[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「中国」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 5:25 - 8:00 TBS
あさチャン! 朝刊まるわかり

日ロの2プラス2。北方領土の軍増強に懸念を示す日本に対し、ロシアは中国との協調関係に言及、すれ違いもみられた。龍崎孝は、対話ができたことこそが重要、今回来たラブロフらはプーチン政権の3番・4番バッターと言える、これはロシア側も日露関係を重視している現れであると思うなどと述べた。(朝日新聞)

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月30日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(エンディング)
トランプ大統領がワシントンで開かれた慰霊式典に出席した。戦死した家族を気遣う言葉が式典で述べられた。トランプ大統領は、ツイッターで、北朝鮮のミサイル発射を批判し、中国に無礼だと述べた。

2017年5月30日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!530けさの最大関心事
3週連続で朝鮮が弾道ミサイルを発射し、米トランプ大統領が「中国に無礼」だと非難した。ミサイルは約400キロ飛行し日本にEEZ内に着水したと推定される。日本海の漁師からは不安の声があがった。週末、G7は北朝鮮を新たな段階の脅威と位置づけ圧力強化を確認していた。アメリカは30日にICBMの迎撃実験を初実施するなど対応を強化する方針だ。辺真一によるとこのタイミングでのミサイル発射について「G7の北朝鮮への制裁を更に強化する用意があるということへの反発」だとみている。

2017年5月30日放送 5:00 - 6:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
政府は今回の北朝鮮が発射して日本のEEZ内に落下したミサイルについて、G7が北朝鮮に厳しいメッセージを出したことへの反発し、軍事的圧力を強めるアメリカを試す狙いがあるのではないかという見方がある。そんな中、昨日から来日している楊潔篪国務委員長に谷内国家安全保障局長は、北朝鮮に挑発行動の自制を求めるため緊密に連携していくことを確認した。今日は岸田外相が北朝鮮とつながり深い中国にさらなる役割を果すよう求める方針。政府としては首脳間も含めあらゆる機会を捉え、中国側への働きかけを続けることにしている。

2017年5月30日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング7時のニュースまとめ
北朝鮮は今月、14日に中距離弾道ミサイル「火星12」を打ち上げ、21日には中距離弾道ミサイル「北極2」の発射を行った。これにきのうの短距離弾道ミサイル「スカッド」をあわせると、3週連続でミサイルを飛ばしていることになる。今回のスカッド発射について、金沢工業大学・虎ノ門大学院教授で元将校の伊藤敏行氏は「威嚇というか、恫喝というか、これまでもノドンとかスカッドという日本や韓国をターゲットにしているミサイルを時々撃ってきている。撃つのはだいたい、その前に国際社会が何らかの非難をしたとき」と分析した。今回は先日閉幕したG7サミットで、各国首脳が北朝鮮への圧力強化という認識で一致したことへの反発だという。そんな北朝鮮に対し、アメリカのマティス国防長官は「金正恩政権は、日本・韓国にとって脅威だ。外交的手段で解決できず先頭に突入すれば、壊滅的な戦争となる」と警鐘を鳴らした。アメリカは30日にも、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の迎撃実験を予定していて、圧力を一層強めている。そうした中、トランプ大統領は日本時間のきのう夜、Twitterに「北朝鮮は弾道ミサイルをまた発射し、隣国の中国に対し大変無礼なことをしている。しかし中国は懸命に努力している」と投稿した。中国が北朝鮮への働きかけを強めることを期待したものとみられる。その中国の外交トップ・楊潔篪国務委員がきのう来日し、谷内正太郎国家安保障局長と5時間の会談を行った。共同通信によると、谷内局長は「中国がさらなる役割を果たすようもとめる」と積極的な対応を求めたという。今回のミサイル発射について、北朝鮮は朝鮮中央通信を通じ、「新型の精密誘導弾道ミサイルの発射実験に成功した」「発射したミサイルは目標地点から7mの誤差で命中した」と報じた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.