[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ミシェル」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月22日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタトクする!3コマニュース
大統領就任後初の外遊としてサウジアラビアを訪問したトランプ大統領。招待された歓迎パーティでトランプ大統領は剣を手にし踊りだしたトランプ大統領。アラブによる伝統のソードダンスによる歓迎だ。イスラムの伝統文化を絶賛。過去には「イスラム過激派のテロリストをアメリカに入れさせないそんなやつらに来てほしくない」という発言も。今年1月イスラム圏7か国からの入国を禁止する大統領令をだしたトランプ大統領。外遊先として中東を選んだ背景にはイスラム圏で悪化したイメージを払拭したいとの思惑もあるとみられる。イスラム圏およそ50か国の指導者を集めた会合でトランプ大統領はテロとの戦いを強調し、イスラム世界の結束を呼びかけた。サルマン国王との会見では約12兆円の武器をサウジアラビアに輸出することでの合意するなど中東諸国との関係修復に力を注いでいる。一方で今回の訪問にはオバマ前大統領が中東を訪問した時あるミシェル夫人がスカーフ未着用を当時トランプ氏が批判していた。ところが今回同行したメラニア夫人も何もかぶっておらずアメリカメディアから発言が一貫していないとの批判が上がっている。

2017年5月22日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
トランプ大統領の初外遊について、朝日新聞の記事を紹介した。きょうイスラエルを訪問予定だが、米国の歴代政権は中東和平の仲介に乗り出しては失敗を繰り返している。93年、当時のクリントン大統領が関わったオスロ合意が締結するも、イスラエルのラビン元首相が暗殺され、右派のネタニヤフ政権が発足。和平の機運は急速にしぼんだ。その後、ブッシュ政権、オバマ政権といずれも頓挫した。こうした中、トランプ大統領は22日にイスラエル入りし、ネタニヤフ首相と会談し、ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を現職の大統領として初めて訪れる。そして翌23日、パレスチナ自治区でアッバス議長と会談する予定である。トランプ大統領の娘婿のジャレッド・クシュナー氏は経験なユダヤ教徒で父親はネタニヤフ首相と子どもの頃から親交がある。こうしたことからトランプ大統領はイスラエル寄りだが、イランとの敵対関係を和平交渉に組み込むという見方がある。
サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領は、イスラムを敵視しているわけではないとの立場を強調。またサウジのサルマン国王は、イスラムは平和と観葉の宗教と述べ過激主義と対決する姿勢を示した。一方、同行するメラニア夫人らが頭を覆うスカーフを着けずに公式行事に参加したことが話題に。トランプ氏は以前、スカーフを着用しなかったオバマ大統領夫人・ミシェルさんを批判した経緯がある。横江公美は当時、イスラム圏で女性が軽視されているといわれる国への夫人の挑戦だったなどとしていた。共和党議員も賛辞を寄せた。横江は、中東問題を解決する時には宗教は難しいので女性問題を取り上げることが多い、時代が変わっているというのが大統領側の立場でしょうなどとコメント。(朝日新聞/日本経済新聞)

2017年5月4日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!カッツミーのピカッとNEWSボード
オバマ元大統領は今年の9月、ニューヨークのウォール街で投資銀行の一般投資家向けセミナーで講演を行う予定になっているが、その講演料は1回で約4500万円。講演の内容は約90分、退任後の生活などについて。約4500万円というのは大統領の年間報酬とほぼ同額。2009年のインタビューではお金持ちには屈しない、庶民の味方といっていた。今回の件で元支持者は庶民の味方だと思っていたのに、結局金の亡者だったのかと。元大統領の年金は年間で約2000万円、終身でいただける。元大統領は講演料で稼いでいることが多く相場は1講演約2000万円。ビル・クリントン氏は12年間講演料で稼いだ金額は約120億円。オバマ元大統領は現在2冊の本を出版予定。さらにミシェル夫人も人気が高く、講演に引っ張りだこ、1回の講演は2250万円と言われている。オバマ夫妻の生涯賃金は約278億円と言われている。オバマ前大統領の夢はプロバスケチームのオーナー、歴代最高の買収金額は約2000億円と言われている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.