[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ムスダン」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ 新聞トップ記事 徹底比較

北朝鮮がミサイルを発射。朝刊は全紙が1面で報じ、うち4紙がトップとなった。見出しを紹介、毎日新聞は「北朝鮮 高度2000キロミサイル 30分飛行 新型の可能性」。読売新聞は「北ミサイル発射 新型か」。「文大統領 強く糾弾」と韓国の対応も報じた。産経新聞も同じく「北ミサイル発射 新型か」。韓国の対応については「対話」はや窮地と分析した。朝日新聞は「北朝鮮が弾道ミサイル 高度2千キロ超、成功か」。朝日新聞だけ新型ミサイルとの見方を報じなかった。
北朝鮮のミサイル発射は、高度2000キロ以上に達してから800キロ先に落ちており、去年6月の「ムスダン」のそれぞれ約2倍。角度を変えると4500キロから6000キロ先に飛ばせるとみられる(毎日新聞)。アメリカは各国に制裁の徹底を呼びかけたが、自国への直接の脅威とはせず強硬手段はとらない方針(朝日新聞)。中国では「一帯一路」の国際会議初日で、習主席のメンツがつぶされた形に(同)。スタジオからは、習主席は自ら非難の声明も発表していると紹介した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月21日放送 7:30 - 8:25 フジテレビ新報道2001(ニュース)
武貞秀士は北朝鮮のミサイル技術について、「固体燃料ロケットを使っているのは非常に脅威だ」「2年以内にICBMが開発される」と話した。

2017年5月19日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本けさのクローズアップ
4月・ピョンヤンで開かれた金日成主席105周年を祝う軍事パレードでは、ある新型ミサイル兵器に息をのんだ。アメリカ本土におさめるミサイルが姿をあらわにした。1か月たった14日には、新型弾道ミサイル「火星12型」の発射実験映像が公開された。高度は2000キロを突破し、ICBMの開発に向けた実験と見られている。今年の新年・金正恩委員長の演説で「ICBMは最終段階だ」と発言した。今回は、ロシア攻防省の技術証拠としてICBMの開発に関わってきたエフセーフ氏が取材に応じてくれた。指摘したのは、去年4月の発射実験について「燃料に変化である発射実験はインパクトであるものだった」と話した。エンジンの色が灰色だったことが確認できた。「個体燃料」は軽量化され、飛距離を伸ばすことができる。その開発は新たな脅威にも利用され、わずか10分で発射され事前に捉えることが困難になっている。専門家は、「技術的課題」があるという。核の小型化があることで既に成功しているものの証拠が示されず完成を疑う声が耐えない。核開発について意見交換するロプコーフ氏は、「北朝鮮に核技術を提供されたとするパキスタンの核弾頭でさえ重さは1.5トンから2トンある。北朝鮮とくらべてもはるかに小さいし手にしていない」などコメントした。
ICBMの完成には最大の壁がある。在韓米の情報をつとめ北朝鮮の核ミサイルの分析をしてきたカバゾス氏は、アメリカが届くとしても宇宙空間から大気圏に再突入するときの衝撃対策なしでは完成はあり得ないと指摘した。ICBMの発射実験も繰り返すアメリカだが、1970年に配備されて以来、確実に運用するため検証を続けている。カバゾス氏が言うには、北朝鮮が完成するのは時間がかかると見ている。

2017年5月17日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
韓国国防省は北朝鮮のミサイル分析の結果、射程は最大5000kmで、アメリカ軍基地があるグアムを越える。中距離弾道ミサイル「ムスダン」より性能向上しているという見方を示した。朝鮮中央通信は「アメリカはわれわれの攻撃圏内に入っている現実を無視することが出来ない。核兵器と核攻撃手段をより多く作り必要な実験の準備をさらに進める」と話した。今日午前5時から非公式で国連安全保障理事会緊急会合が行われたが、北朝鮮に対する追加的な措置で意見は一致しなかった。堀田佳男は「トランプ大統領は第三国で金正恩委員長と会談し、核開発を諦めさせたい」と話した。川村晃司は「非公式の会合を先にやったりすると実質的な効果がない」と話した。

2017年5月17日放送 4:00 - 5:25 TBSはやドキ!ニュース430
韓国国防省は北朝鮮が発射した弾道ミサイルについて、最大射程5000キロで、発射は成功、ムスダンよりも性能が向上しているとの分析結果を発表した。一方でICBMの水準には至っていないとした。

2017年5月16日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
一昨日、北朝鮮が発射したミサイルについて、韓国国防省はミサイルの射程は最大5000キロに達し、北朝鮮のこれまでの中距離弾道ミサイルより、性能が向上しているという見方を明らかにした。ただ、ミサイルの弾頭が大気圏に再突入する際の安定性を検証する必要があり、ICBMの水準には至っていないとも分析している。今回のミサイルの性能はムスダンとICBMの中間にあたり、北朝鮮のICBMは2~3年以内に完成する可能性もあるという。
こうした中、原子力空母ロナルド・レーガンが出港。アメリカ軍は出港目的について明らかにしていないが、ハリス司令官は訪日しており、岸田外務大臣や稲田防衛大臣と相次いで会談した。その後安倍首相とも会談し、連携して北朝鮮への圧力を強化していきたいとの考えを示した。国連安保理はあす朝、緊急会合開催の予定で、北朝鮮の挑発を阻止するため具体的な方策について協議が行われる見通し。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.