[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「メキシコ」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京
ワールドビジネスサテライト (WBSニュース)

まもなくトランプ氏が大統領選後初めてとなる記者会見を行う。ニューヨークより中継。注目点は、企業の名指し批判を続けるか、為替に影響を与える発言があるか、の2点だ。先週はメキシコに工場を建設中のトヨタが標的となったが、実際にフォード・モーターなどがメキシコへの工場移転や建設を断念している。しかしメキシコからの関税を高めたり工場をアメリカへ移すと商品価格が上がるなどの影響の可能性もあるため、この政策がどこまで続くかアメリカ国内でも疑問視されている。また、為替についてはトランプ氏当選から続いたドル高円安の動きは10日まで落ち着いたが、トランプ氏からドル高をけん制する発言が出ると円高が進む要因となる可能性がある。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月18日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!JNN NEWS
アメリカトランプ次期大統領が国内のそれぞれの企業に対し国内の雇用を増やすよう主張する中、大手自動車メーカーのGM、小売世界最大手のウォルマートも雇用を増やす方針。GMは17日アメリカ国内の複数の工場に10億ドル、約1130億円を投資すると発表。これによりアメリカ国内で1500人分の雇用に効果があるとしている。またピックアップトラックの部品生産を現在のメキシコからアメリカに戻すことも明らかにした。ウォルマートは今後1年間で68億ドル、約7700億円を投資。店舗の新設や改装等にあて新た1万人を雇用すると発表。その他韓国自動車メーカーのヒュンダイ、KIAが今後5年間で米国内に3500億円を投資すると発表。これを受けトランプ氏はツイッターでGMとウォルマートに雇用の流れを取り戻す流れを作ってくれてありがとうなどコメントしている。

2017年1月18日放送 5:45 - 6:40 テレビ東京Newsモーニングサテライト(ニュース)
トランプ次期大統領によるメキシコでの生産に対する批判を受け、自動車大手が相次いでアメリカ国内での巨額投資を発表している。GMは17日、10億ドル(約1100億円)の追加投資を行うと発表した。またGMは現在メキシコで行っている部品生産の一部をミシガン州に移し、450人の雇用を創出するとしている。GMは去年29億ドル(3200億円超)の投資をすでに発表していて、合計1500人の雇用を生み出したと主張している。このほか韓国の自動車大手ヒュンダイもアメリカ国内で新たな工場の建設の可能性を含め、今後5年間で31億ドル(約3500億円)を投資すると発表している。

2017年1月17日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(ニュース)
トランプ氏は保護主義政策を掲げている。これが成功した場合はアメリカの国内生産が増加、国内雇用が増加すると話した。逆に失敗した場合は、物価が上昇・個人消費の低迷となり、住宅や自動車販売が鈍って景気が悪化する。メキシコのペニャニエト大統領は、トランプ氏が高い関税を課すとしていることについて、我が国を選んでくれた企業を守ると反発している。

2017年1月17日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタNスタ ニューズアイ
トランプ氏はBMWに対して、メキシコに建設予定の工場で生産した車をアメリカで販売する場合「35%の税金課す」と警告した。NAFTAにより、メキシコで生産した自動車をアメリカに輸出する場合、税金はかからない。

2017年1月17日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング今週のニュースな7問
トランプ政権について、国際政治学者の藤井厳喜氏は「短命なわけがない!むしろ飛躍する」と予想を立てた。根拠となるのはトランプ氏が表明している「10年で1兆ドル(120兆円)のインフラ投資」「アメリカ国内の石油と天然ガスの掘削」「大減税」「軍備の増強」の政策4つ。1つ目の「インフラ投資」は、レーガン大統領の時代から再投資を叫ばれながら整備されておらずアメリカ各地のインフラの老朽化が進みきっていること、2つ目のの「石油と天然ガスの掘削」はアメリカ国内にそうした資源が眠っているのがわかっているにもかかわらず、オバマ大統領が過剰ともいえる環境規制を敷いて手付かずだったことを背景にしている。3つ目の「大減税」はトランプ氏自らが「具体的には5万ドルまでは所得税はとらない」「法人税を35%から15%に戻す」と話していて、実施された場合、メキシコなどに出ていた企業が戻ってくる場合がある。最後の「軍備増強」は中国に対するもので、アメリカが目下の目標としているIS殲滅にはロシアと協力してあたる可能性が高い。これら4つが実施された場合アメリカの景気、ひいてはそれに引っ張られる形で日本の景気も長期的に良くなるという。が、ヒロミはトランプ氏について「会見やツイッターからあまり良い印象はなく、8年続けられるか不安。いっそのこと日本は属国をやめればい良いのにとさえおもう」と語った。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.