[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「マカオタワー」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:59 - 1:29 日本テレビ
日テレプッシュ (その時チャンスは舞い降りた!直前SP)

中国・マカオでバンジージャンプをしよう中村はマカオタワー地上233mの場所に立つ。ここに来た理由は「自分の人生の一大事…自分自身を変えたい」気持ちと説明。早速、世界一のバンジージャンプがスタート…その高さにスタジオも驚きの声をあげていた。ジャンプ後、中村は「体が軽くなりました…やって良かったです」とコメント。そして、秋葉原をぶらり歩いていただけの白結さんもバンジージャンプに挑戦。消極的な自分を変えたいとバンジージャンプスタート。ジャンプ後、白結さんは「景色が綺麗で壮観でした。」と笑顔となっていた。
今夜7時放送「その時チャンスは舞い降りた!」の番組宣伝テロップ。

URL: http://www.macautower.com.mo/eng/main.asp

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月12日放送 0:59 - 1:29 日本テレビ日テレプッシュ(その時チャンスは舞い降りた!直前SP)
その時チャンスは舞い降りた!過去の名場面をプレイバック!1つ目のチャンスは大人気アクティビティ「バンジージャンプ」。テレビでは罰ゲーム的な扱いでよく見かけるが最高のスリルと爽快感が病みつきになるという。「世界一高いバンジージャンプを跳べるチャンス!」を用意。ギネス記録を調べたところ、商業用バンジージャンプ施設として世界一なのはマカオタワー。1回のバンジージャンプにかかる値段は約6万円だが、旅費や施設代は番組が負担する。
今夜7時放送「その時チャンスは舞い降りた!」の番組宣伝テロップ。
日本でもあるが、世界一のバンジージャンプいうことでマカオまで行く。SHELLYは「行く人はいると思う。1回飛んだら永遠と世界一のバンジージャンプ飛んだと自慢できる」とコメント。
今回チャンスが舞い降りたのは上野・品川・秋葉原の3ヶ所。出発の便は午後9時5分発の便。2時間前に成田空港につくことを考えると午後6時までにチャンス獲得者に出会わないといけない。今回のチャンスは2枠。1組目は死ぬまでにやりたいことがバンジージャンプだという。しかしアルバイトの面接があるためチャンスをスルー。2組目は買い物途中の20代の女性。興味はあるという。ライブに行くためチャンスをスルー。18組目は韓国から観光に来ていた男性。働いたら負けと書いてあるTシャツを来ているオタクだというこの男性、月曜日から会社にいくということでチャンスをスルー。パスポートを持っていない人が多かった。63組目は先輩後輩の男性2人組。後輩は給料を持ち逃げされてしまったため前向きになりたいとチャンスを獲得。中村国聖さん35歳の答えはCMのあと。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.