[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「マスターズ・トーナメント」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 1:05 - 1:35 フジテレビ
村上信五とスポーツの神様たち (村上信五とスポーツの神様たち)

「スポーツお祓いスペシャル」にサッカー界代表として浦和レッドダイヤモンズの槙野智章、野球界を代表して北海道日本ハムファイターズの杉谷拳士が登場、プレゼンターとして岡田圭右らに加え、お祓い役に坊さんであり芸人の石田芳道が出演。
「スポーツお祓いスペシャル」1つ目にヒデが「大失敗に終わったレフェリーとの駆け引き」と題して2016年6月18日に行われたFC東京VSアルビレックス新潟で秋元陽太がレフェリーに抗議している最中にゲームが再スタートし得点されたシーンを紹介した。一方で野球界ではピッチャーの肩を作るために時間を稼ぐ駆け引きがあるなどと杉谷が語った。
「スポーツお祓いスペシャル」2つ目に藤田が「泡となって消えたスタートダッシュ」と題して本来HR打者ではない鈴木大地が一時期ホームランラッシュでホームラン王の座についたがために昨シーズンは冴えない成績で追えてしまったなどと紹介した。また杉谷は自身が戦線離脱した際にチームメイトたちが励ましのメッセージを送ってくれた中で大谷翔平が怪我した打球の練習をしてくるようにとメッセージしてきたがギャグであったなどと語った。
「スポーツお祓いスペシャル」3つ目に黒田が「カップに嫌われ続けた惨劇」と題してアーニー・エルスがマスターズ・トーナメントにおいてあるホールにて3打目でピンそば60cmまで寄せるも5度もカップに嫌われ、翌日にも同じ状況となったなどと紹介した。また杉谷は糸井嘉男が投手としてチーム移籍したがファーボールを連発している時にコーチに投げ方を忘れたと告白したなどと語った。
「スポーツお祓いスペシャル」4つ目に岡田が「前代未聞の負の連鎖」と題してオリックスVS西武でモレルの悪送球から様々な選手がミスを連発したなどと紹介した。また杉谷は大谷が投げるときには試合が緊迫する傾向にあり打球が来ないことを祈っているなどと語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月21日放送 23:00 - 23:55 テレビ東京SPORTS ウォッチャー(スポーツニュース)
ジョーダン・スピースを鷲見アナが直撃取材。若くしてマスターズを制した23歳。去年のSMBCシンガポールオープンでは2位の成績。世界の一線で活躍するには、年齢に関係なく十分な経験を積んできたと自分を信じてプレーすることと話した。

2017年1月10日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!みんなのスポーツ
松山英樹は12月のインタビューで、4月までに準備して結果を楽しみにしたいとしていた。マスターズ・トーナメントで優勝すれば日本人としての快挙だとコメント。賞金トップで勝ち進んで欲しい。

2017年1月5日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ4時です!Nスタ 日刊3コマニュース
五輪ゴルフ会場問題を解説。霞ヶ関カンツリー倶楽部は選手村から約70キロ。細川昌彦は渋滞するのは目に見えているとコメント。霞ヶ関カンツリー倶楽部は名勝負の舞台で超名門、森会長は輸送面での懸念を示した。当初の予定は若洲ゴルフリンクスだった、霞ヶ関に決めたのは組織委員会ではない。
若洲ゴルフリンクスは誰でもプレー可、霞ヶ関カンツリー倶楽部はメンバーのみ。タケ小山は会員権が市場に出回らないなどと指摘する。また霞ヶ関カンツリー倶楽部は去年11月の段階では女性が正会員になれないと松沢参院議員が指摘。アトランタ五輪ではマスターズのコースを提案したが、IOCは女性が会員になれないと承認しなかった。
さらに決まった経緯がブラックボックスとの指摘もある。オリンピックゴルフ競技対策本部で五輪にふさわしいゴルフ場という話し合いがなされたという。タケ小山らは選定理由の説明が不十分と指摘する。森会長の発言について玉木正之は小池知事より先に問題提起したかったのでは?と話す。輸送面の課題解決には五輪専用レーンができるかがポイント。細川昌彦は森会長は責任者でどうすべきかわかるようにするのが第一、萩谷麻衣子は会場が決まった基準がバラバラとコメント。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.