[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「中国」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 5:25 - 8:00 TBS
あさチャン! 朝刊まるわかり

日ロの2プラス2。北方領土の軍増強に懸念を示す日本に対し、ロシアは中国との協調関係に言及、すれ違いもみられた。龍崎孝は、対話ができたことこそが重要、今回来たラブロフらはプーチン政権の3番・4番バッターと言える、これはロシア側も日露関係を重視している現れであると思うなどと述べた。(朝日新聞)

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月30日放送 0:59 - 1:29 日本テレビ生死を分けたその瞬間 体感!奇跡のリアルタイム 30日夜9時放送!直前SP間一髪!世界のスレスレSHOW 生死を分けた超絶映像
中国のショッピングモールで、男性が頭上から子供が落ちてくるのをキャッチする映像が流れた。

2017年3月29日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト(ニュース)
都内のスーパーのもやし。28円の値がついている。いつの時代も安定して安い。消えてしまうかもしれないピンチになっている。茨城県のもやしの生産工場。豆の発芽から袋詰まで、365日24時間体制で稼働し、1日20万袋を生産。首都圏を中心に出荷している。もやしを洗う場所には人がまったくいない。室内で水だけで育つ。天候に左右されず、価格が安定している。もやし生産者協会の林さんは、昔は、手作業でいろんな管理をしていたという。人の手がかかっているのは、最後の検査、袋詰だけだった。販売価格は、100グラムあたり、15.61円。1977年よりも安い。最近の原料価格の高騰などでなかなか利益が出ないという。緑豆は、9割以上を中国から輸入している。2005年に比べ、緑豆は約三倍の価格になっている。一方でもやしの小売価格は、10%下落。カット野菜で利益を出して、もやしで損をしていると林さんはいう。コストがあがっても小売価格が上がらないため、生産者はこの三年間で100社以上が廃業している。なぜ、もやしの小売価格は上がらないのか。スーパーでは戦略的に安く売っているためだと林さんはいう。もやしの価格でイメージづけしている。アキダイの秋葉社長は、利益はない、赤字覚悟で売っているという。もやしの生産者団体は、今月窮状を訴える声明を発表。適正価格での販売を呼びかけた。理想は、もやしメーカーとしては、40円前後の販売価格になってほしいという。価格の変動は飲食店にとっても死活問題だ。客の好みで最大1.5キロのもやしを一杯のラーメンに使う店もある。1日に使用するもやしは約60キロ。値上げは売上に響く。3%あげるときつくなるという。もやしは物価の優等生でい続けることはできるのか。

2017年3月29日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
間もなく核実験を行うとした北朝鮮に対し、トランプ政権は対北朝鮮政策を抜本的に見直すとするなど各国で緊張が高まっている。

2017年3月28日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.TIME4
中国が南沙諸島で埋め立てた人工島について、アメリカの研究機関は軍事施設はほぼ完成したとの分析結果を公表した。

2017年3月28日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
マレーシアと北朝鮮の間で人質交換となると、金正男氏の暗殺がうやむやに終わると辺真一は指摘し、「北朝鮮大使館に留まっている3人を北朝鮮に引き渡すと決定的な証拠をつかめない」などと話す。また北朝鮮が金正男氏の遺体にこだわる理由について「マレーシアの検死に対して、自分たちも検死した結果心臓麻痺だと発言するためにそのままの状態で取り返したいと考えている。」などと話す。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.