[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ミサイル」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ 新聞トップ記事 徹底比較

北朝鮮がミサイルを発射。朝刊は全紙が1面で報じ、うち4紙がトップとなった。見出しを紹介、毎日新聞は「北朝鮮 高度2000キロミサイル 30分飛行 新型の可能性」。読売新聞は「北ミサイル発射 新型か」。「文大統領 強く糾弾」と韓国の対応も報じた。産経新聞も同じく「北ミサイル発射 新型か」。韓国の対応については「対話」はや窮地と分析した。朝日新聞は「北朝鮮が弾道ミサイル 高度2千キロ超、成功か」。朝日新聞だけ新型ミサイルとの見方を報じなかった。
北朝鮮のミサイル発射は、高度2000キロ以上に達してから800キロ先に落ちており、去年6月の「ムスダン」のそれぞれ約2倍。角度を変えると4500キロから6000キロ先に飛ばせるとみられる(毎日新聞)。アメリカは各国に制裁の徹底を呼びかけたが、自国への直接の脅威とはせず強硬手段はとらない方針(朝日新聞)。中国では「一帯一路」の国際会議初日で、習主席のメンツがつぶされた形に(同)。スタジオからは、習主席は自ら非難の声明も発表していると紹介した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル新着 いま何が?
「アースシフト」が展示用に公開している地下シェルター「ソラチカ」は広さ約4畳半で大人が8人ぐらい入れるとのこと。部屋の左右には防災グッズを置ける棚が設置されていて、休憩スペースにもなるとのこと。完全防水で地震・津波に強いとのこと。設置費用は約400万円でこの2か月問い合わせが急増しているとのことで、多い日に1日30~50件きているという。原因は北朝鮮のミサイルで爆弾などの攻撃などまでは想定していないとのこと。国内で販売されているシェルターの多くは災害対策を目的で作られているため対応に困っているとのこと。メーカーは今後、より頑丈なシェルターの開発に取り組む方針とのこと。

2017年5月23日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!最新ニュースアクセス数ランキング
朝鮮中央テレビで、「北極星2型」の試験発射映像を公開した。韓国国防省によると、ミサイルはおととい夕方日本海に向けて北朝鮮・北倉発射され、約500キロ飛行した。労働新聞によると、金正恩委員長は北極星2型の実戦配備を承認し大量生産するよう指示した。

2017年5月23日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
アメリカのトランプ大統領が21日、訪問先のサウジアラビア・リヤドで「すべてのイランを孤立化させ、テロへの資金提供をやめさせなくてはいけない」と発言し、イランの封じ込めを念頭に中東諸国の首脳らと結束を強める動きを見せたのに対し、イランのロウハニ大統領は翌22日、テヘランで記者会見をひらき「アメリカが私達の地域を理解していないのが問題だ。イラン抜きで中東地域の暗転を成し遂げられるのか」などと述べ、強く反論した。またロウハニ大統領は、アメリカが中止を求めているミサイル発射実験について「平和と防衛のため」として、今後も継続する考えを強調し、アメリカを牽制した。

2017年5月22日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
韓国・ソウルから中継。日本時間午後4時前に、朝鮮中央テレビから「北極星2型」の映像の他、移動式発射台で運ばれ、その後カバーが外れてカウントダウンが始まる。 白煙を出して上昇し、途中で1段目が分離と説明する字幕もだし、その後ミサイル装置カメラ映像もうつし出された。実験が成功した金正恩委員長は、実践配備を承認しミサイルの量産を指示した。

2017年5月22日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
朝鮮中央テレビは「中・長距離弾道ミサイル北極星2型の試験発射に成功した。」と報じ映像を公開した。韓国国防省によるとミサイルは昨日午後5時ごろ北倉付近から日本海に向けて発射され、高さ約560kmまで上昇し約500キロ飛行したとのこと。金正恩党委員長はミサイルの出来を高く評価し部隊に実戦配備することを承認し大量生産するよう指示したと伝えている。今回の「北極星2型」の特徴は固体燃料であることと、移動式発射台であることで機動性をより高めると専門家は指摘している。その上で北朝鮮は米本土に影響を与える射程1万~1万2000キロのミサイルを作っていることは疑いの余地がないと専門家は述べた。
北朝鮮は1週間前にも「火星12型」を発射しており、これを受けて16日に国連安保理は緊急会合を開催し、「制裁を含むさらなる重大な措置を取る」として北朝鮮に対して核・ミサイル開発を直ちに止めるよう求めたばかりだった。しかし北朝鮮ではミサイル開発に携わった科学者らが平壌に招かれ、金正恩党委員長が朝鮮労働党の庁舎前に呼び寄せ、ミサイル発射実験の成功を祝福して記念撮影を行った。アメリカのティラーソン国務長官はFOXニュースのインタビューで「核開発の継続が安全保障と繁栄につながる道筋でないとのメッセージを受け取って欲しい。」と述べた。国連安全保障理事会は23日にも緊急会合を開催する方向で調整しているとのこと。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.