[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「一帯一路」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ 新聞トップ記事 徹底比較

北朝鮮がミサイルを発射。朝刊は全紙が1面で報じ、うち4紙がトップとなった。見出しを紹介、毎日新聞は「北朝鮮 高度2000キロミサイル 30分飛行 新型の可能性」。読売新聞は「北ミサイル発射 新型か」。「文大統領 強く糾弾」と韓国の対応も報じた。産経新聞も同じく「北ミサイル発射 新型か」。韓国の対応については「対話」はや窮地と分析した。朝日新聞は「北朝鮮が弾道ミサイル 高度2千キロ超、成功か」。朝日新聞だけ新型ミサイルとの見方を報じなかった。
北朝鮮のミサイル発射は、高度2000キロ以上に達してから800キロ先に落ちており、去年6月の「ムスダン」のそれぞれ約2倍。角度を変えると4500キロから6000キロ先に飛ばせるとみられる(毎日新聞)。アメリカは各国に制裁の徹底を呼びかけたが、自国への直接の脅威とはせず強硬手段はとらない方針(朝日新聞)。中国では「一帯一路」の国際会議初日で、習主席のメンツがつぶされた形に(同)。スタジオからは、習主席は自ら非難の声明も発表していると紹介した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月16日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
今年も尖閣諸島周辺へ向け出発した中国漁船。漁民によれば、距離や船の大きさに応じて中国政府からの補助金がもらえるため、福建省から遠い尖閣諸島周辺にも行きやすいという。また漁船には海上民兵という武装した漁師が乗っている可能性がある。今年も民兵の乗る中国漁船や海警局の船が日本の領海に侵入する可能性もあるという。東海大学の教授によると、今年は北朝鮮情勢などから、中国の日本への配慮もあるのではとみている。ドイツで行われた日中首脳会談で、安倍総理は「一帯一路」への協力を表明するなど、冷え込んだ日中関係の改善を試みている。日本政府によると、海上保安庁の巡視船などが警戒を続けているという。

2017年8月9日放送 4:30 - 5:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
自民・公明両党と中国共産党との政党間交流「日中与党交流協議会」で発表される提言の原案が明らかになり、45年前の国交正常化の初心を忘れずにさまざまなレベルの交流を促進し、国民感情を改善することで、両国関係の基盤を強固にすべきだなどとしている。日本での開催が8年ぶりとなる「日中与党交流協議会」は、自民党の二階幹事長と公明党の井上幹事長、中国共産党の宋涛中央対外連絡部長らが出席して7日から開かれていて、最終日の9日に発表される提言の原案が明らかになった。45年前の日中国交正常化の初心を忘れずに、歴史を直視し、未来に向かい、平和的発展の道を堅持し、「戦略的互恵関係」を引き続き推進していくとしている。そして、中国が提唱する巨大な経済圏構想「一帯一路」をめぐる具体的な協力を積極的に検討し、経済のグローバル化と地球規模の課題に対処するとともに、文化や観光、青少年など、さまざまなレベルの交流を促進して、国民どうしの理解と信頼を醸成し、感情を改善することで、両国関係の基盤を強固にすべきだなどとしている。協議会は、提言の内容を踏まえて、両国間の対話を後押しし、一層の関係改善につなげたい考えだ。

2017年8月6日放送 9:00 - 10:00 NHK総合日曜討論安倍改造内閣 閣僚に問う 茂木敏充経済再生担当大臣
TPPについては、アメリカが離脱を表明したことに加え、中国が「一帯一路」構想を立ち上げ周辺国を取り込んでいる。茂木大臣は、TPPについてはアメリカは一度これを主導したものであり、アメリカの経済や雇用にプラスになることを粘り強く訴えていくと答えた。またアジア太平洋地域にTPPが根付くことで国際法遵守などの価値観が共有されるとし、中国には建設的な役割を促していくと答えた。
視聴者の意見・感想募集の案内。番組HP・Twitter、NHKオンデマンドを案内した。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.