[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「メガネカイマン」 に関するテレビ情報

2017年1月8日放送 18:55 - 20:54 TBS
世界の超S級危険生物 巨大&大群&キテレツ 衝撃生物SP 巨大大群キテレツ衝撃生物37 世界の超S級危険生物

ベネズエラ・ジャノスの湿原に生息するという世界最大級のオリノコワニを捜索。オリノコワニは全長最大7m。夜に接近し、その姿を捉えた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月14日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュースクリア
入園数が伸び続けている動物園がある。その人気の秘密は「ふれあいと攻めの演出」だという。ノースサファリサッポロに向かった。2006年にオープンして以来、多くの動物と触れ合えるとの口コミで年々、来園者数は増加しているという。どれだけの動物と触れ合えるのか、園内をカウントしながらまわってみる。早速、入り口では、世界で一番大きくなると言われる犬種のアイリッシュ・ウルフハウンドがお出迎え。他に、この動物園ではマーラやアカカンガルー、ペンギンなど放し飼い状態だ。中には大きなくちばしでエサを豪快にねだるモモイロペリカンなどもいる。とにかく動物たちとの距離が近いと評判だ。ここまで園内に入って、わずか30分で触った動物は既に14種類。触れるのは可愛らしい動物だけではない。珍獣も触れるとのことでビルマニシキヘビやムツオビアルマジロなどの変わった動物も触れる。既に触った動物は30種類を越えた。しかし、これだけ触られて動物たちはストレスを感じていないのか聞いてみると「小さいうちから動物園生まれとかで人が来ると嬉しいように育てている」とのこと。入園に関しては完全に自己責任で、と謳っている。しかし飼育方法やスタッフの配置で細心の配慮をしているという。その後も園内をまわり既に触れ合った動物は50種類を突破した。ここの動物園はライオンとの距離も近い。柵越しでの餌やりに加え、オプションで肉球タッチも出来るという。さらに驚くことにデンジャラスの森というエリアでは猛獣とも触れ合える。手から直接、トラにエサやりが出来るという。距離や手の出し方などしっかりレクチャーしてくれる。リポーターは最後、トラにもエサやりが出来て無事66種類の動物の触れ合いを全部制覇した。最後にノースサファリサッポロの社長は「安全にはかなり気を使っている。安全でなければ楽しめないから」と話した。

2017年7月7日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビココ調
広島・呉市の村林順光さんは34年前に売れ残ったメガネカイマンを5万円で購入。当時は子どもが抱えられる大きさだったが、年々成長を続け今では2mにもなる。村林さんは夜には布団を並べて一緒に寝ており、散歩が日課となっている。ちなみに散歩は呉市から正式に許可を得ている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.