TVでた蔵トップ >> キーワード

「ロシアゲート」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび NEWS

コロンビアのサントス大統領との共同記者会見でトランプ大統領の口から飛び出した魔女狩りの言葉。去年の大統領選挙でトランプ陣営とロシアが共謀した疑惑、いわゆるロシアゲートを捜査する特別検察官に ムラー元FBI長官が任命されたことに苛立ちを隠せない様子だ。ロシアとの不適切な関係を巡って辞任したフリン前大統領補佐官への捜査を打ち切るよう求めた司法妨害疑惑については、まったく答える素振りをみせなかった。今回の特別検察官の任命については、ロシア側と接触していた当事者との非難を受け捜査には関わらないと明言しているセッションズ司法長官に代わり、副長官の・ローゼンスタイン氏が任命するという異例の自体となった。トランプ大統領は19日から9日間の外遊に出発した。
ロシアゲートとは、1974年のアメリカのニクソン大統領が自身に追い込まれた「ウォーターゲート事件」になぞられてネーミングされている。ウォーターゲート事件では、共和党の関係者が民主党関係施設で盗聴をしようとした事件だ。その後、ニクソン政権の捜査妨害が明らかになった。今回はトランプ陣営とロシアが共謀して民主党側へサイバー攻撃を行ったのではとの疑惑が持たれている。その捜査をしていたコミー前FBI長官にトランプ大統領が、フリン前大統領補佐官の捜査を止めるよう要請していたとの疑惑が浮上して批判が高まっている。学習院女子大学の石澤教授によると、ローゼンスタイン副長官が更迭されたり何らかの証拠が出た場合に世論の反発が予想され、弾劾裁判への流れも考えられるという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月14日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
近藤大介さんが語る開戦Xデーの根拠として2人が追い詰められている理由について1つ目にトランプ大統領と金正恩委員長の2人が追い詰められているということをあげた。トランプ氏はロシアゲートと支持率が38%に低下したためだとしている。ロシアゲートとはアメリカの大統領選でトランプ陣営を勝たせるためにロシアがサーバー攻撃を行い介入した疑惑と、トランプ政権の関係者がロシアと不適切な接触を行ったという2つの疑惑のことである。デーブ・スペクターさんは「側近で疑惑を持たれている人が本当に多く、自分を助けるために証言するのではないかと言われている。特別捜査官のミュラーは大変な人なのでトランプも焦っているため、北朝鮮問題を人気取りに使っている。トランプの支持層は何かやってくれそうだと思えばそれに煽られて興奮する。だから金正恩よりもある意味危険」と述べた。宮根誠司さんは「イランやISのことについては敏感になっていたが、今は北朝鮮を脅威だと感じている。ここで北朝鮮と開戦すればロシアゲートから目をそらすことが出来る」と述べた。黒井文太郎さんは「全部憶測なので、関係ないと思っている」と意見を述べた。
一方金正恩委員長は中国とロシアも史上最高に厳しい対北制裁決議に合意しただけでなく、2001年以来の大干ばつと飢饉だとしている。国連安保理では今月の5月にロシアと中国を含む全会一致で北朝鮮への新たな制裁決議が採択されたが、内容には主要輸出品の石炭・鉄などの輸出禁止や海外で働く北朝鮮労働者の受け入れ増加の禁止や北朝鮮の団体などの新設・既存のものの拡大禁止などが上げられている。 これらは北朝鮮の核・ミサイル開発の資金源を絶つ目的で、北朝鮮の年間輸出収入の約3分の1(約1100億円分)が禁止対象になっている。これに対しては今月9日北朝鮮で10万人が参加する抗議集会が行われていた。宮根誠司さんは「中国まで採択にまわったことは北朝鮮にはショックだったのでは」と聞くと、辺真一さんは「北朝鮮はアメリカ側に回った中国・ロシアも非難している。この8回目の制裁を北朝鮮は史上最悪の制裁と言っていて、正常な貿易が遮断されて生存権が奪われるるためだとしていて、過去7回の制裁ではミサイルの発射権が奪われるという批判だった」と述べている。近藤大介さんは「中国は共産党大会までは静かにして欲しいと思う。(制裁が働くかは)中国次第」と述べた。黒井文太郎さんは「金融措置がどこまで抜け道が無いのかということと、最後の生命線である原油には手をつけていない。中国は北朝鮮を切り捨てることになるが、それには抵抗している」と対話重視の理由を述べた。さらに北朝鮮は大干ばつが起きていて、干ばつ対策のポスターが貼られているのだという。2001年以降最悪の干ばつでは4月から米やトウモロコシなど主要な農作物が被害を受け、今年の10・11月の収穫も期待ができず収穫量は30%減だといい、1人あたりの食料配給料は1日300gになり国連の最小推奨量600gの半分に落ちている。更に国際社会の対北朝鮮食糧支援が急減しているという。宮根さんは「16年ぶりの大干ばつだというが、経済成長しているという報告もあり実態がわからない」と質問すると辺さんは「去年は3%のプラス成長だったが、今年は食糧危機に見舞われるとして、当時亡命したファン・ジャンヨプ労働書記の証言によると「200万人の餓死者が出た」と言われていて、金正恩委員長も外交的圧力や経済制裁や軍事的プレッシャーをかけられてアメリカに対して「正義の行動をとる」といい、この行動がグアムに向けた射撃につながっている」と述べた。宮根さんは「金委員長は何があっても核をやろうとしているのか、経済的に困窮しているから会談したくてやっているのかがわからない」と質問すると安田洋祐さんは「追い込まれていなくてもアメリカと2国間交渉に持って行きたかったのではないかと思う。基本的にやることはぶれてないとしている。」CNNの調査では北朝鮮は危険かと聞いたところ「非常に危険」と答えた割合が62%で、「そこそこ危険」も23%となり、85%の人が危険と認識していたことになる。さらに軍事行動に対しても50%の人が「賛成」しているという。宮根さんは「ICBMが発射されたということで、シカゴ本当であれば届くというのはアメリカ人には大変な脅威だと思っているのか」と聞くと、デーブさんは「脅威ではあるが、自殺行為なのでやるわけがない。一番恐れているのは核兵器開発のノウハウをテロ集団や他の国に売るほうだ」と述べた。宮根さんは「大気圏突入は高温になるがそこはできているのか」と質問をすると、黒井文太郎は「底までは完成していないがいずれは成功させる。どういう壁に当たっているのかはCIAも含めてわからないが、早まる可能性も視野に入れなければならない」と述べた。

2017年8月14日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(池上彰&増田ユリヤが徹底生解説 世界が混乱…トランプ大統領vs米メディア)
米国内にはトランプ政権寄りのメディアとそうでないメディアがある。FOXニュースでは5月、大統領選で民主党のメールが大量に流出した問題に「民主党議員が関与した」と報じられた。情報元である元警官は「フェイクニュースに加担させられた」と話しており、トランプ政権に向けられたロシア疑惑の目をそらす目的のニュースだったという疑惑が持たれている。新聞では各社の意向を強く反映させることができるが、放送では規律があり公正な内容でなければいけないというある程度の制約がある。

2017年8月13日放送 9:54 - 11:30 TBSサンデー・ジャポンデーブ・スペクターのワールドワイド・ニュース
トランプ大統領が、今月6日から週1回 自身のフェイスブックでニュース番組を配信することになった。タイトルの「リアルニュース」は大統領がCNNを揶揄した表現「フェイクニュース」を意識してのものと思われる。MCを務める女性キャスター ケイリー・マクナニーはCNNの元コメンテーターで内容は「大統領就任以降 100万人以上の雇用を生み出した」など、トランプ政権にとってプラスのニュースのみを報道し、ロシア疑惑などマイナスのニュースは報じない。

2017年8月12日放送 5:30 - 8:00 日本テレビズームイン!!サタデーニュース6→7
トランプ大統領は連日北朝鮮に警告を発し、11日に「私の発言の重大さを理解すると願う」と述べ牽制した。その一報AP通信は両国が水面下で接触を続けていると報じた。ココ数ヶ月拘束されたアメリカ人の解放を協議しているという。トランプ政権は軍事力行使をちらつかせながら駆け引きを続けている。また日本時間昨夜8時半更新のツイッターで軍事的解決をする準備は万全だと警告した。言葉を裏付けるように昨日グアムの基地からB1戦略爆撃機で先制攻撃の訓練を行っているという。観光地グアムで高まる緊張にグアムへ向う人たちからは不安と打たないことを願っていた。
北朝鮮が今月9日に米軍基地のあるグアムを弾道ミサイルで攻撃する作戦を検討していると威嚇。これはグアムから飛行した米軍爆撃機の朝鮮半島上空での訓練などに反発したものだった。米軍によると8日にも朝鮮半島や東シナ海の上空などで日本や韓国とそれぞれ訓練を行ったという。米軍空軍が公開した写真には米爆撃機と並び日本のF-2戦闘機が確認できた。訓練は北朝鮮を牽制する狙いがあるとみられ、米軍は声明で、今夜にでも戦う準備があるとした。今回北朝鮮が使うとしている火星12型は、最大射程は約5000kmでグアムも含められる。トランプ大統領は北朝鮮が新たなICBMや核実験を行った場合は武力行為も辞さないと述べた。
しかし北朝鮮では平壌の金日成広場で集会が行われ、国営メディアは10万人が参加したと伝えた。さらに火星12型をグアム周辺に発射する詳細を明らかにした。計画では火星12型を4発同時に発射し、18分弱飛行し、周辺30~40キロに着弾させるとしていて、途中で日本の島根。広島、高知の上空を通過するという。島根県は急きょ会議を開催した。防衛省は今日にも迎撃ミサイルPAC3を島根、広島、高知、愛媛の陸上自衛隊駐屯地に展開する方針を固める。昨夜8時過ぎ航空自衛隊のトラックが岐阜・各務原市の基地から出発した。PAC3は落下中の弾道など数十キロ上空で迎撃する能力がある。名指しされた島根・広島・高知に配備される。その後高知県・高知駐屯地に午前3時前に車両が到着した。この後島根、広島、愛媛の駐屯地にもPAC3を移動させ午前中に展開終えたい考え
そして10日会見を開いたトランプ大統領は、北朝鮮問題が議論され、グアムに何かすれば誰も見たことのないことが起こるとコメントした。両国で繰り広げられる挑発合戦。こうした自体にアメリカのメディアは、これまでロシア疑惑などを報じてきたが、一転して北朝鮮問題を連日報じている。挑発合戦にトランプ大統領は記者から指摘を受けるが、意に介する様子はなかった。一方で火消しに追われるティラーソン国務長官は、外交努力を続け差し迫った脅威はないと強調した。しかしトランプ大統領が打ち合わせなしに発言したとも報じられ政権内の連携不足を指摘されている。こうした中アメリカ議会の民主党議員約60人がトランプ大統領の発言は無責任で危険と自制させるようティラーソン国務長官に送った。そしてゴア元副大統領も、発言が金正恩委員長に似てきたとコメントした。

2017年8月10日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル新着 いま何が?
アメリカ・ニューヨーククイーンズ地区に今も残るトランプ大統領が生まれてから4歳まで過ごした家がアメリカの民泊仲介サイトを通じ貸し出されることになった。価格は1泊725ドル、日本円で約8万円。この家の台所は当時のまま、豪華な家財道具は当時の暮らしぶり・裕福さを表すものとなっている。最大20人まで宿泊可能。応接室にはトランプ氏の切り抜きパネルが立っている。一方トランプ氏を巡ってはアメリカ大統領選でのロシア疑惑問題でFBIがトランプ陣営元幹部の自宅を捜索したとアメリカメディアが報じている。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.