[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ムラー特別検察官」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび NEWS

コロンビアのサントス大統領との共同記者会見でトランプ大統領の口から飛び出した魔女狩りの言葉。去年の大統領選挙でトランプ陣営とロシアが共謀した疑惑、いわゆるロシアゲートを捜査する特別検察官に ムラー元FBI長官が任命されたことに苛立ちを隠せない様子だ。ロシアとの不適切な関係を巡って辞任したフリン前大統領補佐官への捜査を打ち切るよう求めた司法妨害疑惑については、まったく答える素振りをみせなかった。今回の特別検察官の任命については、ロシア側と接触していた当事者との非難を受け捜査には関わらないと明言しているセッションズ司法長官に代わり、副長官の・ローゼンスタイン氏が任命するという異例の自体となった。トランプ大統領は19日から9日間の外遊に出発した。
ロシアゲートとは、1974年のアメリカのニクソン大統領が自身に追い込まれた「ウォーターゲート事件」になぞられてネーミングされている。ウォーターゲート事件では、共和党の関係者が民主党関係施設で盗聴をしようとした事件だ。その後、ニクソン政権の捜査妨害が明らかになった。今回はトランプ陣営とロシアが共謀して民主党側へサイバー攻撃を行ったのではとの疑惑が持たれている。その捜査をしていたコミー前FBI長官にトランプ大統領が、フリン前大統領補佐官の捜査を止めるよう要請していたとの疑惑が浮上して批判が高まっている。学習院女子大学の石澤教授によると、ローゼンスタイン副長官が更迭されたり何らかの証拠が出た場合に世論の反発が予想され、弾劾裁判への流れも考えられるという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月21日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
今週を「メイド・イン・アメリカウィーク」と銘打ち国内産業活性化を謳っているトランプ大統領は19日、ニューヨーク・タイムズに取材を受けた時「昭恵夫人は英語を話さない」と語った。G20サミットの夕食会では夫人が隣に座りったものの1時間45分の間挨拶もしなかった。しかしあるアメリカメディアは「夫人は英語で流暢なスピーチをした。大統領の発言は嘘だ。夫人は大統領との会話を避けるために英語がわからないふりをしたのかもしれない」とコメント。事実2014年にニューヨークで行われた津波被害に関するイベントでは英語でスピーチしている。ワシントン・ポストは「簡単な挨拶などは英語でできるがそれ以上の会話ができるのかは分からない」とコメント。またトランプ大統領とプーチン大統領が二度目の会談をしたことが明らかになり波紋を広げた。トランプ大統領はこれについて「メラニア夫人の隣にプーチン大統領がいたことがきっかけになった」とコメント。会話は15分程度で、ロシアがアメリカに対し禁じている身寄りのないロシア人の子供とアメリカ人の養子縁組について語ったという。トランプ大統領はロシア疑惑の捜査から身を引いたセッションズ司法長官の対応を非難。モラー特別検察官についても「ロシアと無関係な家族の資産を捜査すればレッドラインを越えることになる。職権乱用だ」とコメント。

2017年7月21日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(NY ニュース)
ロシアによるアメリカ大統領選への介入を調べているモラー特別検察官がトランプ氏のビジネス上の取引についても調べていると報じた。モラー氏の捜査チームはトランプ氏の不動産会社とロシア企業による開発事業などを捜査している。

2017年7月21日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!JNN
就任から半年を迎えたトランプ大統領は、ロシア疑惑を巡り捜査から身を引いたセッションズ司法長官の対応を強く非難するとともにモラー特別検察官の捜査を牽制するなど苛立ちを強めている。20日付のニューヨーク・タイムズは、トランプ大統領とのインタビューの内容を掲載した。

2017年7月20日放送 22:09 - 23:25 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
トランプ大統領就任から半年が経過した。トランプ大統領はオバマケア代替案の法案成立への協力を求め、ホワイトハウスに共和党上院議員52人中共和党ヘラー上院議員ら49人を招集した。TPP離脱やパリ協定脱退などは、大統領の権限で可能だが、議会の説得がからむ政策では成果が出ていない。またトランプ大統領は、ニューヨーク・タイムズとのインタビューでセッションズ司法長官がロシア疑惑の調査から身を引いたことを批判した。セッションズ司法長官は疑惑の捜査にはかかわらないとし、ミュラー特別検査官の選任につながった。長男トランプ・ジュニア氏とクシュナー大統領上級顧問が来週議会の公聴会で証言を行うことになっている。

2017年7月20日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
“ロシア疑惑“相次ぐ辞任…トランプ大統領「就任6ヵ月」。2月には就任前に駐米ロシア大使とで電話で密談したとしてマイケル・フリン大統領補佐官が辞任。5月にはコミーFBI長官が電撃解任された。その後ミュラー元FBI長官が、特別検察官に就任。今月、長男のジュニア氏に疑惑が発覚。選挙戦中にロシア関係者と会合したと報じられた。さらにその会合には、クシュナー大統領上級顧問とマナフォート元選対本部長も同席したとされる。佐々木さんは「これ新しい情報入ってきておりまして」と言い議会はジュニア氏やマナフォート氏などに対し、来週の公聴会への出席を要請したと伝えた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.