[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「・ローゼンスタイン司法副長官」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび NEWS

コロンビアのサントス大統領との共同記者会見でトランプ大統領の口から飛び出した魔女狩りの言葉。去年の大統領選挙でトランプ陣営とロシアが共謀した疑惑、いわゆるロシアゲートを捜査する特別検察官に ムラー元FBI長官が任命されたことに苛立ちを隠せない様子だ。ロシアとの不適切な関係を巡って辞任したフリン前大統領補佐官への捜査を打ち切るよう求めた司法妨害疑惑については、まったく答える素振りをみせなかった。今回の特別検察官の任命については、ロシア側と接触していた当事者との非難を受け捜査には関わらないと明言しているセッションズ司法長官に代わり、副長官の・ローゼンスタイン氏が任命するという異例の自体となった。トランプ大統領は19日から9日間の外遊に出発した。
ロシアゲートとは、1974年のアメリカのニクソン大統領が自身に追い込まれた「ウォーターゲート事件」になぞられてネーミングされている。ウォーターゲート事件では、共和党の関係者が民主党関係施設で盗聴をしようとした事件だ。その後、ニクソン政権の捜査妨害が明らかになった。今回はトランプ陣営とロシアが共謀して民主党側へサイバー攻撃を行ったのではとの疑惑が持たれている。その捜査をしていたコミー前FBI長官にトランプ大統領が、フリン前大統領補佐官の捜査を止めるよう要請していたとの疑惑が浮上して批判が高まっている。学習院女子大学の石澤教授によると、ローゼンスタイン副長官が更迭されたり何らかの証拠が出た場合に世論の反発が予想され、弾劾裁判への流れも考えられるという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
トランプ大統領は北朝鮮の挑発行為へ厳しい姿勢を示していたが今回のミサイル発射には一切反応がない。ロシア政府による米大統領選への介入疑惑が国内で大きな問題となり政権が揺らいでいるという。流れを変えたのは疑惑を捜査していたFBI長官の解任にあるという。米メディアによるとトランプ大統領がロシア外相らと会談した際にコミー元FBI長官に対し「彼は頭のおかしい変人」など話した。これに対して司法省副長官は元FBI長官ロバート・ムラー氏を特別検察官へ任命、今後ロシア問題の捜査を行う。就任後初の外国訪問先であるサウジアラビアなどでは歓迎されるも米メディアからは危機からの逃避行などと批判される。

2017年5月21日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(ニュース)
疑惑の相次ぐトランプ大統領に弾劾の可能性がでてきた。20日土曜日に就任後初めての外遊でサウジアラビアを訪れ、歓迎の茶会でサルマン国王らとにこやかに会談した。しかしトランプ大統領が外遊に出る前にトランプ政権とロシアの不透明な関係をめぐって新たな疑惑が相次いで持ち上がっていた。15日にワシントン・ポストはトランプがロシアのラブロフ外相にイスラム国に関する最高レベルの機密を漏らしたと報じた。この情報はイスラエルから提供されたものだという。これについてトランプはツイッターで「テロと航空の安全に関係する事実をロシアと共有したかった」などとコメントしている。16日のニューヨーク・タイムズではトランプがフリン前大統領補佐官の捜査中止を要請したと報じた。フリンはトランプ政権発足前に駐米ロシア大使と対ロ制裁の問題を話し合ったとして辞任に追い込まれていた。ニューヨーク・タイムズによるとトランプはフリンが辞任した翌日に前FBI長官と2人だけで会談し、彼はいい人なのでこの件は放っておいてくれるといいと話したという。シューマ-上院院内総務は国の安全保障、法の支配、法の執行機関の独立性に対する懸念が高まっているとコメントした。これに対し、17日に司法省はロシアゲート疑惑で特別検察官を任命することを決定した。特別検察官は過去にはニクソン大統領を辞任に追い込んだウォーターゲート事件などで任命されてきた。ホワイトハウスは当初、特別検察官は不要としていたが、司法省のローゼンスタイン氏が国民に納得してもらう捜査結果を出すには必要だとしてFBI長官を務め、与野党の信頼の厚いモラー氏を起用した。

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビめざましどようびめざましNEWS
トランプ大統領は就任後初の外遊となる中東・欧州へ出発した。サウジアラビアを訪れ指導者とイスラム国掃討での結束を確認する見通し。イスラエルでは中東和平に向けた協議を行う予定となっている。さらにローマ法王とも会談し3つの宗教の本拠地訪問で過激主義に対する団結を示す方針。

2017年5月19日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
去年のアメリカ大統領選挙をめぐりトランプ陣営とロシアが共謀したとされる疑惑。その捜査をする特別捜査官に元FBI長官のムラー氏が任命。18日のコロンビア・サントス大統領との共同記者会見では米トランプ大統領が疑惑追及を「魔女狩りだ」など発言し批判。米メディアは今年1月に「ロシア当局がトランプ氏の個人的な問題情報をつかんだ」と報道。ロシア側との不適切な関係をめぐり解任したフリン前大統領補佐官の捜査で、今年2月にトランプ大統領が当時FBI長官だったコミー氏に捜査打ち切りを要求した司法妨害疑惑についてはトランプ大統領は不愉快に否定。また、特別捜査官をめぐり異例の事態に。本来特別捜査官の任命はセッションズ司法長官が行う。セッションズ司法長官は「ロシア側と接触していた当事者だとの批判を受け捜査には関わらない」と宣言。特別捜査官を任命したローゼンスタイン司法副長官。ホワイトハウスが知ったのは発表の30分前。これを聞いたトランプ大統領は「やらせておけ」と発言。特別捜査官に任命のムラー氏は現在72歳。米同時多発テロ事件の1週間目にFBI長官に就任していた。筋金入りの捜査官として共和・民主両党からも厚い信頼を得ていた。トランプ大統領の支持率は今回の司法妨害疑惑を受け、就任以来最低の39.7%に。トランプ大統領は19日から初外遊で中東・欧州を訪問。

2017年5月19日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
特別検査官の任命について、ローゼンスタイン司法副長官は「特殊な状況を考慮した」としている。トランプ氏とロシアを巡るスキャンダルが連日のように報道され、捜査を求める世論が強まっていた。ナンバー2のローゼンスタイン副長官が任命判断したのも異例で、本来権限を持つセッションズ司法長官がトランプ氏に近く彼もまた捜査対象となるため。トランプ氏がコミー元長官の解任理由を二転三転させたことなどから捜査当局が政権を擁護しているとして米メディアの集中砲火を浴びていた。また特別検査官・モラー氏のFBI長官時代にはコミー氏は副長官を務めており、コミー氏から証言を得やすい。(読売新聞)

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.