[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「一帯一路構想」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード 政治クリップ

中国が主導する一帯一路構想について話し合う国際会議が中国北京で行なわれ、日本を代表して二階幹事長が出席した。 二階幹事長は全ての国に開かれたものとして、また国際スタンダードに適合した質の高いものとして推進されることを期待するものとすると話した。日本では以前から中国の海洋進出など覇権主義に繋がる恐れがあるとの懸念を示していた。しかし記者団には日本も積極的に協力する決意だと述べた。二階氏が積極的に寄り添うその理由は日本が直面する北朝鮮の核ミサイル問題の中国側からの協力を得たいと狙いもある。公演の冒頭、二階氏は北朝鮮のミサイル発射を強く非難。日本側が北朝鮮代表団に抗議しようと試みるも無視される一幕もあった。 二階氏がその後も国連のグテーレス事務総長や韓国の代表者らと精力的に会談を行い、北朝鮮の核ミサイル問題の協力を求めた。
会議が閉幕した翌日、二階氏は習近平国家主席と会談。習主席との会談が固まったことが伝えられたのは会談の6日前、序列を重んじる中国で中国のトップと日本の与党幹部との会談が早く決まるのは異例で、政府関係者は予想外の高待遇だと言う。会談は17分行なわれ、二階氏は冒頭、安倍総理からの親書を渡した。習主席はその場で開き目を通したとのこと。出席者によるとその雰囲気は終始極めて和やかだったという。二階氏は習主席に北朝鮮問題の協力を求めたほか今年が日中国交45周年という節目を迎え、先送りされている日中韓サミットなど念頭に習主席を含む政府要人の総合往来を要望した。習主席は検討していきたいと返答。 また、中国側から延期が続いている日中の与党議員交流を8月に行いたいと提案もあった。出席者の一人は日中首脳会談の地ならしはできたとするが、中国はこの秋に指導部が大幅に入れ替わる共産党大会が控えていて、習主席としては今後どこまで日本の要望に答えるのかは不透明。新華社通信は一帯一路構想を明確に肯定したと報道する一方で、北朝鮮のミサイル問題や要人往来については報じていない。
二階氏は自らの人脈を活かし、過密のスケジュールをこなした。同行した関係者は中国は今の安倍政権内に 太いパイプを持つ存在が不在で二階氏を重要なキーマンだと位置づけたのではと解説する。帰国後総理と会談した二階氏はここから先は政府がしっかりおやりをいただきたいと述べた。二階市の地ならしに対し、政府は日中首脳会談などを実現できるかどうか今後真価が問われる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
北朝鮮弾道ミサイルは先週は中国・一帯一路の国際会議の最中に打ち上げられた。21日にはトランプ大統領が中東訪問の最中に発射。トランプ大統領の中東訪問の目的はサウジアラビア・イスラエルなどと組み、イランの包囲網を敷くことでテロ組織に金が流れないようにする狙い。北朝鮮はイランと各技術などで協力。こういう動きを取る事自体北朝鮮からするとトランプ大統領の中東訪問はひとつの標的になる可能性がある。日本政府は「対話のための対話は控えるべき」「独自制裁を深掘りし厳しく行っていくことが大事」としている。中国外務省は「国連決議に違反するミサイル活動に反対」「国連決議に違反する行為に反対」としている。次にミサイルXデーは23日・国連安保理緊急会合か26日・27日のG7首脳会議と見られている。磐村和哉は北朝鮮弾道ミサイル発射の予想について「年内にICBM完成を目指しているという意味では、ここのところの打ち上げ発射実験の頻度は上がっている。おそらくは年間計画で目標を設定して開発を進めていると思う。いつ打ってもおかしくない」など述べた。

2017年5月22日放送 23:15 - 0:15 テレビ朝日橋下×羽鳥の番組橋下がブチ切れ!?3つの大激論SP
北朝鮮のミサイル発射を批判するコメントを、トランプ大統領が発表した。北朝鮮ミサイル問題について討論。ノルウェーで北朝鮮とアメリカ政府が秘密裏に会談を行っていたが、その直後にミサイルは発射された。トランプ氏と金正恩氏が直接会談し、北朝鮮の核保有を認めるのではないかと木村太郎が予想した。
北朝鮮のミサイル発射による、日本への影響について討論。北朝鮮から発射されたミサイルは、日本の排他的経済水域、ロシア軍司令部から100キロ離れた場所に着弾した。金慶珠が、北朝鮮は中国が面子をかけた経済圏構想「一帯一路」サミットの初日をねらってミサイルを発射したのではないかと述べた。

2017年5月21日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(一週間ニュース)
5月14日、日曜日。中国の習近平国家主席が一帯一路について北京市で話し合われた。会議には自民党の二階俊博幹事長も出席し国際スタンダードに適合した質の高いものとして推進されることを期待しているとコメントした。

2017年5月20日放送 22:00 - 23:24 TBS新・情報7daysニュースキャスター(特集)
中国が作ろうとしている現代版シルクロード「一帯一路」の裏にある中国の狙いについて取材。29カ国の首脳と130以上の国の代表団が参加するなど、一国呼びかけた国際会議としては異例の規模で、日本からは自民党の二階俊博幹事長が参加した。

2017年5月20日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
北朝鮮は今週、新型弾道ミサイル「火星12型」を発射した。このミサイルは通常よりも高さを上げてミサイルを打ち上げるロフテッド軌道で発射された可能性があるという。火星12型は約800km飛行し、日本の排他的経済水域外に落下したとみられる。金田元海将は、「アメリカ本土を狙える大陸間弾道弾の開発までやろうとしているが、発射実験をやる場所がない」と話す。国際問題を避けるため、距離の代わりに高度を上げて飛行距離をのばしたとみられている。
一方、北朝鮮の行為にメンツを潰された形になったのが、中国。習近平政権は今年最も重要だと位置づけたサミット初日にミサイルが発射されたためだ。  

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.