[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「マグロの刺し身」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:15 - 5:40 NHK総合
小さな旅 富士の港 あたたかく〜静岡県 清水港〜

海に面した一角に定食屋があった。ここは港や周辺の工場で働く人たちの御用達。28年前から続く名物食堂だ。この店を切り盛りしている高橋智子さん。智子さんのこだわりは、ボリューム満点の煮魚定食に、サバ・アジ・イワシを骨ごと練った黒はんぺん。体力勝負の港の男たちを支える。朝5時半、智子さんは1人仕込みを始める。清水で生まれ育った智子さんがお店を始めたのは27歳の時、マグロ漁船でコック長をしていた夫・秀勝さんが智子さんの待つ港で店を出したいと、船を降り開店させた。早い・安い・腹いっぱいがお店のモットー。しかし去年秀勝さんは心臓を患い、長期間の入院を余儀なくされた。店の看板だったマグロの刺し身は今出すことが出来ない。秀勝さんが戻るまで店を守る覚悟だ。秀勝さんの煮汁の色を思い出しながら、その味に近づけるよう努力する日々。智子さんは「見よう見まね、でもなかなかお客さんには満足してもらえるかどうかそこがちょっと心配なんですけど、なかなか主人のようにはいなかいです」と話した。2日に一度は来るという常連さん。常連さんは「いつもながら美味しいです」とコメントした。心意気溢れる富士の港の風景。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月20日放送 8:00 - 9:25 TBSサタデープラスくらしプラス
和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港は日本有数のマグロの水揚げ量を誇る。紫吹淳が朝6時のマグロの水揚げを見学する。ここから全国の市場へ届けられる。地元の人のマグロの食べ方を聞くために漁港の隣りにあるにぎわい広場へ向かう。そこでは皮付きのマグロを切り売りしている。そこで新鮮な刺し身を頂くが、醤油にわさびではなくあるものを入れる。驚きの刺し身の食べ方とは!?

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.