TVでた蔵トップ >> キーワード

「上越」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 交通情報

JR東京駅の中継映像を背景に、JR東日本から最新の鉄道情報を伝えた。関東甲信越のJR各線は順調な運転を行っている。また、東北・上越・北陸・東海道新幹線などの各新幹線も平常通り。

URL: http://www.jreast.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月16日放送 17:30 - 18:50 TBS報道特集特集 北朝鮮クライシスに韓国は
きのう早朝Jアラートが出されたことでテレビ各局はミサイル発射を伝える画面に切り替わった。ミサイルは通勤通学時間帯を直撃した。そのころ韓国では小学生たちが望遠鏡を使って北朝鮮を観察していた。

2017年9月16日放送 12:30 - 14:30 テレビ東京厳選いい宿&虎ノ門市場厳選いい宿
今回の宿は、東京から上越新幹線で越後湯沢へ、そこから送迎バスで向かう新潟県南魚沼の宿「ホテルグリーンプラザ上越」。イギリスの伝統建築「チューダー様式」で造られた急な三角屋根が特徴。その海外リゾートのような雰囲気に華丸は「どっかにハリーポッターいるでしょ?」とコメント。敷地面積は併設されている上越国際スキー場と合わせ約1000万平方メートル(東京ドーム241個分)。ラウンジの天井は高くスケール感があり、イルミネーションツリーが夜に輝く。
今回案内された部屋は和洋室。秋は紅葉、冬は銀世界の眺望が楽しめる。スキーシーズンは12月16日(予定)~4月上旬。敷地内には上越国際プレイランドでは子ども向けの乗り物なども楽しめる。値段は平日1泊2食付き9800円(冬季除く)。風呂は自家源泉の温泉大浴場が2箇所。
ホテルグリーンプラザ上越の夕食は和・洋食約40種類が用意されたバイキング。名物「タレカツ」をはじめ、栃尾の油揚げや車麩など新潟の郷土料理も用意。米は南魚沼産コシヒカリ。スペシャルプランの特典は夕食時60分間飲み放題。厳選!いい宿スペシャルプラン料金は通常1泊2食付き1人13,000円を 9,800円に(平日限定 2018年3月31日まで)。予約は番組ホームページから。

2017年9月16日放送 7:30 - 8:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本交通情報
JR東京駅の中継映像を背景に、JR東日本から最新の鉄道情報を伝えた。関東甲信越のJR各線は順調な運転を行っている。また、東北・上越・北陸・東海道新幹線などの各新幹線も平常通り。

2017年9月15日放送 23:30 - 0:15 TBSNEWS23(ニュース)
午前7時半頃、菅義偉官房長官が「1発の弾道ミサイルが北東方向に発射された」と発表。北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射し日本の上空を通過した。最高高度約800kmに達したミサイルは、午前7時16分頃襟裳岬の東約2200kmの地点に落下したとみられ、飛行距離は約3700kmだった。ミサイル発射から3分後政府はJアラートを出し警戒を呼びかけた。Jアラートは12道県が対象となった。北海道を始め各地で発射直後から情報収集に追われた。ミサイルの発射により交通機関にも影響が出た。上越新幹線は高崎駅付近で急停車。繰り返される挑発に市民の反応は様々。首相官邸では午前8時頃からNSC=国家安全保障会議が開かれ情報収集や対応協議が行われた。安倍首相は「北朝鮮がこの道をさらに進めば明るい未来はない、そのことを北朝鮮に理解させなければならない」と述べた。
国連安保理の制裁決議採択からわずか3日後のミサイル発射に、小野寺五典防衛相は火星12と同様の中距離弾道ミサイルの可能性があると指摘。先月29日に北朝鮮が打ち上げた中距離弾道ミサイル「火星12型」の最大射程は5000kmと言われ、米・アラスカ州の一部も射程に入る。落下地点をそのまま南に動かすと、その位置はアメリカ・グアムを優に超えている。金沢工大虎ノ門大学院の伊藤俊幸教授は「グアムに届かせる序章であると前回は豪語したが実際は飛ばなかったから再度挑戦したということ」「アメリカに対してグアムは届きますよということを示している」とした。軍事挑発を繰り返す北朝鮮について、慶應義塾大学の礒崎敦仁准教授は「アメリカが手を出してこないであろうという線を見極めて(核・ミサイル開発の)いけるところまでいってしまう」などと話した。一方韓国軍は、北朝鮮のミサイル発射直後に対抗措置として弾道ミサイルを発射した。国連安保理も緊急会合を開催することを決めた。中国はミサイル発射を受けて中国外務省の華春瑩報道官は、「問題は米・朝の矛盾にある、解決の鍵は中国にはない」などと述べた。北京空港では、北朝鮮外務省米州局のチェ・ガンイル副局長がメディアの取材に応じ「日本は少し身の程をわきまえろと伝えてください、制裁の先頭に立つべきではない」などと述べた。ニューヨークでは、北朝鮮国連代表部のジョ・ジョンチョル一等書記官が「(ミサイル発射は)自衛のための手段の一種」だと述べた。

2017年9月15日放送 15:49 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
再び強行された北朝鮮による弾道ミサイル発射。午前7時1分にJアラートが作動した。対象は北海道や東北など。政府によるとスナンから弾道ミサイル発射、襟裳岬を通過した。先月も弾道ミサイルが通過した北海道では情報収集に追われた。登別市では市民400人にJアラートと連動した防犯メールが送られなかった。一部自治体では防災無線が作動しないトラブルも発生。鉄道などにも影響が出ている。
今回発射されたミサイルは発射から19分後に襟裳岬の東約2200kmの太平洋上に落下した。小野寺防衛相はグアムに届く飛翔距離が出たと指摘した。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.