[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「一帯一路」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ 新聞トップ記事 徹底比較

北朝鮮がミサイルを発射。朝刊は全紙が1面で報じ、うち4紙がトップとなった。見出しを紹介、毎日新聞は「北朝鮮 高度2000キロミサイル 30分飛行 新型の可能性」。読売新聞は「北ミサイル発射 新型か」。「文大統領 強く糾弾」と韓国の対応も報じた。産経新聞も同じく「北ミサイル発射 新型か」。韓国の対応については「対話」はや窮地と分析した。朝日新聞は「北朝鮮が弾道ミサイル 高度2千キロ超、成功か」。朝日新聞だけ新型ミサイルとの見方を報じなかった。
北朝鮮のミサイル発射は、高度2000キロ以上に達してから800キロ先に落ちており、去年6月の「ムスダン」のそれぞれ約2倍。角度を変えると4500キロから6000キロ先に飛ばせるとみられる(毎日新聞)。アメリカは各国に制裁の徹底を呼びかけたが、自国への直接の脅威とはせず強硬手段はとらない方針(朝日新聞)。中国では「一帯一路」の国際会議初日で、習主席のメンツがつぶされた形に(同)。スタジオからは、習主席は自ら非難の声明も発表していると紹介した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
北朝鮮弾道ミサイルは先週は中国・一帯一路の国際会議の最中に打ち上げられた。21日にはトランプ大統領が中東訪問の最中に発射。トランプ大統領の中東訪問の目的はサウジアラビア・イスラエルなどと組み、イランの包囲網を敷くことでテロ組織に金が流れないようにする狙い。北朝鮮はイランと各技術などで協力。こういう動きを取る事自体北朝鮮からするとトランプ大統領の中東訪問はひとつの標的になる可能性がある。日本政府は「対話のための対話は控えるべき」「独自制裁を深掘りし厳しく行っていくことが大事」としている。中国外務省は「国連決議に違反するミサイル活動に反対」「国連決議に違反する行為に反対」としている。次にミサイルXデーは23日・国連安保理緊急会合か26日・27日のG7首脳会議と見られている。磐村和哉は北朝鮮弾道ミサイル発射の予想について「年内にICBM完成を目指しているという意味では、ここのところの打ち上げ発射実験の頻度は上がっている。おそらくは年間計画で目標を設定して開発を進めていると思う。いつ打ってもおかしくない」など述べた。

2017年5月22日放送 23:15 - 0:15 テレビ朝日橋下×羽鳥の番組橋下がブチ切れ!?3つの大激論SP
北朝鮮のミサイル発射を批判するコメントを、トランプ大統領が発表した。北朝鮮ミサイル問題について討論。ノルウェーで北朝鮮とアメリカ政府が秘密裏に会談を行っていたが、その直後にミサイルは発射された。トランプ氏と金正恩氏が直接会談し、北朝鮮の核保有を認めるのではないかと木村太郎が予想した。
北朝鮮のミサイル発射による、日本への影響について討論。北朝鮮から発射されたミサイルは、日本の排他的経済水域、ロシア軍司令部から100キロ離れた場所に着弾した。金慶珠が、北朝鮮は中国が面子をかけた経済圏構想「一帯一路」サミットの初日をねらってミサイルを発射したのではないかと述べた。

2017年5月21日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(一週間ニュース)
5月14日、日曜日。中国の習近平国家主席が一帯一路について北京市で話し合われた。会議には自民党の二階俊博幹事長も出席し国際スタンダードに適合した質の高いものとして推進されることを期待しているとコメントした。

2017年5月20日放送 22:00 - 23:24 TBS新・情報7daysニュースキャスター(特集)
中国が作ろうとしている現代版シルクロード「一帯一路」の裏にある中国の狙いについて取材。29カ国の首脳と130以上の国の代表団が参加するなど、一国呼びかけた国際会議としては異例の規模で、日本からは自民党の二階俊博幹事長が参加した。

2017年5月20日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
北朝鮮は今週、新型弾道ミサイル「火星12型」を発射した。このミサイルは通常よりも高さを上げてミサイルを打ち上げるロフテッド軌道で発射された可能性があるという。火星12型は約800km飛行し、日本の排他的経済水域外に落下したとみられる。金田元海将は、「アメリカ本土を狙える大陸間弾道弾の開発までやろうとしているが、発射実験をやる場所がない」と話す。国際問題を避けるため、距離の代わりに高度を上げて飛行距離をのばしたとみられている。
一方、北朝鮮の行為にメンツを潰された形になったのが、中国。習近平政権は今年最も重要だと位置づけたサミット初日にミサイルが発射されたためだ。  

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.