[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「文大統領」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ 新聞トップ記事 徹底比較

北朝鮮がミサイルを発射。朝刊は全紙が1面で報じ、うち4紙がトップとなった。見出しを紹介、毎日新聞は「北朝鮮 高度2000キロミサイル 30分飛行 新型の可能性」。読売新聞は「北ミサイル発射 新型か」。「文大統領 強く糾弾」と韓国の対応も報じた。産経新聞も同じく「北ミサイル発射 新型か」。韓国の対応については「対話」はや窮地と分析した。朝日新聞は「北朝鮮が弾道ミサイル 高度2千キロ超、成功か」。朝日新聞だけ新型ミサイルとの見方を報じなかった。
北朝鮮のミサイル発射は、高度2000キロ以上に達してから800キロ先に落ちており、去年6月の「ムスダン」のそれぞれ約2倍。角度を変えると4500キロから6000キロ先に飛ばせるとみられる(毎日新聞)。アメリカは各国に制裁の徹底を呼びかけたが、自国への直接の脅威とはせず強硬手段はとらない方針(朝日新聞)。中国では「一帯一路」の国際会議初日で、習主席のメンツがつぶされた形に(同)。スタジオからは、習主席は自ら非難の声明も発表していると紹介した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月24日放送 0:10 - 1:00 NHK総合NHKスペシャル緊迫 北朝鮮 危機の深層
ウィリアム・ペリー氏はアメリカと北朝鮮による対話を再び始める必要性を訴える。そんな中、北朝鮮は一帯一路フォーラムの最中、ミサイル発射を断行。メンツを潰された形となった中国、ムン・ジェイン氏が大統領が就任した韓国、さらなる圧力を主張するトランプ大統領率いるアメリカの動向が注目される。北朝鮮は6回目の核実験に向けて準備を進めているとみられ、軍事境界線の近くでは韓国軍の新兵が北朝鮮の大地を遠望した。有事となれば戦闘の最前線となる。

2017年5月23日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
ソウル東京地裁に53日ぶりに朴槿恵被告が姿を見せた。今日の裁判では裁判長の判断により、冒頭のカメラ撮影が許可された。髪はヘアピンで無造作にとめられ、胸元には「503」という被告の番号や収監先赤い文字が入ったバッジをつけていた。この赤い文字は一部メディアは共犯から隔離するための略字と伝えている。大統領就任式からやつれた姿となり、隣には共犯として起訴された被告も着席していた。職業を問われた朴被告は無職と答えた。他の被告らと共謀し収賄や職権乱用など合計18の罪に問われている朴被告は起訴内容について全面否認し争う構えを示している。初公判は約3時間に及んだ。朴被告の妹は薄化粧くらいさせたかったとしたうえ、残酷な気持ちと述べた。裁判は今後週2、3回のペースで開かれ、10月中旬までに判決が出る見通しとのこと。
久保田氏は「朴被告らは旧悪のシンボルとして裁かれ、追い詰めた文在寅さんの人気は高まり政権にとって追い風になる。」などを述べた。

2017年5月23日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
文在寅新大統領の大統領府への引っ越しが3日あとにずれたが、これは朴槿恵被告の「鏡の間」が原因ではと言われている。四方を鏡に囲まれた部屋で、鏡を外すために引っ越しが延期されたとされる。

2017年5月23日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
既に実施している日本の独自制裁は北朝鮮への輸出入の全面禁止、在日本朝鮮人総合会幹部の日本への再入国禁止など。しかし強化しても効果は薄く実効性のある制裁強化が必要。きのう、菅義偉官房長官は「北朝鮮の外資収入を減少させるとともに、核・ミサイル関連の貨物や技術移転を防止することが重要」と話した。朝日新聞は「北朝鮮と取引のある第三国の企業や金融機関を制裁対象とするセカンダリー・サンクション(二次的制裁)の実施を軸に調整へ」と伝えている。古川勝久は「セカンダリー・サンクションと言われますけど、国連安保理決議に違反した企業や個人に加盟国は制裁措置を課すことは義務なんです。何故かあまり発動されてない。アメリカはこれまでイランに対してはイランと経済取引する、中国の金融界に対してはやったんですね。何故か北朝鮮に対してはやっていない。こういう事をしっかりとやって北朝鮮と協力してる企業、個人をちゃんと制裁していくのが重要」とコメント。
ティラーソン国務長官は今回のミサイル発射実験の継続に失敗している、北朝鮮に対する経済的、外交的な制裁は初期の段階と話しており今回のミサイル発射は「圧力を感じ始めていて、それに対しての反応かも」という見方もある。近日中にカール・ビンソン、ロナルド・レーガン両空母打撃群が朝鮮半島近海で合同演習を実施する予定。朴一は「やっぱりこれじゃダメじゃないかと。軍事制裁にいけよって声が逆にあがってくる事の恐ろしさ。それまでに北朝鮮と話し合いの場をもって凍結くらいに持っていかないと本当に戦争になる可能性もありますね」とコメント。それに対して荻原博子は「本当に戦争になっちゃったら日本と韓国ですよね。一番の重い被害は」とコメント。
文在寅大統領はきのう「北朝鮮の2週連続ミサイル発射についいて無責任な行動で、強く糾弾する」と述べた。一方で北朝鮮との民間交流や人道支援を再開させる姿勢を見せ、対北朝鮮制裁に向けた国際社会の足並みを乱すおそれがある。そんな中、今月26日(金)・27日(土)にイタリアでG7が開催される。朴一は「交流って事を一つスローガンに掲げて当選しましたので自分達が北の核を凍結させたいんですけどね。でも残念ながら北朝鮮の関心は韓国になくアメリカがターゲット。アメリカを交渉の場に引き出したい。韓国は下なんですね。文在寅氏が取れる策は限られている」とコメント。

2017年5月23日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
起訴されている韓国の朴前大統領が初出廷したということでスタジオ解説。金慶珠は朴前大統領を見て2つポイントがあるとしていて、1つはヘアスタイルで朴前大統領は独自の上げ髪なのだがこれは韓国の女性の中でもほとんどしていないという。だがこれは母親の特徴で朴前大統領にとってもプライドだといい、あえてこのヘアスタイルすることで無罪を貫き通す覚悟が現れているとしていた。そして朴前大統領が着席するまでの様子が映像で公開されているのだが普段は人権などもあり韓国でも裁判の映像はないという。だが社会的影響力を考え法定前までの映像をあえて公開した事情を話していて、こうしたことから韓国でも傍聴席を巡り行列ができているという。
現状問題となっている友人女性と2人揃っての裁判となっているのだが朴前大統領は裁判を別にしてほしいとしていて、こうしたことも金慶珠が別々にする必要がないことを説明したが水谷はそもそも韓国でのこの裁判に対する姿勢に苦言を呈した。韓国でも人権な配慮で普段は映像公開をしないのだが今回は着席し2人が揃う様子なども公開されていて、こうしたことでは国民感情への影響から裁判も影響がでることになりかねないとしていた。だが金慶珠は肝心な部分は非公開で配慮も大事だが弾劾まで至った今回のことでは公開する必要があるとしていて、又、韓国人も何があっても罰を与えるということではなく複雑な心境だということを説明した。
今回世間の前に姿を見せることになった朴前大統領だがこれは53日ぶりだった。こうしたことからスタジオ解説。公判の傍聴席だが一般向けに150席のうち68あるといい、525人の希望者がいたことから7.7倍になったという。そして韓国では元大統領の裁判は以前もあり、盧泰愚元大統領、全斗煥元大統領が揃って行いここと同じ法廷で行われていた。そして朴前大統領は職権乱用や強要、収賄などの18の疑いがあり友人女性との共謀も13あるという。そして朴前大統領は起訴事実をすべて否認していた。
現在の韓国の大統領の状況などを解説。文在寅大統領だが現在81.6%の支持率があるがこれは李明博大統領76.0、朴大統領54.8とくらべても高い数字だった。そして文在寅大統領は疑惑が出ているソウル中央地検長などを更迭し、新中央地検長を就任させていた。文在寅大統領の人事などでは検察改革の期待もあるといい、金慶珠はこうしたことを今回の朴前大統領問題では検察の捜査にも批判が出ていることを指摘。こうしたことから文在寅大統領も今回の裁判を成功させたい狙いがあると話していた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.