[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ミサイル」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ 新聞トップ記事 徹底比較

北朝鮮がミサイルを発射。朝刊は全紙が1面で報じ、うち4紙がトップとなった。見出しを紹介、毎日新聞は「北朝鮮 高度2000キロミサイル 30分飛行 新型の可能性」。読売新聞は「北ミサイル発射 新型か」。「文大統領 強く糾弾」と韓国の対応も報じた。産経新聞も同じく「北ミサイル発射 新型か」。韓国の対応については「対話」はや窮地と分析した。朝日新聞は「北朝鮮が弾道ミサイル 高度2千キロ超、成功か」。朝日新聞だけ新型ミサイルとの見方を報じなかった。
北朝鮮のミサイル発射は、高度2000キロ以上に達してから800キロ先に落ちており、去年6月の「ムスダン」のそれぞれ約2倍。角度を変えると4500キロから6000キロ先に飛ばせるとみられる(毎日新聞)。アメリカは各国に制裁の徹底を呼びかけたが、自国への直接の脅威とはせず強硬手段はとらない方針(朝日新聞)。中国では「一帯一路」の国際会議初日で、習主席のメンツがつぶされた形に(同)。スタジオからは、習主席は自ら非難の声明も発表していると紹介した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月22日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
一昨日には演習に先立ち、朝鮮半島有事の際に作戦に指揮を担当する、アメリカ太平洋軍のハリス司令官がソン・ヨンム国防相と会談。さらにアメリカの核戦力を受け持つ戦略軍のハイテン司令官もソウル入りしている。アメリカのミサイル防衛を担当するミサイル防衛局のグリーブズ局長も韓国に。3人が演習を視察するのは異例だという。この3トップの韓国入りに北朝鮮も反応。朝鮮中央通信は、「重要なのは戦争演習前夜に、太平洋軍司令官と戦略軍司令官が南朝鮮を訪問したことだ。現在緊張した朝鮮半島情勢は、戦争狂いの無分別な北侵戦争騒動で予測できない危機に陥っている。」と伝えている。さらに北朝鮮では、核・ミサイル開発をさらに進めると北朝鮮消息筋が明かした。31日まで続く米韓合同軍事演習。その間に北朝鮮が新たな一手に出る可能性はあるのか。

2017年8月22日放送 5:00 - 6:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
防衛省は来年度の予算案についての概算要求にて北朝鮮による弾道ミサイル防衛強化となるイージス艦と同等の能力となるイージス・アショアの整備に向けた予算を、金額を明示しない事項要求という形で盛り込むとの事。SM3ブロックIIAの資料映像が流れた。また北朝鮮が通常より高い高度で打ち上げるロフテット軌道の実験を繰り返している事を踏まえてイージス艦に搭載するSM3ブロックIIAの取得費や次期警戒管制レーダー装置の開発費も計上するとの事。さらに海洋進出を強める中国を念頭に日本領域を警備する護衛艦2隻、潜水艦の建造費やF35A・オスプレイの取得費も盛り込まれるとの事。今年度予算より2.5%多く過去最大の5兆2551億円の方針を固めた。

2017年8月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
北朝鮮の包囲網は厳しさを増しており、中国政府が国連制裁決議に基づき北朝鮮からの通関をストップしている。そのため北朝鮮から海産物が入ってこないため価格は2倍に上がっている。一方ミサイルの標的となったグアムでは日本人観光客の姿が見られた。そんな中日本記者クラブにグアム政府観光局長が来日しグアムは安全な旅行先だと伝え安全性をアピールした。

2017年8月21日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
軍事ジャーナリスト黒井文太郎氏とともにスタジオ解説。きょうから米韓合同軍事演習に関して金正恩党委員長はこれを口実に自分たちの実験を正当化したいという。去年の米韓合同軍事演習では潜水艦のミサイルを発射している。また爆撃に対する警戒はあるといい、北朝鮮が嫌がるものであることは事実だとした。「B1B爆撃機」は約60トンの爆弾・ミサイルを搭載し「死の白鳥」と呼ばれている。米韓の合同演習は北朝鮮情勢に関係なく行われてきたものだが、今回は北朝鮮がグアムを挙げたことで警戒度は強まっているという。また北朝鮮には地下の隠れ場所を複数持っているがアメリカ側も把握していない場所もあるとのこと。

2017年8月21日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング池上彰のニュース大辞典
北朝鮮が米・グアム沖にミサイルを撃ち込むと発表。米朝間に緊張が高まる。きょうのキーワードは「存立危機事態」。北朝鮮がグアム沖にミサイル発射の場合は安倍政権は自衛隊防衛ミサイルで迎撃するかの重大な決断を迫られるかもしれない。その決断を下すには、日本が存立危機事態だと認定が必要。存立危機事態は日本と密接な関係にある国が武力攻撃され、日本の存立が脅かされるような事態。解決手段がない場合は自衛隊が集団的自衛権として最小限の武力行使ができる。2年前に安保法の成立以前は武力行使は直接攻撃を受けた場合のみだった。問題は北朝鮮がグアムにミサイルを発射した場合は存立危機事態にあたるのか。10日の衆院安保委で小野寺五典防衛大臣は慎重な言い回しだったが、存立危機事態だと判断することはあり得るとした。ただ、北朝鮮のミサイル着弾場所はグアム島周辺の海上でアメリカ領海ではない。北朝鮮がアメリカの領海外を狙って発射するとした場合はアメリカへの攻撃とは言えない。グアムにはアメリカの空軍基地があり、朝鮮半島での有事の際はグアムの基地から爆撃機などが出撃することになっている。日本の安全保障の上でグアムは非常に重要な拠点。グアムへのミサイル発射は日本の存立危機事態に当たるという見解もある。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.