[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「フリン前大統領補佐官」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび NEWS

コロンビアのサントス大統領との共同記者会見でトランプ大統領の口から飛び出した魔女狩りの言葉。去年の大統領選挙でトランプ陣営とロシアが共謀した疑惑、いわゆるロシアゲートを捜査する特別検察官に ムラー元FBI長官が任命されたことに苛立ちを隠せない様子だ。ロシアとの不適切な関係を巡って辞任したフリン前大統領補佐官への捜査を打ち切るよう求めた司法妨害疑惑については、まったく答える素振りをみせなかった。今回の特別検察官の任命については、ロシア側と接触していた当事者との非難を受け捜査には関わらないと明言しているセッションズ司法長官に代わり、副長官の・ローゼンスタイン氏が任命するという異例の自体となった。トランプ大統領は19日から9日間の外遊に出発した。
ロシアゲートとは、1974年のアメリカのニクソン大統領が自身に追い込まれた「ウォーターゲート事件」になぞられてネーミングされている。ウォーターゲート事件では、共和党の関係者が民主党関係施設で盗聴をしようとした事件だ。その後、ニクソン政権の捜査妨害が明らかになった。今回はトランプ陣営とロシアが共謀して民主党側へサイバー攻撃を行ったのではとの疑惑が持たれている。その捜査をしていたコミー前FBI長官にトランプ大統領が、フリン前大統領補佐官の捜査を止めるよう要請していたとの疑惑が浮上して批判が高まっている。学習院女子大学の石澤教授によると、ローゼンスタイン副長官が更迭されたり何らかの証拠が出た場合に世論の反発が予想され、弾劾裁判への流れも考えられるという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
トランプ政権にはロシアと通じている疑惑が持たれている。フリン前補佐官がロシア大使と密談していた疑惑がありFBIが捜査しようとしたところトランプ大統領がFBI長官を解任したため捜査妨害ではないかと疑惑が持たれ司法省がムラー氏へ特別検察官を任命した。特別検察官の任命は過去の政権にも大打撃を与えており、ウォーターゲート事件やクリントン大統領の不倫スキャンダルなどの例がある。トランプ大統領が自ら辞めるのか?については「居座るとは思うが求心力は落ちる」「韓国の前政権とダブる」などコメント。またロシアとの関係については「選挙期間中に取り引きを行っていたと言われている、表面化した場合は国内だけの問題ではない」などコメント。また特別検察官にムラー元長官が選ばれたことは全FBI捜査官の期待を担っているなどコメント。「トランプ大統領が支持率回復のために前例の無いことをしたり他国へ何らかの介入することにならなければ」ともコメント。また、一番考えられるのは北朝鮮への軍事行動だが、国内のスキャンダルを帳消しにするための軍事行動は軍部が受けられないと思う、とコメントした。

2017年5月22日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!ひるトク!
アメリカメディアのロシア疑惑スクープのわけはトランプ大統領周辺からの情報リークではないかと指摘されている。こうしたリークは様々出ている。春名氏は単純に辞めてほしいという気持ちがすごいのだと思うと話した。アメリカではスクープ合戦だといい、前嶋氏は批判的な内部の犯行だろうと述べた。またトランプ大統領支持のメディアFOXニュースは視聴率をかなり落としている。
一連の不支持についてコミー前長官の罷免が影響というものもいれば、トランプ大統領を救世主とする見方も相変わらずある。前嶋氏はトランプ大統領は意図的にリベラルメディアを攻撃することで支持率をあげてきたと述べた。竹内氏はロシア疑惑はかなり報道が面白いと語り、ゴシップ記事のような面白さがある一方本質的な所はどうなのかと思う所もあると話した。

2017年5月21日放送 12:00 - 12:55 テレビ朝日ビートたけしのTVタックル(北朝鮮&都政 外も内も問題山積み!?リーダーたちと安倍総理はどう駆け引きするSP)
アメリカは北朝鮮を攻撃するかについて、ゲストの富坂聰氏は、すでにトランプ政権はレッドラインを設けないとスパイサー報道官は言っているのでしないとの意見。ただ中国もアメリカも(北朝鮮を)必要悪と考えている、脅威があるからこそ武器を買ってくれるわけです、などと話した。辺真一氏は、アメリカにとって最も超えてはならないのがICBM(大陸間弾道ミサイル)で、北朝鮮がボタンをかけるときがトランプ政権は手をかけると思うと話した。富坂氏は97年でアジア通貨危機で韓国が打撃を受けた時にアメリカの資本家から支援を受けた、韓国経済が潤えばアメリカにとってリターンになるので、アメリカの資本家を怒らすようなことはできないと思うと、トランプ大統領が攻撃に踏み切れない事情について解説した。
富坂氏は、トランプ大統領は今自分で外交をやっているのか怪しい、2月にフリン前大統領補佐官が辞任した時点でほとんど彼が言っていた外交は死んでいる、と話した。辺氏は、それだけに非常に不安な状態、支持率も不支持の方が上回っている、アメリカの攻撃はないだろうという楽観論は、イラク戦争や湾岸戦争を挙げ、同盟国を考えたらやらないという考えはない、と主張した。
ビートたけしはなぜ核実験をしたがるのか、とっくにあらゆるデータを持っているはずと話すと、辺氏は北朝鮮は国際社会に信用されていないことが理由、持っていると言ってもはったりと思われると答えた。辺氏は仮に北朝鮮の核とミサイルが問題ならば、中国の核とミサイルも北にとって問題、北朝鮮が今やっていることは昔の中国のマネだと話した。有本香氏は、私達は北朝鮮は孤立していると思いがちだが、ヨーロッパなどから見ると観光客も増えているし友好国も多い、私達が見ている像以外にも違う像はある、と話した。

2017年5月21日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(ニュース)
”ロシアゲート”疑惑についてスタジオで検証した。ロイター通信はフリン前大統領補佐官を含む大統領陣営の幹部が大統領選挙期間中にロシアと18回接触していたことや、NSAを経由せずトランプ大統領とプーチン大統領が連絡を取る「裏ルート」の設置を協議したと報じている。上智大学 前嶋和弘教授はオバマ前大統領が解決できなかった「イスラム国」問題などをロシアと組むことで解決したいと考えているとし、新潟県立大学 袴田茂樹教授はロシアとのビジネスチャンスを模索していると指摘している。岡本行夫が大統領弾劾について説明した。岡本は特別検察官が大統領に忖度することはないとした上でハードルは高いと述べた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.