[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ライオン」 に関するテレビ情報

2017年1月8日放送 18:55 - 20:54 TBS
世界の超S級危険生物 巨大&大群&キテレツ 衝撃生物SP 巨大大群キテレツ衝撃生物37 世界の超S級危険生物

アフリカ サバンナのハンターといえばライオンやチーター。彼らを凌ぐハンターのカラカルの特徴は耳。好感度アンテナとなる耳を使い獲物の位置をレーダーのように把握する。その狩りの映像を公開。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月17日放送 19:30 - 20:45 NHK総合ぱぴぷぺZoo!〜とことん楽しむ動物園&水族館〜全国いきものニュース
大分県宇佐市の九州自然動物公園アフリカンサファリで動物写真を撮影している神田岳委先生の本業は獣医師だ。そんな神田岳委先生の一日に密着する。自分でエサをあげながら健康状態をチェックする。巡回中もカメラを手放すことはなく、ファンインダー越しに見ることで見えてくるものがあると語った。写真をSNSで発信することもある。動物写真を発信するきっかけになったのは熊本地震だ。自分にできることを考えて、写真を見てホッとしてもらいたいと思って発信していると語った。そして発信した中でも特にお気に入りの写真が紹介された。

2017年7月14日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュースクリア
入園数が伸び続けている動物園がある。その人気の秘密は「ふれあいと攻めの演出」だという。ノースサファリサッポロに向かった。2006年にオープンして以来、多くの動物と触れ合えるとの口コミで年々、来園者数は増加しているという。どれだけの動物と触れ合えるのか、園内をカウントしながらまわってみる。早速、入り口では、世界で一番大きくなると言われる犬種のアイリッシュ・ウルフハウンドがお出迎え。他に、この動物園ではマーラやアカカンガルー、ペンギンなど放し飼い状態だ。中には大きなくちばしでエサを豪快にねだるモモイロペリカンなどもいる。とにかく動物たちとの距離が近いと評判だ。ここまで園内に入って、わずか30分で触った動物は既に14種類。触れるのは可愛らしい動物だけではない。珍獣も触れるとのことでビルマニシキヘビやムツオビアルマジロなどの変わった動物も触れる。既に触った動物は30種類を越えた。しかし、これだけ触られて動物たちはストレスを感じていないのか聞いてみると「小さいうちから動物園生まれとかで人が来ると嬉しいように育てている」とのこと。入園に関しては完全に自己責任で、と謳っている。しかし飼育方法やスタッフの配置で細心の配慮をしているという。その後も園内をまわり既に触れ合った動物は50種類を突破した。ここの動物園はライオンとの距離も近い。柵越しでの餌やりに加え、オプションで肉球タッチも出来るという。さらに驚くことにデンジャラスの森というエリアでは猛獣とも触れ合える。手から直接、トラにエサやりが出来るという。距離や手の出し方などしっかりレクチャーしてくれる。リポーターは最後、トラにもエサやりが出来て無事66種類の動物の触れ合いを全部制覇した。最後にノースサファリサッポロの社長は「安全にはかなり気を使っている。安全でなければ楽しめないから」と話した。

2017年7月11日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットJNN NEWS
鳥かごのようなものに入り、穴に入る男性。これは井戸におちたライオンの子どもの救出作戦。ライオンは深さ24mの井戸から引き上げられ、保護された。その後自然に帰されたとのこと。

2017年7月9日放送 13:55 - 15:20 テレビ朝日くりぃむクイズ ミラクル9有田ナインvs生瀬ナイン
有田ナインの挑戦。「シッポのある動物」どっちかわかる方を答える問題に7人が正解し20ポイント獲得。
生瀬ナインの挑戦。「夜景がきれいな世界の観光地」国の名前を答える問題に8人が正解し20ポイント獲得。

2017年7月3日放送 22:00 - 23:24 フジテレビ憧れの仕事やってみました!憧れの仕事やってみました!
東京在住、原宿のわたあめSHOPの店員の林香奈子が、南アフリカ野生動物保護区で働く同世代のイモゲンさんと1週間だけ人生交換。
南アフリカに到着した林香奈子さん、今回香奈子さんが人生交換する職場はタラワイルドライフ ゲーム リザーブ。広大な敷地に20種類、約500頭の動物を保護。繁殖して野生に帰すのが仕事。保護区を運営するのはイモゲンさんの両親。昨日生まれたライオンの赤ちゃんを香奈子さんに世話してほしいという。24時間体制で世話をするため自宅は敷地内にある。
南アフリカから原宿にやってきたイモゲンさん。日本のカワイイ文化は一度行ってみたいと話していたイモゲンさん、原宿の賑やかさに驚いた。日本での職場、トッティ キャンディ ファクトリーに到着。わたあめやケーキポップの可愛さに興奮。お店の制服に着替えてお仕事スタート。わたあめ作りを教わりトライしたが、まだまだ練習が必要なようだった。
人生交換2日目、香奈子さんはこの日から動物の餌やりが始まる。凍らせたヒヨコに、牛の解体を見た。
猟をするヒロミは、罪の意識があるが、解体したあとの肉をもうらう人は食材としかみない。それを間近でみる香奈子さんには良い勉強になると話した。
牛の解体を手伝う香奈子さん、普段の仕事とはあまりにも違う。こうして解体した肉は檻の中へ。ハードな体験の中での癒やしは赤ちゃんライオンへの授乳。生まれたばかりの赤ちゃんライオンは2時間おきの世話。人生交換4日目、赤ちゃんライオンは生まれつき前足が曲がっており、獣医も状態はよくない言う。安楽死させるかもしれないというお母さん。香奈子さんは居ても立ってもいられず、すぐにあの子の傍に。このままだと野生に戻しても生き残れないという。
わたあめショップでは今日もイモゲンさんが奮闘中。なかなか上手くいかないイモゲンさん、挫けそうな心をバイトリーダーのちあきさんが心配していた。私たちには何百個も作ってるわたあめだが、お客さんにはその1つしかない、見た目がキレイなものを提供したいというちあきさんの言葉に、そんなこと考えたことなかったとイモゲンさんの中で何かを動いたよう。気持ちは現実を変えていく。
人生交換5日目、赤ちゃんライオンの安楽死問題に悩む香奈子さん、その夜、お母さんが香奈子さんを呼び出し、まだ諦めたわけじゃない、どうしたら治るか治療法を探している。あなたが一人で責任を感じることではないと話した。
そして最終日、帰国のため滞在は1時間だけ。イモゲンさんは、キレイなわたあめが作れるようになった。しかし、実際にお客さんに作ってみたが上手くできず、お客さんを待たせるわけにはいかないで店長が代わりに。さらに雨のため客足が悪い。しかし最後にお小遣いをはたいて買いに来てくれた女の子に世界でたった一つのわたあめを売ることができた。イモゲンさんの人生交換が終了した。
香奈子さんも運命の日を迎えていた。赤ちゃんライオンの診断結果は。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.