[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「メニエール病」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:57 フジテレビ
その原因、Xにあり! 死を招くサインを見逃すな!有名人を襲った病気SP

これまで4回のがん手術を経験してきた鳥越俊太郎。そのがんよりも前に、耳鳴り・難聴など、謎の病に苦しめられていたという。耳鳴り・難聴が悪化し続ける中で、激しいめまいにも襲われた。鳥越俊太郎は病院へ。医師からはメニエール病だと告げられた。メニエール病とは、耳鳴り・難聴・めまいなどの症状が伴う耳の病気で、ゴッホもメニエール病に苦しめられた。虎の門病院の熊川孝三先生は、「メニエール病は内耳の異常で起こる病気」と話した。メニエール病の原因は、未だ完全に解明されておらず、完治は難しい。
メニエール病は、ストレスが大きな1つの原因。ストレスの影響を受けやすい細かな人がなりやすいという。鳥越俊太郎は内耳のリンパ液を取り除く手術を受け、耳鳴り・難聴の症状は続いているもののめまいの頻度を抑えることができた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月17日放送 17:00 - 17:30 TBSバース・デイVol.575story 横綱 大関を破った元力士の第2の人生
大至という四股名だった高野伸行。最高位は前頭3枚目、格上に何度も勝ち星をあげてきた。2002年33歳で引退し新たな夢に挑戦している。1968年4270gで誕生し、少年時代を相撲一筋で過ごし中学3年生で全国大会ベスト16に進出。1984年押尾川部屋に入門、思うように番付が上がらない大至に親方は毎日10tトラックのタイヤ引きを命じた。これにより下半身が強化され、1993年十両昇進し翌年幕内昇進となった。
1996年5月場所、小錦との一番で勝ち星をあげ28歳で前頭3枚目に昇進。1996年7月場所では武蔵丸を相手に懇親の一番をみせた。しかしメニエール病を患い、途中休場で十両へ陥落。支えてくれたのは妻・祐子さんだった。病は徐々に収まり1998年8月に結婚。2000年9月場所で3年ぶりに幕内へ復帰し、2002年に引退した。相撲界に残ることもできたが、新たな夢があった。
引退から15年夢を叶えた大至が訪れたのは音楽スタジオ。歌を主体とし舞台などにも出演するマルチ歌手となっていた。引退後ミュージカル「オオカミ王ロボ」への出演オファーがあり公演された。歌の仕事は多い時で月の3分の1ほど、夜は知り合いのスナックで働いている。今月4日故郷・茨城県日立市でディナーショーを開いた。高野は「国技館でコンサートをやりたい」「歌で帰りたい」と語った。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.