[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「リオデジャネイロ五輪」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ
新・週刊フジテレビ批評 ? ハテナTV

去年4月に発生した熊本地震で大きな被害を受けた熊本市の熊本城。地震の8日後に初めてドローンにより撮影された映像では、地上からでは確認できない深刻な被害の状況がつぶさに浮かび上がった。先々週放送した栃木・足利市の大藤棚もドローンによる撮影。この映像はフジテレビの中村龍美カメラマンの撮影。この日、中村カメラマンが向かったのは、フジテレビの1階でここでドローンの練習をしていた。室内で練習しているのは航空法の改正でドローンなど無人航空機に対し細かく飛行ルールが定められたため。許可なく飛ばせなくなったドローンだが、テレビの報道取材においては定められたルールに則って練習することにより事前の申請が免除されることになった。
これまでにどのような現場でドローンが使われてきたのか。2015年に千葉でおきたスクラップ工場での火災現場で、ドローンを使うことでヘリよりも低い高度でより火災現場に接近できる。袋田の滝を撮影したのも中村カメラマンのドローン撮影チーム。
そんな中村カメラマンの新たな撮影に同行した。やってきたのは、東京・青梅市の塩船観音寺。現場に到着し早速飛ばすのかと思いきや、その場でドローンの足を持って回り始めた。ドローンの飛行にはGPS機能を使うため、内蔵されたコンパスの調整が必要。飛ばしてみるが、なんだか納得行かない様子。今回の目的が「1ヶ月前の映像を合わせて撮る」だったので、少しズレているような気がすると語る。最新のドローンは一度飛んだルートを記録し、GPS機能で同じルートを再び自動飛行することが出来る。中村さんのこだわりで、何回もドローンを飛ばして調整する。こうした微調整の末撮影した映像が実際の放送ではどうなったかを見てみると、見事に季節の変化を表現していた。中村カメラマンは、ドローンについて「地上の撮影と空撮のちょうど中間ではないですけど、本当に一番いいところ、迫力のある映像を撮れるすごい武器だと思う」と語った。
そんなドローンは、オリンピック中継でも使われ始めた。ヘリコプターでは撮影が難しい地形でも空中から捉えたスピード感のある映像を実現した。去年のリオデジャネイロ五輪では、ボート競技の中継でも一役買った。そしてフジサンケイクラシックの中継でもドローンが使われた。さらに、貴族探偵でもドローンが使われていた。の特性を活かしたバラエティ番組・戦闘中などでも使われているドローンはこれからの進化にますます期待がかかる。江川紹子は、ドローンについて「高いところから低いところに行ってみるのは、前はCGでは可能だったが実際のことが撮れるのはすごい技術が出てきたが、それを習得しなければいけないのでカメラマンの方も大変」だと話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 23:58 - 0:12 テレビ東京SPORTS ウォッチャー(スポーツニュース)
世界卓球に向け日本代表がドイツに出発した。水谷隼選手は勝利の瞬間のポーズについて、決めてはいないが、喝を入れられないポーズにしたいと語った。

2017年5月23日放送 23:00 - 23:56 TBSNEWS23SPORTS23
リオ五輪・バドミントン女子ダブルス金メダルの高橋礼華・松友美佐紀ペアは、現在オーストラリアで開催されている「スディルマンカップ」で世界一に挑んでいる。男女混合の団体戦で計5試合を行い、3勝した方が勝利となる。2年前、日本は大会史上初の銀メダルを獲得。各グループの上位2チームが準々決勝進出進出という中、ドイツを破っている日本は明日、強豪マレーシアと対戦する。シングルスは、世界ランキング3位の山口茜や、リオ五輪女子シングルス銅メダルの奥原希望に期待がかかる。

2017年5月23日放送 5:50 - 8:00 日本テレビZIP!NEWS UPDATE
2020年東京オリンピック・パラリンピックのマスコットの選考の応募要項が発表された。応募資格は先月1日の時点で18歳以上で日本国籍または日本在住の外国人とし、グループでの応募も可能。去年のリオ大会では様々な動物の特徴を合わせ持ち、自然豊かなブラジルをイメージした想像上の生き物・ヴィニシウス。ロンドン大会ではスタジアムの鉄の欠片から生まれたウェンロックが大会を盛り上げた。マスコットの応募条件は体の正面に五輪エンブレムを入れることや競技ポーズを描写できること、性別を設定しないことなどが提示された。

2017年5月23日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!あさチャン!スポーツ
現役時代は天才セッターと称された中田久美新監督率いる全日本女子が始動。リオ五輪ではメダルに届かず、世界の壁を痛感。そして、バレー界の一時代を築いた木村沙織が今年3月に引退。大きな変化と新たな風を求められる中、全日本では34年ぶりとなる女性監督となった。これまでは”鬼監督”といわれてきた中田監督。しかし、今合宿ではじっと選手を観察。3年後の東京五輪、金メダルを手にした1964年と同じ舞台で メダルを獲得するため、全日本女子の戦いがはじまる。

2017年5月23日放送 3:50 - 4:00 TBS世界陸上8月4日開幕 ボルト ラストラン!(世界陸上8月4日開幕 ボルト ラストラン!)
2016年リオ五輪の男子400m決勝で43秒03を記録し17年ぶりに世界記録を更新した南アフリカのウェイド・バンニーキルク。バンニーキルクの心の支えは母親のオデッサさん。オデッサさんも国内トップクラスの短距離選手だったが、当時はアパルトヘイトの影響でレース出場は白人しか許されず世界を目指すことができなかった。バンニーキルクは「自分の活躍が母の誇りになって人生が豊かになるように考えている」と話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.