[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「一帯一路構想」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード 政治クリップ

中国が主導する一帯一路構想について話し合う国際会議が中国北京で行なわれ、日本を代表して二階幹事長が出席した。 二階幹事長は全ての国に開かれたものとして、また国際スタンダードに適合した質の高いものとして推進されることを期待するものとすると話した。日本では以前から中国の海洋進出など覇権主義に繋がる恐れがあるとの懸念を示していた。しかし記者団には日本も積極的に協力する決意だと述べた。二階氏が積極的に寄り添うその理由は日本が直面する北朝鮮の核ミサイル問題の中国側からの協力を得たいと狙いもある。公演の冒頭、二階氏は北朝鮮のミサイル発射を強く非難。日本側が北朝鮮代表団に抗議しようと試みるも無視される一幕もあった。 二階氏がその後も国連のグテーレス事務総長や韓国の代表者らと精力的に会談を行い、北朝鮮の核ミサイル問題の協力を求めた。
会議が閉幕した翌日、二階氏は習近平国家主席と会談。習主席との会談が固まったことが伝えられたのは会談の6日前、序列を重んじる中国で中国のトップと日本の与党幹部との会談が早く決まるのは異例で、政府関係者は予想外の高待遇だと言う。会談は17分行なわれ、二階氏は冒頭、安倍総理からの親書を渡した。習主席はその場で開き目を通したとのこと。出席者によるとその雰囲気は終始極めて和やかだったという。二階氏は習主席に北朝鮮問題の協力を求めたほか今年が日中国交45周年という節目を迎え、先送りされている日中韓サミットなど念頭に習主席を含む政府要人の総合往来を要望した。習主席は検討していきたいと返答。 また、中国側から延期が続いている日中の与党議員交流を8月に行いたいと提案もあった。出席者の一人は日中首脳会談の地ならしはできたとするが、中国はこの秋に指導部が大幅に入れ替わる共産党大会が控えていて、習主席としては今後どこまで日本の要望に答えるのかは不透明。新華社通信は一帯一路構想を明確に肯定したと報道する一方で、北朝鮮のミサイル問題や要人往来については報じていない。
二階氏は自らの人脈を活かし、過密のスケジュールをこなした。同行した関係者は中国は今の安倍政権内に 太いパイプを持つ存在が不在で二階氏を重要なキーマンだと位置づけたのではと解説する。帰国後総理と会談した二階氏はここから先は政府がしっかりおやりをいただきたいと述べた。二階市の地ならしに対し、政府は日中首脳会談などを実現できるかどうか今後真価が問われる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月16日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
今年も尖閣諸島周辺へ向け出発した中国漁船。漁民によれば、距離や船の大きさに応じて中国政府からの補助金がもらえるため、福建省から遠い尖閣諸島周辺にも行きやすいという。また漁船には海上民兵という武装した漁師が乗っている可能性がある。今年も民兵の乗る中国漁船や海警局の船が日本の領海に侵入する可能性もあるという。東海大学の教授によると、今年は北朝鮮情勢などから、中国の日本への配慮もあるのではとみている。ドイツで行われた日中首脳会談で、安倍総理は「一帯一路」への協力を表明するなど、冷え込んだ日中関係の改善を試みている。日本政府によると、海上保安庁の巡視船などが警戒を続けているという。

2017年8月9日放送 4:30 - 5:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
自民・公明両党と中国共産党との政党間交流「日中与党交流協議会」で発表される提言の原案が明らかになり、45年前の国交正常化の初心を忘れずにさまざまなレベルの交流を促進し、国民感情を改善することで、両国関係の基盤を強固にすべきだなどとしている。日本での開催が8年ぶりとなる「日中与党交流協議会」は、自民党の二階幹事長と公明党の井上幹事長、中国共産党の宋涛中央対外連絡部長らが出席して7日から開かれていて、最終日の9日に発表される提言の原案が明らかになった。45年前の日中国交正常化の初心を忘れずに、歴史を直視し、未来に向かい、平和的発展の道を堅持し、「戦略的互恵関係」を引き続き推進していくとしている。そして、中国が提唱する巨大な経済圏構想「一帯一路」をめぐる具体的な協力を積極的に検討し、経済のグローバル化と地球規模の課題に対処するとともに、文化や観光、青少年など、さまざまなレベルの交流を促進して、国民どうしの理解と信頼を醸成し、感情を改善することで、両国関係の基盤を強固にすべきだなどとしている。協議会は、提言の内容を踏まえて、両国間の対話を後押しし、一層の関係改善につなげたい考えだ。

2017年8月6日放送 9:00 - 10:00 NHK総合日曜討論安倍改造内閣 閣僚に問う 茂木敏充経済再生担当大臣
TPPについては、アメリカが離脱を表明したことに加え、中国が「一帯一路」構想を立ち上げ周辺国を取り込んでいる。茂木大臣は、TPPについてはアメリカは一度これを主導したものであり、アメリカの経済や雇用にプラスになることを粘り強く訴えていくと答えた。またアジア太平洋地域にTPPが根付くことで国際法遵守などの価値観が共有されるとし、中国には建設的な役割を促していくと答えた。
視聴者の意見・感想募集の案内。番組HP・Twitter、NHKオンデマンドを案内した。

2017年7月30日放送 6:00 - 6:15 NHK総合ニュース・気象情報(全国のニュース)
スリランカの港が中国に譲渡され海洋進出の重要拠点になることが決まった。ハンバントタ港だがスリランカの一番南にある島となっていて、ここでは中国が約14億ドル融資し最大級の港になっていた。だがスリランカでは民間企業の進出が進まないことから借金返済ができておらずこうしたことから中国と協議したという。こうして11億ドルを事実上免除するかわりに99年間運営権を獲得したといい、昨日コロンボで当局の合意も行われた。この交渉だが当初は1月が予定されていたが政府内からも反対の声が出ていて、インドなど周辺国からも懸念が出ていた。だが中国は「一帯一路」構想の重要拠点のエリアということで、5月には北京でフォーラムも行われていたことから今後さらにインド洋での存在感が高まるとしている。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.