[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ワシントン(アメリカ)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月22日放送 0:35 - 1:15 フジテレビスポーツLIFE HEROS(ニュース)
就任式を終えたトランプ大統領はツイッターで「素晴らしい一日だった」とコメントし、精力的に公務をこなしている。一方で反トランプデモも各地で本格化している。21日、ワシントンで20万人規模の抗議デモが行われ、ニューヨークやロサンゼルスでもデモが起きた。

2017年1月22日放送 0:15 - 0:35 テレビ朝日ANNニュース&スポーツ(ANN NEWS )
トランプ氏がアメリカの第45代大統領に就任し、大きな政策転換を図る姿勢を示しました。70歳で就任したトランプ大統領。演説では既存の政治からの脱却を強調した。演説を終え、ホワイトハウスに向けてパレードしたトランプ氏は、途中で車を降りてメラニア夫人や息子のバロンくんと歩いた。一方で、トランプ氏の就任に抗議する人たちの大規模なデモが全米各地で相次いた。一部が暴徒化し、ワシントンだけで少なくとも217人が逮捕された。その後、ホワイトハウスに入ったトランプ氏は、医療保険制度「オバマケア」の見直しを指示する大統領令に署名した。また、カナダやメキシコと結ぶNAFTAの再交渉を行う方針を明らかにし、TPPからの離脱も打ち出した。この日の締めくくりにはトランプ氏は舞踏会に出席した。

2017年1月21日放送 22:54 - 0:18 TBS新・情報7daysニュースキャスター7DAYS REPORTS
トランプ大統領の就任式での映像を流した。この就任式のとき、会場の連邦議会議事堂周辺や、全米各地で100以上の団体が抗議デモが行われ、一部のデモ隊は暴徒化した。講義の動きは全米に広がり、ワシントンでは217人が逮捕された。また、トランプ大統領の「アメリカ第一主義」を全面に打ち出した演説を映像で紹介した。アメリカ政治の専門家・明治大学の海野素央教授は、トランプ大統領の演説の、「忘れられていた国民はもう忘れられることはありません」という部分に注目し、これを白人労働者たちにとって「やっと気持ちを理解してくれる大統領が出てきた」という気持ちになったフレーズであると解説した。また、トランプ大統領は、アメリカ国民の雇用を奪うとしてTPPからの離脱やNAFTAの再交渉を表明した。

2017年1月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合NHKニュース7(ニュース)
トランプ新大統領の就任式がアメリカ首都ワシントンで行われ、第45代合衆国大統領となったトランプ氏は演説にてアメリカの国益を最優先するなどの発言をした。トランプ大統領就任に抗議する人たちの大規模なデモも発生し、多くの民主党議員が就任式に出席拒否した。

2017年1月21日放送 17:30 - 18:00 フジテレビFNNみんなのニュース(ニュース)
今回、トランプ大統領はTPPの離脱を表明、NAFTAは再交渉、オバマケアは撤廃を公言している。アメリカ・ワシントンから中継で松山氏は「選挙中の演説の真偽に乏しく、アメリカの団結より分裂を印象付けるものに感じた」と語った。またアメリカ第一主義を連呼、移民家政策を強化し国内の雇用を取り戻す事を約束するもパレードにはオバマ前大統領就任式より少ない群衆だった事、市内では反対デモも頻発する騒動となっている。また政策の実現性について松山氏は「バイ アメリカン」と呼ばれる米製品購買運動、80年代の日米経済摩擦時代の要望を持ち出し国内企業を支える姿勢を示したが、こうした姿勢は米国が経済のグローバル化に逆行し、保護主義に走るとの宣言に等しいとの意見もあがっていると説明。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.