[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ロシアゲート」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび NEWS

コロンビアのサントス大統領との共同記者会見でトランプ大統領の口から飛び出した魔女狩りの言葉。去年の大統領選挙でトランプ陣営とロシアが共謀した疑惑、いわゆるロシアゲートを捜査する特別検察官に ムラー元FBI長官が任命されたことに苛立ちを隠せない様子だ。ロシアとの不適切な関係を巡って辞任したフリン前大統領補佐官への捜査を打ち切るよう求めた司法妨害疑惑については、まったく答える素振りをみせなかった。今回の特別検察官の任命については、ロシア側と接触していた当事者との非難を受け捜査には関わらないと明言しているセッションズ司法長官に代わり、副長官の・ローゼンスタイン氏が任命するという異例の自体となった。トランプ大統領は19日から9日間の外遊に出発した。
ロシアゲートとは、1974年のアメリカのニクソン大統領が自身に追い込まれた「ウォーターゲート事件」になぞられてネーミングされている。ウォーターゲート事件では、共和党の関係者が民主党関係施設で盗聴をしようとした事件だ。その後、ニクソン政権の捜査妨害が明らかになった。今回はトランプ陣営とロシアが共謀して民主党側へサイバー攻撃を行ったのではとの疑惑が持たれている。その捜査をしていたコミー前FBI長官にトランプ大統領が、フリン前大統領補佐官の捜査を止めるよう要請していたとの疑惑が浮上して批判が高まっている。学習院女子大学の石澤教授によると、ローゼンスタイン副長官が更迭されたり何らかの証拠が出た場合に世論の反発が予想され、弾劾裁判への流れも考えられるという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月27日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
21日の定例会見でスパイサー報道官が会見をした様子をCNNがリアルタイムで中継をしたが、2日後の定例会見は会見終了後にイラストと音声で伝えた。ホワイトハウスはスパイサー報道官らによる定例会見の回数や取材方法を制限した。これはロシアゲート疑惑などを追求するメディアへの反発か、と言われている。これまでは、定例会見を週に4~5回行っていたが、5月下旬トランプ大統領が外遊から帰国後に開催回数が減っていった。ホワイトハウス記者会は国民には政府高官が質問に直面するのを視聴する権利があると反発したが、23日の定例会見ではカメラ撮影・音声での生放送が禁止とされ、CNNはイラストで会見の様子を伝えた。

2017年6月25日放送 16:00 - 17:15 テレビ東京日曜夕方の池上ワールド日曜夕方の池上ワールド
スタジオではトランプ大統領について解説された。FBIはトランプ大統領とロシアの関係を捜査していたが、コミー長官が突然解任された。ロシアゲートとはトランプ大統領と組んでいるロシアが、大統領選挙中にクリントン陣営の民主党全国委員会の内部メールを流出させたという疑惑のこととなっている。

2017年6月24日放送 11:25 - 11:35 日本テレビNNN ストレイトニュース(NNN ストレイトニュース)
トランプ大統領が特別検察官は厄介などと批判し注目されている。アメリカではロシアをめぐる疑惑でコミー前長官を辞任させるなど捜査妨害などをしたとして調査が進んている状況だったが、こうしたことにミュラー特別検察官が調査していると報じられていた。だがトランプ大統領はFOX NEWSのインタビューで「ミュラー氏はコミー前長官と非常に親しい。非常に厄介だ」などと答えていた。だがこのミュラー氏が担当から外れるべきか?との問いには「様子をみよう」との対応だった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.