[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「丁寧」 に関するテレビ情報

2017年4月17日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ めざスポ

平野美宇がアジア選手権決勝で陳夢を3-0で破り、優勝した。日本勢は21年ぶりの優勝。平野さんの実力は中国も認めている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月28日放送 16:00 - 17:15 テレビ東京世界卓球×全仏オープンテニス 開幕スペシャル世界卓球×全仏オープンテニス 開幕スペシャル
日本の女子卓球について紹介された。日本は1952年から1971年の間に44個の金メダルを獲得し、当時は卓球王国と言われていた。石川佳純選手は17歳の時に日本女王になり、リオデジャネイロ五輪では団体銅メダル獲得の立役者となった。
日本の女子卓球について紹介された。伊藤美誠選手は平野美宇選手とのダブルスで史上最年少記録を次々と更新した。また世界卓球2016では銀メダルを獲得している。
日本の女子卓球について紹介された。平野美宇選手は伊藤美誠選手と出場したワールド・ツアーでは13歳で史上最年少優勝を果たし、ギネス世界記録に認定されている。リオデジャネイロ五輪ではサポート役となっている。

2017年5月28日放送 11:00 - 11:25 テレビ東京FOOT × BRAINFOOT × BRAIN
世界卓球総監督宮崎義仁は1988年初めて卓球が正式種目になったソウルオリンピックで日本代表として出場した。2001年には卓球男子日本代表監督に就任し、それ意向は日本卓球界の強化に力を注ぎ、去年のリオオリンピックでは男子団体で銀メダルを獲得した。元銀行員の手腕を生かし改革に乗り出した。そして、水谷隼や平野美宇などの現在の日本のスターを数多く育ててきた。4月に中国で行われた アジア選手権でリオオリンピック金メダリスト丁寧選手との試合で誰もが丁寧選手の勝利を疑わなかったが、予想を覆し見事勝利し勢いに乗り、中国人選手3人を破り優勝を果たした。日本人として21年ぶりにアジア選手権優勝という快挙を達成した。卓球で強くなるメソッドそれは、スター選手の存在だった。
スター選手の存在はスポーツが盛り上がる上で欠かせないがそれだけでは強くなれない。そこで宮崎が着手した改革がホープスナショナルチーム。ホープスとは小学校5・6年生のことを指す。2001年の世界卓球での惨敗を受け小学校年代の育成に力を入れた。ホープスナショナルチーム創設前は合宿・遠征は全て選手の自費だったが創設後は協会が負担し選手をサポート。そして宮崎は中学生でさらにステップアップするためのシステム、ドイツシステムを作った。日本の優秀な中学生をヨーロッパの中で1番の強豪国ドイツで育てるという。ドイツに留学させプロチームの試合に参加させることで中学生にしてプロ意識を養わせる。1期生に岸川、2期生に水谷隼がいた。水谷は5~6年、岸川は7~8年続けたという。全日本選手権のとき水谷が戻り高校2年生で優勝、そこから一気に日本が変わってきた。ホープスナショナルチームなどを作っても全然強くならないと風当たりも強かったが水谷が日本チャンピオンになり誰も言わなくなったという。それからはドイツ組が成果を出し、2008年には世界のメダルを獲得してそれ以来メダルを落とすこと無く成果は出ている。さらに、海外より強くなるためJOCエリートアカデミーを導入。2008年4月にナショナルトレーニングセンターでオリンピック選手育成を目的としたアカデミーを開校することになった。ドイツシステムを無くし全員トレセンに戻し中1~高3まで日本国内で強化するという一貫指導体制が確立した。
日本卓球協会の総予算を紹介。2012年度から2017年度で倍以上に増額されており、その営業努力を伝えた。また大差がついた際の対戦相手への得点の付与が通例となっていることなども併せて紹介した。
宮崎さんが皆藤さんに卓球がうまくなるためのコツを伝授。ラケットを立て、スイングはコンパクトにすることなどを伝授した。
宮崎さんが日本がW杯で優勝するためには若いうちから外に出すようにと提言。

2017年5月24日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングスポーツまとめ
卓球日本代表が世界選手権に向けドイツへ出発した。17歳の平野美宇は先月世界ランク1位の丁寧を撃破し、アジアの頂点にまで上り詰めた。世界選手権での目標は「シングルスとダブルスでメダル持って帰ってこられるように頑張ります」と語った。男子の注目は日本史上最年少で代表に選出された13歳の張本智和。「やる気が今すごく強い」などと話した。

2017年5月20日放送 23:00 - 23:55 テレビ東京SPORTS ウォッチャーHuman Watcher
世界卓球 全仏オープンテニスの開幕まであと8日。今夜な史上最年少で卓球のアジア女王と鳴った平野美宇の成長の秘密に迫った。4月14日アジア選手権準々決勝で、頂点に君臨する難攻不落の女王・丁寧が母国の舞台に立った。しかし準々決勝、主役の座はこの日17歳になったばかりの平野美宇が取って代わる。まさかの勝利。平野美宇が女王・丁寧を倒した。快進撃は続く。準決勝で世界ランク2位(当時)の朱雨玲、決勝では世界ランク5位の陳夢を破り優勝した。日本人の優勝は21年ぶり。ちいた異名はハリケーン平野。主役は帰国した空港でも強気を貫く。ライバルとなる選手を聞かれ「世界一になるつもりでやっているので、この人というよりかは全員を倒すつもりでやっている」などと答えた。人には誰にも転機がある。平野にとってはリオ五輪の代表争いがそうだった。同じ年のライバルを複雑な思いで祝福した。噛み締めた悔しさと、だから出来た自己改革。
2016年12月29日、山梨県中央市の実家での取材時に変化の兆しはあった。平野美宇は、2017年は、日本のエースになれるように頑張りたいと言い、前は好感度とか意識してたが、でも別にスポーツ選手だから勝てば良いかなと思って、強気で話すようにしたと明かしていた。みうみまの美宇と長らくそう呼ばれてきた。呼び名が広まったのは3年前、2014年のドイツ・オープンで最年少優勝を果たしたとき。コンビの主導権は積極的な伊藤が握った。控えめな平野はいつも一歩引いていた。平野美宇は2007年の全日本選手権バンビの部で優勝、第2の愛ちゃんと呼ばれた。2015年世界卓球で2人は揃って日本代表入り。だがその年の9月、同い年の2人が明暗を分かつ。リオ五輪の日本代表発表で選ばれたのは伊藤だけだった。平野は入れず補欠に回る。平野は緊急時の交代要員としてリオに同行した。現地で任されたのは重圧も充実もない裏方仕事。そして日本は伊藤の活躍もあって銅メダルを獲得。平野は自分がいない表彰台を客席から見つめた。伊藤美誠と一緒にインタビューを受け、悔しい気持ちはあるかと聞かれると「去年のオリンピック代表争いで決まったことだったのでそういう気持ちはない」と話した。人前では努めて明るく振る舞った。しかし、リオ帯同までのプロセスで心は揺れた。リオを終えて帰った山梨の実家で、母にかつて「小さい頃から切磋琢磨してきた同級生の美誠ちゃんが入って、周りからも置いて行かれちゃったねみたいなことを言われてなんてことを言うんだと言う気持ちがあったけど、だんだん麻痺してきてしまって、悔しいとさえ感じなくなっている自分に気がついたときが一番悔しかった」と言っていて、実家を離れて初めて母の前で泣いたという。だがここで踏ん張らなければ伊藤との差は開いてしまう。母の真理子さんは「最後まで自分の勝ちを信じて強気なプレーが出来るようにいろんなものを贈った」という。その親心が立ち直りのきっかけを呼び寄せる。「松岡修造の人生を強く生きる83の言葉」にかかれている「二重人格は素敵だ!」「消極的な自分を打ち消すのはもうひとりの自分」という言葉から、平野は物怖じしない積極的なもう一人の自分を手に入れた。これまでしなかった筋トレもするようになり、フィジカルトレーナーの淺井大一郎は「上下にブレるのがなくなってスムーズに動くようになった」などと語った。これまでのミスを避けラリーでつなぐ卓球は捨て、攻めの卓球を目指した。
無論、ミスのリスクも高まる。だが平野はあえて挑んだ。そして今年1月の全日本選手権 決勝での石川佳純との対戦で、磨いた強打は日本のエースを苦しめた。そして16歳9ヶ月で史上最年少で優勝した。それだけならまぐれや偶然という言葉で片付けられたかもしれない。だが、違った。3ヶ月後のアジア選手権 準々決勝で不動の女王・丁寧を破る。2ゲームを連取されても平野が食い下がった。そしてついに3-2で逆転勝利。中国トップ3を倒して優勝した。アジア選手権終了後の記者会見でも、物怖じしないもう一人の自分で「金メダルを目標にして頑張ってもいいんじゃないかなと思う」などと語った。中国メディアから、中国選手は金メダルを取るとは言わない、もし取れなかったら大丈夫ですか?と質問される。

2017年5月18日放送 9:28 - 11:13 テレビ東京なないろ日和!(特集)
JR武蔵五日市駅からすぐの秋川渓谷。目的地には駅からバスと徒歩で向かう。道中には、渓谷をのぞめる石舟橋が。橋を渡り少し歩くと、秋川渓谷 瀬音の湯がある。入口では足湯を楽しむ地元の人々も。温泉からは渓谷の眺めを楽しめる。お湯はトロトロで、高アルカリでかつ炭酸イオンが入っている。また温泉の成分はいつのまにか増えたり、新たに発見されたりしているという。大藤浩一はパワーアップの様子を、平野美宇選手ら次世代のスターが次々登場する女子卓球界に例えて話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.