[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ワシントン(アメリカ)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月24日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアニュースアクア430
ワシントンでトランプ大統領はフォード・モーターやデルなど製造業トップ24人と会談し、アメリカに雇用を取り戻す決意表明をした。また、ソフトバンクグループの投資計画などアメリカの雇用増加に貢献した企業に感謝の言葉を述べるとともにトランプ政権の成果をアピールした。一方、メキシコについて貿易赤字への対応や国境の壁の必要性を強調した。

2017年2月24日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
トランプ政権はトランスジェンダーの子どものトイレの使用に関する指針を撤回した。オバマ前政権では心の性に応じ、使用を認めるとされていたが、トランプ政権は地元政府などが対応を決めるべきとしている。保守派のトイレで性犯罪が起きる危険性があるとの反発に配慮した。しかし、ワシントンのホワイトハウス前では、方針撤回に抗議デモが起こった。

2017年2月23日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論トランプ政権を支える“もうひとつのアメリカ”
アメリカのトランプ政権が誕生して1ヶ月が過ぎた。大統領は就任早々、中東・アフリカ諸国からの入国を一時禁止する大統領令を発令するなど、強引な政策と歯に衣着せぬ発言を連発している。国内外からの批判の声もあがっているが、一方で支持を得ている事も事実。今夜は“もうひとつのアメリカ”をキーワードに、なぜトランプ政権がアメリカ国民から一定の支持を受けているのかを考える。
2016年の大統領選挙で、トランプ氏は30の州で勝利。一方、総得票数では200万票以上もトランプ氏を上回ったクリントン氏は、20の州と首都ワシントンで勝利した。クリントン氏は富裕層やインテリ層が多く住む都市部に支持が偏っていたのに対し、トランプ氏の支持は農村部を中心に面的な広がりがあった。そこに住むトランプ支持者は、年々増える移民に対し警戒心と嫌悪感を抱いている。移民に仕事を奪われるという心配は、実際に直面している問題というよりは、将来、自分の身に降り掛かってくるかもしれないという恐怖心なのかもしれない。
チャンスを求め世界中から移民がやってくるアメリカは、オープンでありながら内向きな面も併せ持つ。そんなアメリカで急速に普及しているのがインターネットで、既存のニュースメディアで情報を得ている人は減り、メディアへの信頼度も低下を続けている。外の世界を知らず移民が増え白人中心の社会が変わっていくことに、不安感をいだき、既存メディアの報道を信用しない人達、トランプ政権を支えるもう一つのアメリカからはそんなアメリカ人の姿が見えてくる。
アメリカは今後どこに向かうのか。多民族国家のアメリカは何度も分断と融和を繰り返してきた。トランプ現象は変貌を続けるアメリカ社会の通過点の一つなのかもしれないと出石直が解説した。

2017年2月23日放送 23:15 - 23:55 NHK総合ニュースチェック11(CHECK 科学・文化・トレンド)
欧米の研究者などの国際共同研究チームは、太陽系から約40光年離れた宇宙に地球と似た大きさの惑星が7つあると発表した。“水が存在するか”、“生命を育める惑星か”などといった研究が本格化することが期待されている。

2017年2月23日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
ワシントンでNASAの担当者は「宇宙望遠鏡で約40光年先の恒星を回る7つもの地球サイズの惑星を発見した」と話した。また、3つには地表に水があり生命が存在している可能性が高い。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.