[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「マダイ」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 8:00 - 8:15 テレビ東京
厳選!いい宿 南伊豆・下賀茂温泉 豪華海の幸づくしの名湯宿

石廊館の夕食の紹介。大エビ堂ヶ島塩焼きや、アワビの踊り焼きなど、伊豆の地魚を取り揃えた料理だった。ボリュームもある。番組スペシャルプランで13500円(通常16200円)など。特典として湯上がりにワンドリンクか宿オリジナルアイスクリームをサービス。詳しくは番組HPまで。電話で予約もできる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月20日放送 6:30 - 7:00 日本テレビ遠くへ行きたい第2371回 とっておき 夏の日本海 城下町の味覚 ―山口 萩~大島―
夏の日本海で釣りに挑戦した。釣をするのは子供の頃以来である。挑戦した結果カワハギ・マダイ・ホウボウを釣ることができた。

2017年8月15日放送 9:50 - 11:25 フジテレビノンストップ!コレ知らないNO!
東京から車で約1時間半、神奈川県みうら・みさき海の駅。もともと船着き場だった場所に海を体験できる施設が加わり、2005年に海の駅に認定された。昼時にもなると大勢の客で賑わう。魅力は大人も子ども一箇所で1日中楽しめること。 にじいろさかな号では、飛んでいるかもめや魚にエサをあげたりすることができる。漁師が潜っているポイントに着くと、海底展望室で身近にウォッチングすることができる。約40分の船旅は予約不要。フェリー乗り場からフェリーで約5分で、海上釣り堀施設にいくことができる。養殖されているマダイやヒラメなどが釣れる。釣具やエサはレンタル可能。釣った魚は持ち帰れる。
三浦三崎は日本有数のマグロの水揚げ量を誇る。都内ではなかなかお目にかからない希少部位も売られている。三浦半島は三浦大根など野菜の産地としても有名。安さの秘密は三浦半島の契約農家が、市場に出すことができないものを低価格で提供しているため。男性は、普段は自船を江ノ島に停船しているが、毎週のようにここで鮮魚を購入して船上パーティーをしているという。敷地内にはBBQコーナーがあり、その場で買ったものを食べることができる。またシーカヤックや遊園地も設備されている海の駅もあるという。

2017年8月7日放送 15:49 - 19:00 TBSNスタ(特集)
新潟発、角上魚類を特集。1日の売上は850万円、年商314億円。店舗は東京に4カ所、千葉に3カ所、埼玉に7カ所を展開。店頭に並ぶ魚介類は100種類8000以上。取材日は土用の丑の日でウナギが大量に販売されていた。ウナギは都内より100円安い、1尾1580円。朝10時のオープンと同時に客が押し寄せる。イサキは1匹650円、ヒラマサは1尾1200円、岩ガキ1個450円、スルメイカ一盛り450円。
角上魚類の安さを紹介。凄腕バイヤー眞田政明は競りの直前に東京の築地のバイヤーに電話し、同じ時間に競りにかけられる鮮魚の情報交換。これが安さのポイント。この情報を元に、剣先イカを築地で106箱、新潟で4箱競り落とす。仕入れた鮮魚はすぐさま22の店舗へ運ばれていく。4時間後に届いたヒラメはすぐに裁かれ、ヒラメの刺し身と寿司に加工される。1パックあたりの値段は寿司が450円、刺し身が480円。スルメイカとアジの刺し身は380円、本マグロ中トロの刺し身は700円。創業者は他社よりも鮮魚を安く売る自信があり、42年前魚の卸売から小売へ転向。今でも新潟市の市場へ競りに出かける。角上魚類では対面販売をしており、その場で切り身や三枚おろしなどに無料で対応。美味しい食べ方も教えてくれるのだ。午前中に1尾80円で売られていたイワシは午後になりフライとなって登場。閉店までに売り切るという店側の狙いと、メニューに困っている客のニーズが合致しているのだ。一番人気はジャンボエビフライ。1本350円で、弾けるほどの弾力がある。プロの料理人も角上魚類で買い物しており、15種類以上の鮮魚を加工して店で提供する。毎週金曜日にはマグロの解体ショーを開催。

2017年8月5日放送 18:00 - 18:30 テレビ朝日人生の楽園人生の楽園
愛媛・松野町で梅を栽培する芝美紀さん・明廣さん夫妻を紹介。この日の朝食は、梅味噌など梅を主役にしたメニュー。美紀さんは収穫した完熟梅を使って梅干しを作った。1リットルほどの水を重石代わりにした。塩漬けした梅を1ヶ月ほど寝かせた後、天日干しにする。白干梅が完成。一方の明廣さんはこの日、自宅前の畑で母・トミカさんと野菜を収穫していた。モロッコインゲンなど10種類以上の野菜を作り、民宿料理に使っている。
翌朝、芝さん夫婦は愛媛県宇和島市の「きさいや広場」を訪れた。海の幸はいつもここで仕入れているという。ホータレ、マダイ、イシダイ、カマスなどを購入。この日は「森の国の宿 あざみ野」に以前も泊まりに来てくれたご夫婦が友人を連れて来てくれた。まずは完熟梅の加工を体験。梅ジュース梅ジャムを作った。
「森の国の宿 あざみ野」のきょうの夕食メニューは、「鯛そうめん」「ホータレの刺し身」など。お客さんたちは、自家製梅酒とともに堪能した。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.