[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ティラーソン国務長官」 に関するテレビ情報

2017年4月17日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ 新聞トップ記事 徹底比較

ミサイルを発射を受け、ヤン国務委員とティラーソン国務長官が電話会談を行った。(朝日新聞)

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
既に実施している日本の独自制裁は北朝鮮への輸出入の全面禁止、在日本朝鮮人総合会幹部の日本への再入国禁止など。しかし強化しても効果は薄く実効性のある制裁強化が必要。きのう、菅義偉官房長官は「北朝鮮の外資収入を減少させるとともに、核・ミサイル関連の貨物や技術移転を防止することが重要」と話した。朝日新聞は「北朝鮮と取引のある第三国の企業や金融機関を制裁対象とするセカンダリー・サンクション(二次的制裁)の実施を軸に調整へ」と伝えている。古川勝久は「セカンダリー・サンクションと言われますけど、国連安保理決議に違反した企業や個人に加盟国は制裁措置を課すことは義務なんです。何故かあまり発動されてない。アメリカはこれまでイランに対してはイランと経済取引する、中国の金融界に対してはやったんですね。何故か北朝鮮に対してはやっていない。こういう事をしっかりとやって北朝鮮と協力してる企業、個人をちゃんと制裁していくのが重要」とコメント。
ティラーソン国務長官は今回のミサイル発射実験の継続に失敗している、北朝鮮に対する経済的、外交的な制裁は初期の段階と話しており今回のミサイル発射は「圧力を感じ始めていて、それに対しての反応かも」という見方もある。近日中にカール・ビンソン、ロナルド・レーガン両空母打撃群が朝鮮半島近海で合同演習を実施する予定。朴一は「やっぱりこれじゃダメじゃないかと。軍事制裁にいけよって声が逆にあがってくる事の恐ろしさ。それまでに北朝鮮と話し合いの場をもって凍結くらいに持っていかないと本当に戦争になる可能性もありますね」とコメント。それに対して荻原博子は「本当に戦争になっちゃったら日本と韓国ですよね。一番の重い被害は」とコメント。
文在寅大統領はきのう「北朝鮮の2週連続ミサイル発射についいて無責任な行動で、強く糾弾する」と述べた。一方で北朝鮮との民間交流や人道支援を再開させる姿勢を見せ、対北朝鮮制裁に向けた国際社会の足並みを乱すおそれがある。そんな中、今月26日(金)・27日(土)にイタリアでG7が開催される。朴一は「交流って事を一つスローガンに掲げて当選しましたので自分達が北の核を凍結させたいんですけどね。でも残念ながら北朝鮮の関心は韓国になくアメリカがターゲット。アメリカを交渉の場に引き出したい。韓国は下なんですね。文在寅氏が取れる策は限られている」とコメント。

2017年5月23日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
ティラーソン国務長官は「北朝鮮への圧力は初期段階にあり、北朝鮮が圧力を感じ始めたことへの反応で挑発行動をしているとも解釈できる。」と21日に発言している。辺真一さんは「アメリカの北に対する攻撃はまだまだカードを持っていて、それを国連安保理で審議している。国連が今回で7枚目の制裁決議を出したとしても北の核ミサイルを止めるのは難しい。北朝鮮への制裁が核ミサイル開発の拍車をかけてきたのがこの25年間の歴史。アメリカと北朝鮮は同じことをやっており、その繰り返しが現在の状況を作り出している。」とコメント。金慶珠さんは「トランプはアメリカの圧力の限界を自ら示してしまった側面もある。軍事的オプションを見せながらアメリカはそれを使用することはできない。マティスさんが言ったように悲劇的な状況を招きかねないと言っている。アメリカのカードは多く持っていないという見解を持つが、日本も傾きだしているが中国への圧力がポイントとなる。それでも北朝鮮は核ミサイル開発をやめないので、大胆な対話をすることもアメリカは考えているのではないか。」とコメント。

2017年5月23日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
北朝鮮は発射した新型の中距離弾道ミサイル「北極星2型」の映像を公開した。ことしに入って8回目になる。今回は、ミサイル先端部分に取り付けたカメラで宇宙空間から撮影したと主張する映像も公開された。金正恩委員長は実戦配備を承認し、「北極星2型」の量産を指示したという。「北極星2型」について、金沢工業大学虎ノ門大学院・伊藤俊幸教授は、固体燃料を使っていると指摘した。燃料の保管がきくことや、ミサイルを軽量・小型化できるという利点があるという。しかし、「北極星2型」の射程の範囲内を攻撃できる「ノドン」を北朝鮮はすでに200基ほど配備しているとみられ、伊藤氏は軍事的に見て新型の中距離弾道ミサイル開発の必要性が見当たらないとし、北朝鮮のねらいはアメリカを想定した固定燃料型ICBMの開発だと話した。アメリカのティラーソン国務長官は、北朝鮮に発射実験をやめるよう求めた。国連安全保障理事会は日米韓3カ国の要請を受け、現地時間23日に緊急会合を開催する予定だ。

2017年5月22日放送 23:00 - 0:09 日本テレビNEWS ZERO(ニュース)
きょう午後、北朝鮮はきのう発射した新型の中距離弾道ミサイル「北極星2型」の映像を公開した。ことしに入って8回目になる。今回は、ミサイル先端部分に取り付けたカメラで宇宙空間から撮影したと主張する映像も公開された。金正恩委員長は実戦配備を承認し、「北極星2型」の量産を指示したという。「北極星2型」について、金沢工業大学虎ノ門大学院・伊藤俊幸教授は、固体燃料を使っていると指摘した。燃料の保管がきくことや、ミサイルを軽量・小型化できるという利点があるという。しかし、「北極星2型」の射程の範囲内を攻撃できる「ノドン」を北朝鮮はすでに200基ほど配備しているとみられ、伊藤氏は軍事的に見て新型の中距離弾道ミサイル開発の必要性が見当たらないとし、北朝鮮のねらいはアメリカを想定した固定燃料型ICBMの開発だと話した。アメリカのティラーソン国務長官は、北朝鮮に発射実験をやめるよう求めた。国連安全保障理事会は日米韓3カ国の要請を受け、現地時間23日に緊急会合を開催する予定だ。

2017年5月22日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
今回発射された北朝鮮の弾道ミサイルは、発射直後にエンジンに点火する潜水艦発射弾道ミサイルを改良したもの。燃料には固体燃料が使用されており最高高度は560キロ。ミサイルは500キロ飛行し排他的経済水域外の日本海に落下したと見られている。北朝鮮の天才科学者と呼ばれる金正植は生年月日や経歴も不明の人物で、ミサイル技術の大幅な進化の中心人物と見られている。
平壌の中心部には未来科学者通りがあり、科学者と家族は高層マンションに無償で住め、功を立てた科学者には金委員長自ら最上級のもてなしが行われる。内部文書には「軍事力は反米決戦と社会主義建設の勝利のための決定的な担保である」と、核保有国としての立場でアメリカに交渉に臨むことが記載されていた。アメリカのティラーソン国務長官は「ミサイル実験は憂慮すべきことだ。彼らが核兵器計画を続けることは安全保障や繁栄につながらないというメッセージを受け取ることを願う」と述べた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.