[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「世界選手権」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:25 - 5:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア スポーツ紙イッキみせ

フィギュアスケート女子のエース宮原が29日に開幕する世界選手権欠場を発表。繰り上がりで本郷が出場することになった。世界選手権は五輪の国別の出場枠がかかっていて、3枠の獲得は経験の少ない若手の奮起に託された(サンケイスポーツ)。

URL: http://skatingjapan.or.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月22日放送 0:10 - 1:23 NHK総合明石家スポーツ明石家スポーツ
今フィギュアスケートの必殺技といえば4回転ジャンプ。トップ選手は皆プログラムに多くの4回転ジャンプを組み込むことで高得点を狙う。ソチオリンピックの王者羽生結弦の必殺技も4回転ジャンプ。今年4月の世界選手権ではフリーで4回転を4度成功させ世界最高得点を更新。ショートプログラム5位から大逆転。4回転を跳ばなければ表彰台に立つことは出来ない。まさに真・4回転時代。しかしここに至るまでには2つの歴史的瞬間があった。まずは1988年3月世界選手権。史上初4回転ジャンプ成功の瞬間。跳んだのはカナダのカート・ブラウニング。しかしブラウニングの成績は6位。当時の基準では難度の高いジャンプより正確な滑りが重視されていた。ブラウニングに続く者は長らく現れなかった。それから22年、バンクーバーオリンピックで2つ目の瞬間が訪れる。主役はエフゲニー・プルシェンコ。4回転を軸にしたプログラムで見事な演技を見せた。しかし勝ったのは1度も4回転を跳ばなかったエヴァン・ライサチェック。そして表彰式。プルシェンコは1位の台を乗り越えて2位の台に立った。その後プルシェンコは何があっても4回転を飛ぶ、それがフィギュアスケートの未来だと述べた。この直後ルール改正が行われ、ジャンプの難度を重視する採点方法になり、4回転の価値が上がった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.