[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「一帯一路フォーラム」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ 新聞トップ記事 徹底比較

北朝鮮がミサイルを発射。朝刊は全紙が1面で報じ、うち4紙がトップとなった。見出しを紹介、毎日新聞は「北朝鮮 高度2000キロミサイル 30分飛行 新型の可能性」。読売新聞は「北ミサイル発射 新型か」。「文大統領 強く糾弾」と韓国の対応も報じた。産経新聞も同じく「北ミサイル発射 新型か」。韓国の対応については「対話」はや窮地と分析した。朝日新聞は「北朝鮮が弾道ミサイル 高度2千キロ超、成功か」。朝日新聞だけ新型ミサイルとの見方を報じなかった。
北朝鮮のミサイル発射は、高度2000キロ以上に達してから800キロ先に落ちており、去年6月の「ムスダン」のそれぞれ約2倍。角度を変えると4500キロから6000キロ先に飛ばせるとみられる(毎日新聞)。アメリカは各国に制裁の徹底を呼びかけたが、自国への直接の脅威とはせず強硬手段はとらない方針(朝日新聞)。中国では「一帯一路」の国際会議初日で、習主席のメンツがつぶされた形に(同)。スタジオからは、習主席は自ら非難の声明も発表していると紹介した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月21日放送 12:00 - 12:55 テレビ朝日ビートたけしのTVタックル(オープニング)
文在寅新大統領は就任会見で、北朝鮮に対話のメッセージを発信した。中国では習近平国家首席が「一帯一路」国際フォーラムを開催した。一帯一路とは、陸と海のシルクロードのインフラを整備して中国を中心とした巨大な経済圏を構築しようとするもの。その初会合にロシアのプーチン大統領など約130カ国1500人が集まった。トランプ大統領は、金正恩委員長との対談をほのめかす発言をし、8日には極秘に非公式の米朝協議が行なわれていた。そんな中、北朝鮮はミサイル発射実験を強行し、文在寅大統領、安倍総理はこれに対し、激しく非難した。拓殖大学のと御坂教授は北朝鮮が”レッドライン”を超えてもトランプ大統領は武力行使に踏み込まないと指摘する一方、コリア・レポートの辺氏はアメリカはやる時はやると指摘した。さらにオリンピックの費用負担問題について新たな火種も。今回は、リーダーたちと安倍総理はどう駆け引きするSPとして放送。

2017年5月20日放送 21:00 - 21:50 NHK総合NHKスペシャル緊迫 北朝鮮 危機の深層
ウィリアム・ペリー氏はアメリカと北朝鮮による対話を再び始める必要性を訴える。そんな中、北朝鮮は一帯一路フォーラムの最中、ミサイル発射を断行。メンツを潰された形となった中国、ムン・ジェイン氏が大統領が就任した韓国、さらなる圧力を主張するトランプ大統領率いるアメリカの動向が注目される。北朝鮮は6回目の核実験に向けて準備を進めているとみられ、軍事境界線の近くでは韓国軍の新兵が北朝鮮の大地を遠望した。有事となれば戦闘の最前線となる。

2017年5月19日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト中国 NOWCAST
北京で行われた一帯一路国際協力フォーラム。中国はシルクロード基金に約1兆6000億円の追加拠出を決め、大型プロジェクト76件270項目の成果を発表した。小泉芳雄氏は30カ国の共同声明で、トランプ政権の保護主義から反保護主義のグローバルな自由な経済を主導していく意思を示したとともにコンセンサスが取れたところは大きな意味があったと話す。今後の課題として、2国間パートナーシップが進んでいない中でどれだけ強い連携を作れるかだとし、開発途上国が多いため資金援助をしてそのリターンがあるか考えた時にリスクを案件ごとに考えなければいけないと話した。

2017年5月18日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
16日、国連の安全保障理事会の緊急会合が開かれた。国際的な圧力強化は一致したが、新たな制裁などの追加措置が見送られた。ヘイリー国連大使は「北朝鮮がICBMに向けて動いたなら、我々と中国は行動を起こすでしょう」と述べた。また、文在寅大統領は「北朝鮮との軍事衝突が起きる可能性が高い中で生きている」とコメントした。ヘイリー国連大使の発言について、磐村さんは「中国との調整が進んでいないと思われないようにするための発言」と説明した。また、文在寅大統領の発言については、「軍がゆらがないよう引き締めるため」と説明した。末延さんは「北朝鮮は核を手放すつもりはない。止めるためには中国が原油輸出をストップする必要があるが、軍事的な衝突や報復のおそれを関係各国が見ている」と解説。

2017年5月16日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(ニュース)
今日の中国・習近平国会主席と自民党の二階幹事長の会談で、習近平は日中関係の改善に意欲を示した。二階幹事長は、安倍総理からの親書を手渡し、両国首脳による相互訪問の実現を要請した。羅雨澤氏は、日本が代表団を一帯一路フォーラムに派遣したことは正しい選択だった、日本はアメリカの政策に追従するという国際的な共通認識があるが、日本は自主的に訪中団派遣の判断を下したなどと述べた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.