[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ワシントン(アメリカ)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月29日放送 7:00 - 8:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
矢野尚平による北朝鮮に関するトーク。ミサイル発射についてはまだ韓国の聯合ニュースが伝えた情報にとどまっており、発射されたのは午前5時半頃、北朝鮮西部にある平安南道から弾道ミサイル発を発射したが失敗したとみられている。ミサイルの種類などは不明で現在アメリア軍と韓国軍が調査をしている。28日にアメリカのニューヨークで北朝鮮の核問題を話し合う国連安全保障理事会の会合が開かれておりそれに合わせ、国際社会の連携や包囲網を牽制する狙いがあるのではないかとみられている。この会合はアメリカのティラーソン国務長官が議長として岸田外務大臣も参加し、日本や韓国などは圧力を強化して北朝鮮の脅威に対抗すべきだと主張、一方中国やロシアなどは軍事的な緊張を和らげ対話を通じた解決を目指すべきだと反論した。北朝鮮は国際社会が一致して圧力をかけることを嫌っているので動きを牽制する狙いがあったのではないという。トランプ政権は北朝鮮への圧力を強めており武力行使も排除しないという姿勢を示しており、空母カール・ビンソンを中心とした艦隊を朝鮮半島に向かわせるなど牽制し、弾道ミサイル発射を通じて圧力には屈しないという狙いがあったのではないかという。
石山記者によるワシントンから中継。今回のミサイル発射についてアメリカ政府の公式な発表はまだ出ていないが、ABCニュースは政府の当局者の話としてミサイルは発射数分後にバラバラになり日本海に落ちたと伝えた。一部の報道では今回発射されたミサイルが、SLBM、潜水艦発射弾道ミサイルを地上型に改良したものの可能性があるという話も出ている。ニューヨークの国連本部で北朝鮮対応を話し合う国連安全保障理事会が開かれており、その後中国の王毅外相と会談し北朝鮮への圧力を強めるよう具体的な取り組みを求めたとみられている。それだけに北朝鮮の反発はある程度予想できたといえるが、アメリカ本土に届くICBM、大陸間弾道ミサイルの開発には神経を尖らせており今回発射されたミサイルについても分析を急ぐとみられている。現在アメリカ軍は日本の回りに空母カール・ビンソンを中心とする艦隊を展開させ、自衛隊などと共同訓練もしている。空母は今後北上するとみられており、引き続き圧力を強める構えをみせている。アメリカ軍の当局者は日本周辺での軍事的な力を維持すると話しており今後も予断を許さない状況は続くとされている。再び北朝鮮がミサイル発射に踏み切ったことで、トランプ政権が中国への圧力を強めるというのも間違いないとされ米中の協議の行方も注目される。今後北朝鮮はどのように動くか矢野記者は、今後も発射を繰り返す可能性がある。10日に1度づつのペースでミサイルを発射しているがいずれも失敗しており、この失敗を踏まえて発射能力などを改良しまた発射してくると予想している。今回失敗したとはいえ強硬姿勢を崩さない北朝鮮に対して、トランプ政権がどう出るのか見極めた上でアクションを考える可能性があるので引き続き警戒と監視は必要とされるとコメントした。

2017年4月29日放送 5:30 - 8:00 日本テレビズームイン!!サタデーニュース6→7
北朝鮮の国営メディアは今週火曜日の軍創建85周記念日に行われた演習の映像を放送。公開された映像には自走砲が並び、砲弾を数十キロ先に打ち込む能力があるとみられる。その後自走砲は海岸へ移動、去年の演習と比べ、今年はより多くの自走砲を配置している。演習開始とともに潜水艦と攻撃機が動き出し島に向けて攻撃を開始。演習には陸海空軍が参加、創建以来最大規模だという。さらにアメリカや韓国を威嚇した。同日、海上自衛隊と共同訓練を行っている米原子力空母のカール・ビンソンが朝鮮半島近海へ向け北上している。今週木曜日には韓国・釜山へ米原子力潜水艦のミシガンが入港。ミシガンは巡航ミサイル「トマホーク」を150発以上搭載でき世界最強の呼び声も高い。一方で軍事境界線から25キロほどしか離れていない抱川でも韓国軍と米軍による攻撃訓練が行われた。訓練では戦闘機・攻撃ヘリなど約50機が参加、戦車・装甲車は約90両が投入された。約2000人が訓練に参加、北朝鮮のミサイル基地攻撃を想定している。またハリス司令官はカール・ビンソンはフィリピン沖にいる、数日中にさらに北上すると発言。
トランプ大統領は27日、ロイター通信での取材で武力衝突の可能性に言及、北朝鮮へ警告。大統領は外交的解決を目指すもののそれはとても難しいと述べた。更に中国・習近平主席を友人であり優れた指導者と評価。中国の姿勢に満足していることを示し今後も中国側と協力して対応したいとしている。一方で中国外務省は最近のアメリカのメッセージは積極的で建設的、中国はこれからもアメリカ側と共に朝鮮半島の核問題に長期的に解決するため努力していく事を望むとコメント。また北朝鮮の軍事演習の映像について韓国軍関係者は本来移動し隠れて攻撃を加える自走砲を1箇所にに集結させている、実践なら空から一撃で全滅させられ訓練として意味がないとしている。さらに米海軍はカール・ビンソンと護衛艦とミサイル駆逐艦の映像を公開、 防衛省によると昨日午前には沖縄県の東の海域で訓練が行われたという。また昨夜から国連安保理で北朝鮮の核問題への対応を話し合う外相会合を招集した。安保理には常任理事国の外相級が集結し、経済制裁を強めていくことを確認したい考え。ティラーソン国務長官は経済制裁を強めることを強調し、中国との協力関係をアピールした。王毅外相は経済制裁の履行に同調するも軍事力行使は解決につながらないと米韓合同軍事演習の中止を求めた。

2017年4月28日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
の北朝鮮は軍の創設記念日に行った攻撃訓練の映像を公開し、アメリカをけん制する姿勢を崩していない。一方、就任100日を前にインタビューに応じたトランプ大統領は北朝鮮への対応について「外交で解決したいがとても困難」と厳しい認識を示した。その上で「最終的に北朝鮮と大規模な衝突になる可能性もある」と述べた。米空母「カール・ビンソン」は朝鮮半島周辺へゆっくりと北上しており、きょう航空自衛隊F15戦闘機とFA18戦闘攻撃機などが共同訓練している。稲田防衛相は「地域の安定化に向けた我が国の意思、高い能力を示すもの」と述べた。
トランプ大統領はインタビューの中で、中国の習近平国家主席を「とてもよい個人的な関係を築いた」と賞賛。ティラーソン国務長官は、中国が北朝鮮に自制を迫ったことを明らかにした。これについて中国外務省の耿爽報道官は「さまざまな推測があるようだがここではコメントしない」とした。日本時間今夜には北朝鮮問題を話し合う国連安保理の閣僚級会合が開始される。

2017年4月28日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
トランプ政権の評価について現地の記者は中身のないハリボテのような政治が続いている。 ホワイトハウスはTPP離脱など政権発足100日の成果強調のページを作成しアピールしたが、選挙の目玉公約はほとんど載っていない。また、大統領は歴史的なペースで法案を成立させたとしているが、米メディアは「重要な法案は一つもない」と一刀両断していjavascript:;る。こうした政治に支持者も離れてきており、支持率は就任100日としては史上最低の40%となっている。今後は安全保障では軍出身のマクマスター大統領補佐官が掌握しており、財政面では強行派のバノン主席戦略官、穏健派のクシュナー上級顧問が財政改正や予算編成などで衝突する可能性があり彼らの動向が鍵を握っている、とのこと

2017年4月28日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
北朝鮮が軍事訓練の映像を公開した。大砲が移動し会場には潜水艦、航空機が爆撃する瞬間も公開された。300門の大砲が配備されるとアメリカに死をといい砲撃が開始された。金正恩は笑顔でみた。トランプ大統領は外交的解決を望む姿勢だが衝突もあり得るとした。ロイター通信に対し外交で解決したいがとても難しいと答えた。韓国で配備が始まったTHAADについてハリス司令は日本も導入すべきと主張。今後も緊張が続きそうだ。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.