[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「両国国技館」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:43 - 1:18 TBS
上田晋也のニッポンの過去問 荒れる成人式

1996年~1997年ごろ、コンビで成人式にゲストとして呼ばれたことがあるという上田。新成人が壇上に上がってきてネタの邪魔をするなどといったことがあり、成人式は芸人の中でいちばん1年間で行きたくない仕事だったという。そんな成人式での事件年表を紹介。山口教授が過去の新聞を調べたところ、新聞各紙では1980年代後半からすでに新成人のマナーが問題になっていたとして、1988年・1993年の朝日新聞の記事を紹介した。スタジオの龍崎教授・山口教授・上田と、3人も自身の成人式には出席していないという。

住所: 東京都墨田区横網1-3-28

URL: http://www.kokugikan.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月21日放送 16:00 - 17:15 テレビ東京「シェアしたくなる!日本人の知らないニッポンのこと」オススメシェアしたくなる!日本人の知らないニッポンのこと。
1500年以上の歴史を持つ相撲の行司は土俵の上で力士らの取り組みを裁く性質上、常に取り組み中の力士とぶつかってケガをする可能性がある。行司は取り組みの裁きだけでなく相撲字も出来なくてはならない。この相撲字は江戸時代に盛んに使用されていて、相撲で主流の「相撲字」や歌舞伎でよく使用される「勘亭流」など存在。相撲の番付も行司による手書きで書かれている。番付には「お客さんがたくさん入るように」「空席をなくす」という縁起を担ぐためにびっしりと書かれている。「虫眼鏡」と通称される細く小さい文字が書けるようになると直径2mmの爪楊枝に文字を書くことができるという。相撲字は興行宣伝を兼ねて板に書かれた「板番付」を書けるようになると一人前であるという。行司には力士と同じく位があり、序の口から十両格・幕の内格など存在。行司は「木村」か「式守」のどちらかを名乗ることとなる。

2017年1月21日放送 15:55 - 16:00 NHK総合大相撲大相撲 初場所 十四日目(中継)
幕内の土俵入りの模様を伝えた。

2017年1月21日放送 5:15 - 5:30 TBS皇室アルバム第2925集 大相撲初場所へ ~天皇皇后両陛下~
天皇皇后両陛下は大相撲初場所を観戦した。両陛下が観戦したのは中入り後の後半10番。皇室と相撲はゆかりが深く、天皇一家は度々大相撲を観戦している。昭和34年に昭和天皇が相撲を観戦している様子が紹介された。昭和天皇は相撲が好きで自身で星取表をつけるほどである。平成18年には皇太子一家が観戦した。愛子さまは相撲を見るのが初めてで、力士の名前などを覚えるほど相撲が好きである。天皇一家は高校生力士の応援もされていて、第70回の記念大会には皇太子さまが出席した。去年の大会は秋篠宮さまが出席した。

2017年1月21日放送 3:45 - 4:11 NHK総合大相撲 幕内の全取組(オープニング)
オープニング映像。
東京・両国の国技館で行われた初場所十三日目の見どころを紹介。豪栄道が右足首を痛めたため休場。

2017年1月20日放送 23:30 - 0:15 TBSNEWS23(スポーツニュース)
大相撲初場所13日目。十両の宇良vs天風の一番で宇良が「たすき反り」で勝利した。大相撲には82の決まり手があるが、「たすき反り」は相手を肩に担ぎながら体を反らせて後方に落とす技で、これまで1度も出たことがない幻の大技だった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.