[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ローゼンスタイン副長官」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび NEWS

コロンビアのサントス大統領との共同記者会見でトランプ大統領の口から飛び出した魔女狩りの言葉。去年の大統領選挙でトランプ陣営とロシアが共謀した疑惑、いわゆるロシアゲートを捜査する特別検察官に ムラー元FBI長官が任命されたことに苛立ちを隠せない様子だ。ロシアとの不適切な関係を巡って辞任したフリン前大統領補佐官への捜査を打ち切るよう求めた司法妨害疑惑については、まったく答える素振りをみせなかった。今回の特別検察官の任命については、ロシア側と接触していた当事者との非難を受け捜査には関わらないと明言しているセッションズ司法長官に代わり、副長官の・ローゼンスタイン氏が任命するという異例の自体となった。トランプ大統領は19日から9日間の外遊に出発した。
ロシアゲートとは、1974年のアメリカのニクソン大統領が自身に追い込まれた「ウォーターゲート事件」になぞられてネーミングされている。ウォーターゲート事件では、共和党の関係者が民主党関係施設で盗聴をしようとした事件だ。その後、ニクソン政権の捜査妨害が明らかになった。今回はトランプ陣営とロシアが共謀して民主党側へサイバー攻撃を行ったのではとの疑惑が持たれている。その捜査をしていたコミー前FBI長官にトランプ大統領が、フリン前大統領補佐官の捜査を止めるよう要請していたとの疑惑が浮上して批判が高まっている。学習院女子大学の石澤教授によると、ローゼンスタイン副長官が更迭されたり何らかの証拠が出た場合に世論の反発が予想され、弾劾裁判への流れも考えられるという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月20日放送 18:00 - 18:10 NHK総合ニュース(ニュース)
就任から半年を迎えたトランプ大統領はニューヨーク・タイムズのインタビューで”ロシア疑惑”について、選挙中トランプ氏を支えたセッションズ司法長官が”疑惑の捜査に関与しない”と表明したことに言及した。”長官の職を受けておきながら捜査に関与しないなんてあり得ない”と批判した。”もし彼が職を受ける前に関与しないと言っていれば「君にはこの職を与えない」と伝えた。彼の行為は大統領に対してずるいと表現しても生ぬるい”と憤りを露わにした。また特別検察官を任命したローゼンスタイン司法副長官を批判し、特別検察官に就任したモラー元FBI長官についても”適任者かどうか疑問を呈す”と疑惑をめぐる現状に不満を訴えた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.