[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「文大統領」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ 新聞トップ記事 徹底比較

北朝鮮がミサイルを発射。朝刊は全紙が1面で報じ、うち4紙がトップとなった。見出しを紹介、毎日新聞は「北朝鮮 高度2000キロミサイル 30分飛行 新型の可能性」。読売新聞は「北ミサイル発射 新型か」。「文大統領 強く糾弾」と韓国の対応も報じた。産経新聞も同じく「北ミサイル発射 新型か」。韓国の対応については「対話」はや窮地と分析した。朝日新聞は「北朝鮮が弾道ミサイル 高度2千キロ超、成功か」。朝日新聞だけ新型ミサイルとの見方を報じなかった。
北朝鮮のミサイル発射は、高度2000キロ以上に達してから800キロ先に落ちており、去年6月の「ムスダン」のそれぞれ約2倍。角度を変えると4500キロから6000キロ先に飛ばせるとみられる(毎日新聞)。アメリカは各国に制裁の徹底を呼びかけたが、自国への直接の脅威とはせず強硬手段はとらない方針(朝日新聞)。中国では「一帯一路」の国際会議初日で、習主席のメンツがつぶされた形に(同)。スタジオからは、習主席は自ら非難の声明も発表していると紹介した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月22日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
先週行われた大統領就任100日の記者会見でレッドラインについて初めて言及。北朝鮮が核弾頭を搭載したミサイルを兵器化した場合、軍事行動をとると語った。この会見を受け、北朝鮮の労働新聞は「政権成立100日間の成績表はみずぼらしく失望せざるをえない。特に北南関係の項目ではとりわけ落第だ」と言葉と行動が正反対だと文在寅政権を酷評。これまでアメリカは北朝鮮への軍事行動のレッドラインについて言及を避けてきたが、韓国・文在寅大統領はあえて言及。これは北朝鮮包囲網の綻びなのか。

2017年8月22日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(ニュース)
韓国・高陽市で非常事態に備えた訓練が行われた。武装した男たちが市民を人質に取る状況での訓練などを行った。高陽市は北朝鮮との南北軍事境界線から約20km。いつでも攻撃を受ける可能性がある距離なので、住民の避難訓練も同時に行われている。そして昨日から米韓軍事演習「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」も始まった。北朝鮮からの攻撃を想定し、コンピュータ上で連携などを確認する。韓国の文在寅大統領は北朝鮮について、軍事演習を口実に挑発的な行動をするべきではないと言及した。北朝鮮は毎回合同演習に強く反発しており、去年の演習中にはSLBMを発射している。北朝鮮の国営メディアは演習について、朝鮮半島で核戦争の火を放つことが目的だと非難している。また、アメリカ軍の高官らが韓国入りしたことなどを指摘し、朝鮮半島情勢は予測できない危機に陥っているとも主張。合同演習は今月31日まで行われるが、その間に不測の事態が起こる可能性もあり予断を許さない状況。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.