[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ワシントン(アメリカ)」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび NEWS

コロンビアのサントス大統領との共同記者会見でトランプ大統領の口から飛び出した魔女狩りの言葉。去年の大統領選挙でトランプ陣営とロシアが共謀した疑惑、いわゆるロシアゲートを捜査する特別検察官に ムラー元FBI長官が任命されたことに苛立ちを隠せない様子だ。ロシアとの不適切な関係を巡って辞任したフリン前大統領補佐官への捜査を打ち切るよう求めた司法妨害疑惑については、まったく答える素振りをみせなかった。今回の特別検察官の任命については、ロシア側と接触していた当事者との非難を受け捜査には関わらないと明言しているセッションズ司法長官に代わり、副長官の・ローゼンスタイン氏が任命するという異例の自体となった。トランプ大統領は19日から9日間の外遊に出発した。
ロシアゲートとは、1974年のアメリカのニクソン大統領が自身に追い込まれた「ウォーターゲート事件」になぞられてネーミングされている。ウォーターゲート事件では、共和党の関係者が民主党関係施設で盗聴をしようとした事件だ。その後、ニクソン政権の捜査妨害が明らかになった。今回はトランプ陣営とロシアが共謀して民主党側へサイバー攻撃を行ったのではとの疑惑が持たれている。その捜査をしていたコミー前FBI長官にトランプ大統領が、フリン前大統領補佐官の捜査を止めるよう要請していたとの疑惑が浮上して批判が高まっている。学習院女子大学の石澤教授によると、ローゼンスタイン副長官が更迭されたり何らかの証拠が出た場合に世論の反発が予想され、弾劾裁判への流れも考えられるという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月26日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーショーアップ
22日・イスラエルに訪問時に不仲説がささやかれたきっかけは手つなぎ拒否。手をつなぐことはできたが、小指しか握らていなかった。23日もヘリを降りる際に手を差し伸べるも、かわすなどしていた。24日・イタリアに来たときでも、差し出した手を交わした。その映像をみた海外のツイッターでは「中が悪かったのね」「トランプ大統領はいい夫婦を装うとしたのかな?」などの声があがった。大統領就任式・オバマ大統領の招待でホワイトハウスを訪問した時に、トランプ氏のメラニア夫人に対して降りるのも待たずに、オバマ大統領のもとに行くなど、メラニア夫人が置いて行かれている行動があった。またその後、トランプ氏の前では満面の笑みをするも顔を逸らすと暗い表情へと変わる様子もあったという。

2017年5月25日放送 22:00 - 22:25 NHK総合クローズアップ現代+米国揺るがす“ロシア・ゲート” 疑惑の深層
ワシントンから中継。モラー氏はFBI本部を訪れ疑惑を捜査してきた担当者から説明を受けたという。コミー前長官が残した会話メモについても説明を受け、トランプ大統領が捜査を打ち切るよう示唆した内容も含まれているという。コミー氏は来月にも議会の公聴会で証言する意向を示している。焦点は司法妨害に当たる発言はあったか、ロシア政府との間に共謀関係があったかなどである。

2017年5月25日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
そんな中トランプ大統領が窮地だ。突然のFBI長官解任によりトランプ大統領の捜査介入疑惑が新たに発覚。さらにロシアに機密情報を漏らした疑いがあるとしてアメリカ国内でトランプ大統領の弾劾を求める声が上がっている。初の外遊で何とか成果がほしいトランプ大統領。日本時間の昨日ローマ法王との会談後ツイッターに「これまで以上に世界平和を追い求める気持ちが強まった」と述べ、ローマ法王との和解アピールなのだろうか。しかしサルマン国王から最高の栄誉とされるメダルを受け取る場面で頭を下げずに膝を曲げたトランプ大統領の姿に批判が相次ぎ、さらにはメラニア夫人とも不仲説が報じられている。

2017年5月25日放送 4:00 - 5:25 TBSはやドキ!いまドキ! 新聞ピックアップ
アメリカワシントンで子ガモが排水溝に落ちたと通報があり、水道局や警察、消防隊らが出動、救出した。救出された子ガモは母ガモの元へ帰っていった。一方、東京杉並区の住宅街でも、親ガモについて歩く10羽の子ガモがいた。車にひかれると危ないので、捕獲して川に戻すことに。なんとか網で捕獲することに成功。カルガモ親子は無事に近くの川へ離された。

2017年5月24日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
アメリカ捜査当局は、ロシアとトランプ陣営の共謀の有無を捜査中。ブレナン前CIA長官は、両者が接触たという情報を得ていたと議会下院の公聴会で証言した。共謀があったかは分からないとしながらも、捜査が必要だと考えられる十分な情報があったと指摘している。ワシントン・ポスト紙は、トランプ大統領がロシアとの共謀を否定するようコーツ氏に圧力をかけたと報じている。コーツ氏は「大統領との会話を公の場で話すのは適切ではない」と言及を避けた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.