[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ニクソン大統領」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび NEWS

コロンビアのサントス大統領との共同記者会見でトランプ大統領の口から飛び出した魔女狩りの言葉。去年の大統領選挙でトランプ陣営とロシアが共謀した疑惑、いわゆるロシアゲートを捜査する特別検察官に ムラー元FBI長官が任命されたことに苛立ちを隠せない様子だ。ロシアとの不適切な関係を巡って辞任したフリン前大統領補佐官への捜査を打ち切るよう求めた司法妨害疑惑については、まったく答える素振りをみせなかった。今回の特別検察官の任命については、ロシア側と接触していた当事者との非難を受け捜査には関わらないと明言しているセッションズ司法長官に代わり、副長官の・ローゼンスタイン氏が任命するという異例の自体となった。トランプ大統領は19日から9日間の外遊に出発した。
ロシアゲートとは、1974年のアメリカのニクソン大統領が自身に追い込まれた「ウォーターゲート事件」になぞられてネーミングされている。ウォーターゲート事件では、共和党の関係者が民主党関係施設で盗聴をしようとした事件だ。その後、ニクソン政権の捜査妨害が明らかになった。今回はトランプ陣営とロシアが共謀して民主党側へサイバー攻撃を行ったのではとの疑惑が持たれている。その捜査をしていたコミー前FBI長官にトランプ大統領が、フリン前大統領補佐官の捜査を止めるよう要請していたとの疑惑が浮上して批判が高まっている。学習院女子大学の石澤教授によると、ローゼンスタイン副長官が更迭されたり何らかの証拠が出た場合に世論の反発が予想され、弾劾裁判への流れも考えられるという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月25日放送 16:00 - 17:15 テレビ東京日曜夕方の池上ワールド(オープニング)
スタジオではフォーブス世界長者番付について話題となった。1位はビル・ゲイツ氏となっている。ビル・ゲイツ氏とマーク・ザッカーバーグ氏はともにハーバード大学を中退しているという。

2017年6月22日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライトプロの眼
大統領の弾劾や合法的クーデターが起きると、トランプ大統領が交代する可能性がある。先週行われた閣議ではトランプ大統領に忠誠を誓うような発言が閣僚達からとびだした。吉崎さんは「アメリカでは場合によって大統領を罷免させて副大統領を大統領代理に就任させることが出来る。議会で3分の2の賛成があれば大統領の執務を停止させることが出来る。」等とコメントした。

2017年6月18日放送 18:05 - 18:42 NHK総合これでわかった!世界のいまこれでわかった!世界のいま
ロシアゲート疑惑について。横川さんがアメリカの政治スキャンダルのウォーター・ゲート事件について説明した。ビルの中に盗聴器を仕掛けようとして逮捕された。新聞記者に機密情報を提供していたディープスロートと言われる謎の人物がいた。正体はおよそ30年後、当時のFBI副長官だった事が明らかになった。

2017年6月18日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング風をよむ
加計学園獣医学部新設問題について、文部科学省の再調査で文書の存在が確認されたが、その内部告発した公務員の処遇の問題が囁かれている。義家文科副大臣は、内部告発者が守秘義務違反で国家公務員法違反に問われる可能性があると示唆した。文科省職員は記者の取材に対し、処分される可能性があるので何もコメントできないとした。一方アメリカでもロシア疑惑をめぐり、コミー氏の内部告発が話題になっている。コミー氏はトランプ大統領との2人きりの会話をメモし、友人に「報道機関に伝えるよう」依頼したと証言。トランプ大統領の弁護士はコミー氏を近く告訴する方針。朝日新聞の奥山氏は内部告発がないと組織の不正・腐敗が広がるので、早い段階で気づかせてくれるのが内部告発者だと語った。その一例がウォーターゲート事件。1972年、匿名の政府高官がワシントン・ポストの記者にニクソン大統領(当時)に関する情報をリーク、大統領の不正が暴かれ1974年にニクソン大統領は辞任した。日本では内部告発者が不利益な扱いを受けないよう、公益通報者保護法という法律がある。

2017年6月15日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ24h
アメリカのトランプ大統領がアメリカ大統領選でロシアが介入していた疑惑を操作していたミュラー特別検察官の解任を一時検討していたことが分かった。その背景にはコミー前長官とも親しかったのも理由の一つであったがウォーターゲート事件でニクソン大統領が特別検察官を解任しようとし辞任に追い込まれた事から解任は得策ではないと夫人らの説得に応じて思い留まった形となっている。
出演者たちがこうしたトランプ大統領の動きについて意見を交わしている。今回トランプ大統領が解任をしてしまったらロシアの大統領選挙への介入疑惑を揉み消そうとしたと映ってしまい、却って疑惑を強めてしまう危険から思い留まったのではないかと推測した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.