[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「三島由紀夫」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:56 TBS
爆報!THE フライデー あの人は今…人生初告白SP

芳村真理の反逆精神は偉人をも凌駕した。1人目は文豪M、芳村はUFOが来るので一緒に見に行こうと誘われた。観察スポットに到着するとMは変な呪文を唱えだし、変わった一面が垣間見えた。そのMとは三島由紀夫、UFOは出なかったという。
2人目は世界的ファッションデザイナーG。ある日の「夜のヒットスタジオ」に芳村に衣装を貸したが、芳村は後ろ前を逆に着てしまった。ところがそのデザイナーは、芳村のあまりの着こなしを大絶賛した。その人物はユベール・ド・ジバンシィだった。
3人目は世界的大スターのアラン・ドロン。1960年にアラン・ドロン主演映画「太陽がいっぱい」が大ヒットした。そんなアラン・ドロンとは雑誌企画の取材で対面、芳村はアラン・ドロンのうぶな性格にがっかりしたという。更にこの時、世界的画家のパブロ・ピカソとも出会い道路でキスした明かした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月25日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアエンタメアクア430
明治大学で「美しい星」の特別授業が行われた。サプライズとして亀梨和也さんとリリー・フランキーさんが登場した。映画は三島由紀夫さんの小説を原作に現代の設定に大胆に脚色したもので、リリーさんが火星人。亀梨さんが水星人に覚醒するというストーリー。実際の亀梨さんは野心家ですかという質問に対し亀梨和也さんは「小さい頃プロ野球選手になって大きな家を建てたいとか考えていて世の中ではわりかし濃い方かもしれないですね」などとコメントした。

2017年5月24日放送 23:00 - 0:09 日本テレビNEWS ZEROZERO CULTURE
日本アカデミー賞最優秀作品賞、監督賞に輝いた映画「桐島、部活やめるってよ」、優秀作品賞、監督賞を受賞した「紙の月」を手掛けた吉田大八監督(53)は約20年に渡ってCMディレクターとして活動していた経験があり、作品ではインパクトある映像と音楽が特徴的。そんな監督が学生時代から映画化を切望していたのが三島由紀夫の著作「美しい星」で、地球温暖化が進む地球を救う使命に奮闘する家族の姿が描かれている。映画「美しい星」ではインパクトある映像で地球温暖化を訴え、MVのようなキャッチーな映像と音楽で宇宙船を呼ぶシーンを表現している。監督は「美しい星」について、世界的な文豪によるものとは思えないほど自由でかっこ良いと評し、「映画として、フィクションとして、今の観客の気持ちにより深くささるんじゃないかな」とコメント。

2017年5月19日放送 23:00 - 23:30 TBSA-Studio(ゲスト:リリー・フランキー)
リリー・フランキー の主演する映画「美しい星」の紹介。リリー・フランキーは火星人の役で、息子の亀梨和也は水星人、娘の橋本愛は金星人だと紹介した。原作は三島由紀夫で、三島由紀夫の中でも変わっている小説が原作で、映画化はムリだと言われていたが、吉田大八監督が映画化したという。大根仁監督とは飲み友達で、大根監督の脚本は面白いと言い、映画「SCOOP!」で二階堂ふみのシーンでは、 仲里依紗の私服のような感じで登場、などのト書きとYouTubeのアドレスが台本に貼ってあると明かした。大根仁監督脚本・監督の「ハロー張りネズミ」について、リリーは見るからに問題児だらけのドラマだと笑わせた。

2017年5月19日放送 12:20 - 12:45 NHK総合BSコンシェルジュTOKYOディープ!
「TOKYOディープ!」で今回 高島が潜入したのは、東京・新宿区の市谷。自衛隊駐屯地や防衛省があり、高級住宅地として知られている。高島は考古学的にすごい発見があった場所に案内されるが、一見ふつうのマンションにしか見えない。5年前、このマンションの建設現場から縄文時代の31の竪穴式住居と16体の人骨が見つかった。なぜ市谷に縄文人がいたのか、その謎を解く鍵は市谷の地形にあった。防衛省にも潜入し、旧陸軍大臣室にて日本中を震撼させたあの三島事件の現場を見せてもらった。昭和45年11月25日、作家・三島由紀夫が仲間と共に人質を取って立てこもり、自衛隊員にクーデターを呼びかけた。高島は、その三島が割腹自殺をしたまさにその場所を見せてもらった。さらに、東京裁判が行われた大講堂にも潜入。高島が目の当たりにした激動の昭和史とは!?

2017年5月19日放送 0:58 - 1:28 TBSゴロウ・デラックス(ゲスト:又吉直樹)
稲垣吾郎たちが再び「劇場」を朗読。主人公の男がサッカーゲームを文豪の名前でプレイする場面だった。又吉はその人の作品の傾向からポジションを考えたようで、例えば芥川龍之介と太宰治はフォワードなのだという。泉鏡花や中原中也はサイドに置いた。スタジオでもフォーメーションを考えた又吉は、稲垣達を置いてけぼりで、1人盛り上がった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.