのは政治のキャリアがないこの人が外交面で瞬間湯沸かし器みたいになったらどうかな」などと見解を述べた。

2017年1月12日放送 8:15 - 9:55 NHK総合あさイチNHK NEWS
メキシコの工場建設をめぐってアメリカのトランプ次期大統領に批判されたトヨタ自動車の豊田章男社長が10日、ペンス次期副大統領と会談した。アメリカで今後5年間に100億ドルの投資を計画していることや車の生産・販売を通じて多くの雇用を生んでいることなどを説明したという。アメリカ経済に貢献していることへの理解を求めることでメキシコの事業への影響を抑えたい考え。トランプ氏は11日の記者会見で「国外の工場で作られた製品の輸入に高い関税をかける」という従来の主張を繰り返している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.