[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ワシントン(アメリカ)」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 6:30 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (世界のニュース ザッピング)

フランスでコニャックの輸出が急増中。生産者は多く注文が入ってくるためタンクや蒸留器を増やしているという。アメリカでの売上は15%急増した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月29日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論(対話と圧力 北朝鮮にどう向かうか)
北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射した。去年を上回るペースでミサイルを発射している。こうした中で対話と圧力をキーワードにして解説する。北朝鮮は国際社会との約束を何度も反故にしている。北朝鮮はミサイルの小型化や多様化を進めており、東方の核強国を目指しており、最終目的はICBMを開発してアメリカを攻撃できる能力を持つことだと伝えた。
G7サミットの首脳宣言では、北朝鮮を平和と安定を脅かす新たな脅威と位置づけたと伝えた。ただ各国は一枚岩ではなくロシアや中国は意見が違う。こうした中でトランプ政権は硬軟織り交ぜて関わっている。韓国は米韓同盟を軸に核ミサイル問題の解決を目指していると伝えた。日本は日米韓の連携を強化して中ロの協力を得て、安保理決議を軸に圧力をかけていく必要がある。制裁は課す時と解除する時に大きな効果があるので、それを利用して対話のテーブルに引き出すことも大事だと伝えた。

2017年5月29日放送 23:00 - 23:56 TBSNEWS23(ニュース)
トランプ大統領はツイッターに「偽ニュースは敵だ」などと投稿。娘婿のクシュナー氏がロシア側に通信ルート構築を打診したという報道への反発とみられる。トランプ大統領はG7終了後も記者会見を開かず、メディア不信を鮮明にしている。

2017年5月29日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
ロシアゲート疑惑で、ジャレッド・クシュナー上級顧問が政権発足前に中米ロシア大使と会い秘密の通信回線設置を設定していたという。FBIが聴取を検討していると報じるメディアもある。トランプ大統領はフェイクニュースだと切り捨てている。
トランプ大統領がツイッターで、ミサイル発射について北朝鮮は中国に対し非礼なことをした、しかし中国は頑張っていると、北朝鮮への説得は中国頼みとみられるつぶやきをした。

2017年5月29日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
北朝鮮はけさ、元山付近から弾道ミサイルを発射した。ミサイルは新潟・佐渡から500kmの日本海に落下したものと推定される。排他的経済水域内への落下が確認されれば、今年3月以来で4回目となる。G7を終え、帰国した安倍首相は抑止のため、米国とともに具体的な行動を取っていくと述べ、稲田防衛相はスカッド系列である可能性を指摘し、飛行高度は100キロ程度で特異な軌道ではない可能性があるとの見方を示した。韓国では北朝鮮との対話を重視する文在寅新大統領が誕生したが、これで3度目のミサイル発射となり、難しい対応が迫られている。一方、マティス国防長官は北朝鮮との間で外交的手段で状況を打開できずに軍事的衝突が起きれば破滅的な戦争になると警告した。発射を受け、NSCはトランプ大統領にも状況を報告したとしている。対北朝鮮戦略では中国による圧力強化を軸に据えてきたが、戦略修正の可能性もある。さらにアメリカ海軍はニミッツを6か月間、西太平洋・インド洋周辺・中東地域に展開する予定でこれまでにカール・ビンソンが日本海周辺に展開中でロナルド・レーガンも今月中旬に横須賀を出港している。専門家は今回のミサイル発射について国際社会の軍事的・経済的圧迫に対して通用しないという意味で発射したと分析している。
朝鮮中央テレビはミサイル発射の様子を報じ、金正恩党委員長の立ち会いのもと標的を迎撃する発射実験に成功したと伝えている。G7サミットでは北朝鮮への圧力強化で一致したものの挑発は繰り返され、専門家は最終的には対話・交渉に結びつかないと意味がないと指摘する。

2017年5月29日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
米トランプ大統領の支持率低迷について角谷浩一は「トランプさんをかかえて北朝鮮問題をどうするかが問われているんでしょうね。」など、竹田恒泰は「トランプさんは根強い賛層がついている。このまま崩壊していよいよだめとはなりにくい」など述べた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.