[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ムスダン」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ 新聞トップ記事 徹底比較

北朝鮮がミサイルを発射。朝刊は全紙が1面で報じ、うち4紙がトップとなった。見出しを紹介、毎日新聞は「北朝鮮 高度2000キロミサイル 30分飛行 新型の可能性」。読売新聞は「北ミサイル発射 新型か」。「文大統領 強く糾弾」と韓国の対応も報じた。産経新聞も同じく「北ミサイル発射 新型か」。韓国の対応については「対話」はや窮地と分析した。朝日新聞は「北朝鮮が弾道ミサイル 高度2千キロ超、成功か」。朝日新聞だけ新型ミサイルとの見方を報じなかった。
北朝鮮のミサイル発射は、高度2000キロ以上に達してから800キロ先に落ちており、去年6月の「ムスダン」のそれぞれ約2倍。角度を変えると4500キロから6000キロ先に飛ばせるとみられる(毎日新聞)。アメリカは各国に制裁の徹底を呼びかけたが、自国への直接の脅威とはせず強硬手段はとらない方針(朝日新聞)。中国では「一帯一路」の国際会議初日で、習主席のメンツがつぶされた形に(同)。スタジオからは、習主席は自ら非難の声明も発表していると紹介した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月21日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
北朝鮮は弾道ミサイルでグアム周辺を狙うとしつつ、トランプ政権の出方を見極める姿勢を示している。そんな中、米韓合同軍事演習が始まった。コンピューターで指揮系統の連携などを確認する。アメリカ軍は去年より7500人少なく、緊張を高めないためとの指摘もある。労働新聞は「米国の策動は平和への挑戦にほかならない」などと論評した。北朝鮮はこれまでも軍事演習のたびに軍事的挑発を繰り返してきた。グアム政府観光局長は安全性を強調。住民の中には不測の事態に備える人も。米韓は新たな挑発に警戒と監視を強めている。

2017年8月17日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
北朝鮮とウクライナの関係についてのトーク。ウクライナの歴史について、旧ソ連時代は豊富な地下資源から重工業が盛んで軍需産業も多く”ソ連の兵器工場”と呼ばれていた。ターニングポイントは1991年のソ連崩壊により独立する。独立後は軍需産業は国営企業として存続し、宇宙ロケットのエンジンなどとして主にロシアと取引をしていた。北朝鮮のミサイル開発の歴史について、1970年代は旧ソ連の「スカッド」の複製に取り組んでいて、1980年代にスカッドの技術を応用し「ノドン」の開発を開始。1990年代には旧ソ連のSLBMの技術から「ムスダン」の開発を開始し、ノドンの技術を応用したエンジンで「テポドン」を開発。2015年ごろには新型エンジンを使用した「火星12」・「火星14」を開発したという。ウクライナの2つ目のターニングポイントは2014年のウクライナ紛争で取引が出来なくなり、現在はロシアとの取引が停止しロケットエンジン製造工場が去年財政難に陥っていて、これが闇取引に繋がったのではないかとみられている。財政難についてウクライナ側はアメリカの企業へロケットエンジンを供給するなど多角化を図ったが、ロシアの分を補えなかったという。また、東ヨーロッパが北朝鮮の活動エリアだったため部品などを買い付けていて、技術者を連れてきていた可能性もあるという。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.