[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ワシントン(アメリカ)」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび NEWS

コロンビアのサントス大統領との共同記者会見でトランプ大統領の口から飛び出した魔女狩りの言葉。去年の大統領選挙でトランプ陣営とロシアが共謀した疑惑、いわゆるロシアゲートを捜査する特別検察官に ムラー元FBI長官が任命されたことに苛立ちを隠せない様子だ。ロシアとの不適切な関係を巡って辞任したフリン前大統領補佐官への捜査を打ち切るよう求めた司法妨害疑惑については、まったく答える素振りをみせなかった。今回の特別検察官の任命については、ロシア側と接触していた当事者との非難を受け捜査には関わらないと明言しているセッションズ司法長官に代わり、副長官の・ローゼンスタイン氏が任命するという異例の自体となった。トランプ大統領は19日から9日間の外遊に出発した。
ロシアゲートとは、1974年のアメリカのニクソン大統領が自身に追い込まれた「ウォーターゲート事件」になぞられてネーミングされている。ウォーターゲート事件では、共和党の関係者が民主党関係施設で盗聴をしようとした事件だ。その後、ニクソン政権の捜査妨害が明らかになった。今回はトランプ陣営とロシアが共謀して民主党側へサイバー攻撃を行ったのではとの疑惑が持たれている。その捜査をしていたコミー前FBI長官にトランプ大統領が、フリン前大統領補佐官の捜査を止めるよう要請していたとの疑惑が浮上して批判が高まっている。学習院女子大学の石澤教授によると、ローゼンスタイン副長官が更迭されたり何らかの証拠が出た場合に世論の反発が予想され、弾劾裁判への流れも考えられるという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月21日放送 11:30 - 11:45 日本テレビNNN ストレイトニュースNNN ストレイトニュース
米・司法省はタイやヨーロッパ各国と共同で世界最大の闇サイト「アルファベイ」を摘発したと発表。「アルファベイ」では35万点以上の違法薬物や武器などが売買され、世界に20万人以上の利用者がいたという。今月5日にはタイでサイトの創設者の容疑者が逮捕されたが、容疑者は拘留中の12日に自殺。一方でアルファベイはアクセス元を特定できないようにする匿名化ソフトを使わないとアクセスできず利用者の特定は困難。

2017年7月21日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
ロシアゲート疑惑の追求が続く中、支持率が過去最低となったトランプ大統領。果たして周辺でくすぶる火種を消え去ることはできるのか。さらにCNNのロゴがつく戦闘機をトランプ大統領が撃墜する動画を投稿した大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏。彼もロシアゲート疑惑について来週、公聴会で証言することになっている。ジュニア氏は大統領選期間中の去年6月、ロシア人弁護士との会談で、クリントン陣営に不利益な情報を受け取った疑惑が浮上している。
その会談に同席したのは6人。イバンカ氏の夫・クシュナー上級顧問。当時、トランプ陣営の選挙対策本部長だったポール・マナフォート氏。ロシア政府と太いパイプをもつロシア人弁護士ナタリア・ベセルニツカヤ氏。元ソビエト諜報部員リナット・アフメトシン氏。そして元イギリスのタブロイド紙の記者ロブ・ゴールドストーン氏と思われていた。しかし、CNNはこの6人以外に公表されていない人物が2人いると報じた。それは翻訳者とこの対談を設定したアイク・カベラツェ氏。このアイク・カベラツェ氏はロシア人実業家で巨額のマネーロンダリングなどうわさされる人物。さらにCNNが先週公開したトランプ大統領の動画にカベラツェ氏の姿が映っていると報じた。2013年6月、当時、トランプ大統領はミス・アメリカに出資する実業家の一人として参加していた夕食会。ロシア人の実業家達と談笑するトランプ大統領の奥に映る男性こそがカベラツェ氏。また、夕食会のテーブルにもカベラツェ氏の姿が確認された。大統領選挙に出馬する前からロシアとのつながりを示す動画が出てきた今。トランプ大統領はこの疑惑をどのように打ち返すのか。

2017年7月21日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!JNN NEWS
ロシア疑惑の捜査を巡りトランプ氏がいらだちを強めている。ニューヨーク・タイムズのインタビューに答えたといい、疑惑で捜査していたセッションズ司法長官が身を引いたことについて捜査に関与しないのなら長官の職を受ける前に私に言うべきだったとしていて、そして捜査しているモラー特別検察官についてはロシアと関係ない自分の家族を捜査したらレッドラインで職権乱用と警告したという。だがこうしたことにセッションズ司法長官が20日ワシントンで会見し、司法省に愛着がありこの職を続けるとしていて、辞任の考えがないとしている。この他ブルームバーグニュースではモラー特別検察官がトランプ氏や関係者のビジネスに関わる取引に捜査を拡大していると報じていた。具体的にモスクワ開催のミス・ユニバースやフロリダ州の豪邸をロシア富豪に売却した経緯を調べているという。(ニューヨーク・タイムズ)(ブルームバーグニュース)

2017年7月21日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットJNN NEWS
トランプ大統領はロシア疑惑をめぐり捜査から身を引いたセッションズ司法長官について「捜査に関与しないならば長官の職を受ける前に私に言うべきだった」と批判した。モラー特別捜査官についてロシアと無関係な家族の資産を捜査すればレッドラインを超える職権乱用だと牽制した。この発言に対し、セッションズ司法長官は現時点で辞任の考えはないと強調した。ブルームバーグ・ニュースはモラー特別検察官がトランプ氏や関係者のビジネスに係る取引について捜査対象を拡大しているとした。

2017年7月21日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!知ってスッキリ!!情報クリップ
就任から半年が経ったトランプ大統領。最新の世論調査の支持率は36%と、就任半年としては過去70年のアメリカ大統領の中で最低だという。しかし、トランプ大統領本人はこの数字について「この時期としてはおよそ40%は悪くない」と自身のツイッターにコメントしており、相変わらず強気な姿勢を崩していない。
トランプ大統領の半年の成果について、アメリカ政治に詳しい明治大学の海野素央教授が通信簿をつけた。海野教授は対処外国を「×」と評価。その最大の理由として、ロシアゲートが大きく影響していると指摘した。ロシアゲートとは米大統領選にロシアがサイバー攻撃などで介入したとされる問題で、トランプ陣営が共謀したかどうかが疑惑の焦点となっている。来週には、トランプ大統領の娘・イバンカ氏の夫のクシュナー氏、さらにトランプ大統領の長男・ジュニア氏が議会の聞き取りに応じることが決まり、山場を迎えるとみられている。
海野教授はさらに、公約の達成を「△」と評価。トランプ氏が大統領就任直後にTPPとパリ協定を離脱したことで公約の達成に一定の評価を与えるも、オバマケアの廃止と国境の壁が未だ実現されていないということで、「△」という評価になった。オバマケアをめぐっては共和党の一部議員から反対の声も上がっており、トランプ大統領は法案撤回の危機に追い込まれている。海野教授は「ロシアゲート疑惑に時間とエネルギーを割かれていて、オバマケア廃止問題にコミットする時間があまり取れず、それでトランプ大統領はイライラしている」と分析した。
一方、言動については、トランプ大統領は一部メディアの報道に対して「嘘のニュース」と攻撃を繰り返しているが、海野教授は「◎」と高く評価した。その理由として、トランプ支持者が多い米中西部の7割がメディアを信用しておらず、トランプ大統領のフェイク効果が効いていることが挙げられる。しかし海野教授は、「次の6か月の通信簿で『×』になった時、それはフェイク効果が効かなくなったことを意味する」とも述べ、今後トランプ大統領がピンチになる可能性も指摘した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.